車 下取り 査定 チェック項目

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”がたった30秒で分かります。
個人情報が流れず電話も1本のみ、最大1000社が査定してくれる画期的な車買取一括査定サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!電話は1本のみの一括サービスはこちら!<

車下取り(買取)時のチェック項目、査定に影響するポイントや基準は?

「車下取り時のチェック項目は?【※査定額アップの秘訣とポイント!】」がイメージ出来る画像01

 

車を下取りや買取に出す前には査定基準となる項目やポイントは理解しておきたい所です。出来る限り項目をチェックして、直せる部分や修正出来る部分に手を加えるとそのまま査定に出すよりも高額な見積もりを貰える事は間違いありません。

 

実際にあなたも愛車の買取や下取りを考えているのなら、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか?

「車を下取りに出すんだけど、査定士ってどんな所を見るの?」
「車買取時、査定に影響するポイントってどんな部分?」
「出来るだけ高く売りたいんだけど、査定前にチェックする項目を知りたい!」

もし上記一つでも当てはまるようでしたら、是非当記事をご覧頂ければ細かい部分まで理解が深まるのではないかと思います。

 

下取りにせよ買い取りにせよ自動車の売却となると専門的な部分が多く、素人では分からない部分を査定士に見られる事となる為いざ見積もりを貰っても言われた通りの価格で納得するしかありません。ですが、少しでも知識があると、交渉の幅も広がりますし、事前に対策する事も出来ますので、是非こちらで知識を深めて下さいね。


車の下取り時にチェックされる査定ポイント一覧とその内容について

では、ここから実際に、どのような部分を見られるのか?どこをチェックしておけばいいか?等を分かりやすく一覧でご紹介させて頂きます。尚、それぞれの項目に対して簡易な説明も掲載しておりますので、気になるポイントがあれば確認してみてくださいね。

自動車の査定!チェックされるポイント一覧

外装(ボディetc)で査定されるチェック項目

 

ボディ全体がどれぐらい汚れているか?

普段しないワックス掛けなど、過度にやる必要はありません。時間がなければコイン洗車の一番良いコースをするだけでもかなり印象は変わりますし、愛車に長年の感謝の気持ちを込めたいなら出来る範囲で手洗い洗車するだけでもOKです。

ボディのへこみの個数や度合い

あまりにボディのへこみがひどい場合は多少なりとも回復しておくと査定額に大きく影響する場合もあります。小さなへこみであれば、ドライヤーで直す事も可能なので、時間があればやってみてください。

⇒参考記事:「車の下取り、傷やへこみは直すべき?

ボディの傷の個数や状態

今までに傷をスプレーペイントやコンパウンドで直した事がある方は、出来る限り修復すると査定にプラスになる事があります。とは言え、あまりやった事がない場合は、色ムラなどで余計に汚くなり傷を目立たせることになるので注意が必要です。

ナンバープレート

ナンバープレートに擦り傷や変形がないか、また過剰に汚れやナンバーにハゲがないか?なども査定されるポイントです。

かぎ穴やドア周辺の傷

鍵をさす時によくついてしまう小さな引っかき傷までプロの査定士は見ています。この小さな線傷はコンパウンドなら簡単に消える場合もあるので、挑戦しても良いかもしれません。

ドア、ウインドウの動作

パワーウインドウは正常に作動するか?ドアはスムーズに開くか?異音はしないか?等を見られます。

ラジオやテレビなどのアンテナ関連

アンテナは破損していないか?ラジオなどはしっかりと入るか?なども査定のポイントとなります。

ヘッドランプやテールランプなどのランプ関連

ランプ関係に破損や欠けなどはないか?しっかりと問題なく点灯するか?と言うのも査定のポイントとなります。

ボンネットや天井の状態

ボンネットや天井もボディとおなじく傷やへこみを見られます。普通に運転していると天井部分のへこみなどは気付かない事があるのでチェックしてみてください。

ムーンルーフ、サンルーフの動作確認

サンルーフがついているかついていないか?また、しっかりと正常に動作するかどうかも査定のポイントとなります。サンルーフがついているだけでかなりプラス査定ポイントになる場合もあります。

エアロパーツ関連

純正のものであれば高評価ですが、改造したものや社外品のパーツは評価がされにくいので注意。ただ、買取業者やパーツによってはプラス査定のポイントとして評価してもらえる場合もあります。

フロント、リア、サイドなどのガラス関連

飛び石などによる傷が入っていないか?星型状のひび割れがないか?ワイパーによる擦ったような傷はないか?もしっかりと見られています。

ボディカラー(人気色or不人気色)

基本的に国産車はパールホワイト、黒、シルバー、ホワイトなどは流行に左右されない人気色なのでプラス査定になる場合が多いです。あまり赤や青などの原色は下取り時に安くなりやすい為、購入時に控えると言う人も多いぐらいです。

 

内装(車の中)で査定されるチェック項目

 

車内全般の汚れ

直接的な車内の汚れとしては、コーヒーなどの飲み物のシミや食べカスなどもきっちりと見られます。ただ、小さなゴミなどはコイン洗車状に設置されている車内掃除機などを利用するとある程度はキレイになります。

喫煙の有無(におい、ヤニ)

喫煙者であるなら、下取り前出来れば2週間以上前から車内での喫煙を控え、香りのきつくない消臭剤などで出来る限り臭いがしないようにするべきです。臭いでプラスになる事はありませんが、よくマイナス査定ポイントになりますので、出来る限り消臭しておきたい所です。

シートの状態

シートにシミはないか?たばこの焦げ跡や穴が空いていないか?なども査定のポイントとなります。少し手を加えるだけで修復できるようなものではないですが、出来る限りの掃除はしておいても損はありません。また革シートなども業者によってはプラス査定になります。

フロアーマットの汚れや有無

フロアーマットもついているかいないかで業者によっては査定ポイントとなります。もし最初に購入したまま使用しているのであれば、一度すべて車内からだしてホコリをはたき、天日干ししておきましょう。フロアーマットの汚れや折れなどでも印象が変わります。

オーディオやスピーカー関係

高価なオーディオがついていてもあまりプラス査定にはなりませんが、純正のものを取り外している場合や、外し跡が汚い場合はマイナス査定になる場合があります。もし社外品をつけているなら取り外してオークションなどで販売する方がよほど利益になる可能性が高いです。ただ、中には人気ブランドで高評価を受ける場合もあります。

カーナビ

こちらもオーディオ類と同じく、取り外している状態はマイナスポイントになる恐れがあります。元々ついていた純正ナビの場合はプラス査定になる場合もあります。また、HDD搭載機種や、新型のカーナビなどはプラス査定になる場合もあります。

ハンドルやメーター関係

運転時によく触れるハンドルやスイッチ関係も手垢を通り越して傷や汚れがしみついている可能性があり、この辺もしっかりと査定士にチェックされています。もし拭き掃除でキレイになるような状態なら拭いておく方が得策です。

エアバッグ

基本的に運転席、助手席には標準装備されているので、こちらに関しては、特にプラスにもマイナスにもなりません。しかし特別な車のオプションとして、サイドエアバッグやカーテンエアバッグ(サイドウインドウ上部のルーフラインに沿って搭載されているエアバッグ)、さらにニーエアバッグ(乗員のひざ前の内装カバー部分に搭載されているエアバッグ)は安全性が飛躍的に向上するのでプラス査定になる可能性が高くなります。

スペアのタイヤ

基本的にほとんどの車のトランクルームにはスペアタイヤと工具セットが設置されています。このスペアタイヤがなければもちろんマイナス査定になりますし、スペアタイヤがあっても万が一溝がなくなっている場合などもマイナス査定のポイントとなります。

付属の装備品

純正のパーツの付属部品はもちろん、元々ついていたものを無くしてしまっている場合はマイナス査定になる可能性があります。また純正品、社外品パーツに付属されていた部品なども保管しているのであれば、下取りや買取時には積んでおく方が良いです。

トランクルームの汚れ

トランクルームの状態によってはマイナス査定のポイントになります。出来るだけ整理をして要らなものは破棄するなどの最低限の清掃はしておいてください。

 

エンジンルームで査定されるチェック項目

 

エンジンの状態

査定されるポイントとしては、異音が出ていないか?正常に動作するか?などを確認します。またエンジンをオーバーホール(分解してキレイに掃除して組み立て直す)している場合はプラス査定になる場合もあるようなので、その場合は事前に申告しておくべきです。

バッテリーの状態

車の使用状況やメンテナンスで大きく寿命が変化するバッテリーもしっかりと査定のポイントに入ります。ちなみにバッテリーがあがっている車の場合下取りではなく、出張の買取なら直接来てもらってつないでもらってから査定してもらう事も出来ます。

エンジンオイルの状態

エンジンオイルも状態や交換の時期なども査定ポイントとなります。交換時期を大幅に過ぎていると、メンテナンスの行き届いていない車だと判断される場合もあります。

改造パーツの有無

改造パーツはよほど個性的なものでなければそれほどマイナス査定になる事は少ないようですが、基本的には純正品のままの方がもちろん需要が高いので、出来れば純正品の方が望ましいと言えます。

修復歴の有無(フレームチェック)

過去に事故をして修復されていないか?などを確認されます。事故車の場合はフレームが歪んでいる場合もあるので、しっかりとチェックされます。ただ、事故歴がある場合は修復していてもマイナスポイントになる事もよくあります。

車体番号

検査証の車台番号と現車の打刻番号が一致しているかを確認します。登録時の間違いなどで同一でない場合もあるので、もし不安なら確認しておいた方が良いかと思います。

 

足回りや下回り(タイヤ関連)で査定されるチェック項目

 

タイヤ、ホイールの状態

タイヤやホイールの汚れ、サイズやタイヤの溝などもしっかりと査定されています。汚れなどは事前にコイン洗車などでキレイに出来ますので、最低限の洗車はしておきたい所です。

タイヤハウスの状態

タイヤハウスとはタイヤと車体の間の空間の事で、フェンダーの内側の事を言います。このタイヤハウス内の汚れやへこみもしっかりとチェックされます。

車高(サスやショックetc)

事故を起こしていないかの判断の一つしても車高や車体の傾きなどは見られます。また改造で車高を低くしている場合は基本的には高評価になりませんが、買取業者によってはプラス査定になる事もあるようです。

各部のへこみや傷

へこみや傷は基本的にマイナスポイントとなりますが、「簡単になおるか?」、「修理に費用がかなりかかるか?」によっても評価がかなり分かれます。ボディのキズのように素人が隠そうとして直すのはあまりオススメ出来ません。

各部の汚れやサビ

汚れやサビや洗車やサビ落としなどでキレイに出来る部分は手を加える方がマイナスポイントにならずに済みます。こちらも傷やへこみと同じく、経験がないなら慎重にやるか、そのままにしておく方が無難な場合もあります。

マフラーの状態

改造して社外パーツをつけている場合はマイナスになる場合がありますが、下取りではなく買取ならパーツによってはプラスになります。

オイルの漏れやにじみ

オイル漏れがないか?にじみがないか?ももちろん査定ポイントとなります。

 

車全般・その他の部分で査定されるチェック項目

 

車種

車種によってももちろん査定額が変わってきます。トレンドに左右されない人気の車種も高評価ですし、買取の場合はその時に人気の相場が高い車種も高評価になる場合があります。

メーカー

下取りの場合は次に購入するメーカーと同メーカーの場合はプラス査定になる場合があります。逆に買取の場合は業者によって金額が変わってきます。

グレード

同じ車でも装備や内装などによって仕様が変わり、この違いをグレードで表します。グレードが高いほど高評価になります。

年式

こちらは書かなくても分かるかもしれませんがもちろん年式が新しい方が高額査定となります。基本的に車の査定は、下取りの場合は特に右肩下がりだと言われていますので、早く売れば売る程高額査定になる事がほとんどです。

走行距離

こちらももちろん走行距離が少ない方が良いのですが、基本的に1年で1万km走っているかいないか?で査定ポイントが分かれます。1万km以上走っていると過走行車となりマイナス査定になる事があります。

車検証(残り期間)

車検証の残り期間が1年以上あるとプラス査定になる場合が多いですが、残り1〜2ヶ月の場合はあまりどちらとも評価されないケースがほとんどです。

取扱説明書などの書類

元々ついていた車体の書類関係から、付属品(カーナビ)などの説明書や書類関係が付属しているかも査定ポイントとなります。

整備記録簿の内容

過去にどれだけメンテナンスや修理がおこなわれたか?と言うのも重要な査定のポイントとなります。この整備記録簿がないともちろんマイナス査定になります。

純正部品の有無

他で何度か説明しましたが、基本的に純正部品がしっかりと付いている場合はプラス査定になる場合がほとんどです。逆に社外品パーツなどがほとんどの場合はマイナス査定になる可能性があります。

スペアキーやキーレスの有無)

スペアキーの有無やキーレス(ボタンでカギを開けるキーホルダーのようなものやシステムの事)がしっかりと作動するか?付属しているか?も査定のポイントとなります。

 

 

査定ポイントをチェックし、修復出来そうならするべき?

基本的に、記事やへこみに関しては、今までやった事がないならしない方が良いと言われています。と言うのも綺麗にしたつもりでも余計に汚くなる場合もありますし、修理には時間も修理用品費用もかかります。

 

細かく修復したからと言って必ずしも高額査定になるとは限らないので、最低限の清掃と出来る範囲の修復だけにしておく方が始めて下取りや買い取りに出す際には無難かもしれませんね。

 

※下取り前の掃除に関してはこちらの記事もチェックするとより理解が深まります。

⇒参考記事:「車下取り時の掃除の方法!【※査定アップの為のたった3つのポイント!】

 

車の査定に関するポイントと査定額アップの為の秘訣は上記のようにかなり多数有ります。全てを修復しようと思うと莫大な時間と労力、費用がかかってしまいます。出来れば修復や清掃は最低限にしておき、他のテクニックを駆使して交渉に当たる方が、最終的に一番高く車を売却出来るかもしれませんね。

 

※車下取り前の交渉に関してはこちらをチェックして下さい♪

⇒参考記事:「車の下取り交渉術!【※素人でも高額査定をゲットする12のコツ!】

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車下取り時のチェック項目は?【※査定額アップの秘訣とポイント!】関連ページ

下取りのコツと交渉術
車を下取りに出す前にチェックしておくと、素人でも高額で査定してもらえるかもしれません。ちょっとしたテクニックや交渉術で査定額は大きく変わります。下取りか買取りかで迷っている人も、車を手放す前に是非一度チェックしてくださいね。
下取りの手続きと流れ
車を下取りに出す際に必要な書類や手続きの流れ、下取りにかかる費用や、価格がつかない場合の廃車手続きや対処などを分かりやすく説明しています。始めて車を下取りに出す人は是非事前に確認してくださいね。
車下取り時のガソリンの量は?
新車や中古車の購入時に自分の車を下取りに出すと言う人も多いですが、下取りに出す際のガソリンの量は一般的にどれぐらいにしておくのが良いのでしょうか?疑問に思う人が多いようなので、調査してまとめました。査定への影響や、移し替えは可能か?なども掲載しています。
年式による下取りと買取の違い
車の下取りの際にポイントとなるであろう年式と走行距離について、査定への影響や、買取店と比較した際の金額の違いなどを調査して詳しく解説しています。これから車を乗り換えようと考えている人は、下取りと年式、走行距離の関係をしっかりと把握しておきたい所ですね。
下取りと買取りで高いのは?
車の下取りと買取、高い見積もりを貰えるのはどっち?自分の愛車を手放す際には迷う所だと思います・・・。ネットでは買取の方が良いと言う意見が多いようですが、実際の所はどうなのでしょうか?こちらについて当記事ではまとめています。
清掃や洗車はどこまですべき?
車を下取りや買い取りに出す際、「どこまで掃除をすればいいのか?」は迷う所です。そこで、実際に車内の掃除や、洗車はどの程度まですべきかについてお応えしていきます。また、無駄な努力をしないように、最低限必要な高額査定ゲットの為の清掃方法もご紹介させて頂きます。
傷やへこみは直すべき?
車の下取り前に気になるのがマイカーの傷やへこみ・・・直した方が良い査定をもらえそうだけどお金をかけてまで直すべきか?このような疑問を持つ人が多いようなので、実際に傷やへこみがある場合の対応方法や修理についてを詳しくご紹介させて頂きます。
下取りと買取一括査定の比較
車を売却する際の選択肢としてメジャーな下取りと買取一括査定、両者のメリットやデメリット、おすすめの買取一括サイトなどをご紹介!比較してあなたにあった最適な車の手放し方を選択してくださいね。
事故車の下取りへの影響は?
車を下取りに出す前に気になるのが「事故車は査定にどれぐらい影響するか?」、「故障車でも買い取ってもらえるか?」と言う点です。こちらの記事では事故車扱いとされる定義やマイナス査定のポイントなどをご紹介させて頂きます。
エアコンが壊れている場合は?
車の下取り前に気になる愛車の故障・・・特にエアコンが壊れていると猛暑や降雪の時期には大変なので、下取りしても価格がつかないのでは?と考えてしまいます。そこで、今回は、エアコンの故障について、下取りや買取査定はどうなるか?また、査定時に壊れている事を申告した方がいいのか?などをまとめました。
査定前のエンジンの故障は?
車の下取り前に気になるエンジントラブル・・・査定への影響や故障についてまとめました。査定前にディーラーや買取店に不具合は言うべき?エンジンが焼きついた車の下取りは可能か?など、気になる疑問について詳しく解説しています。
下取りと自動車税の関係まとめ
車の下取り後に返還(還付)される可能性のある自動車税に関しては、事前に詳しく知っておきたい所です。ただ、普通に調べても様々な事が書かれているので中々分かりにくいのではないでしょうか?そこで当記事では下取り時の自動車税についてくわしく分かりやすくまとめております。是非下取りや買い取りの前には事前にチェックして理解を深めて下さいね。
価格の基準や決まり方まとめ
車の下取り価格に関するまとめ記事です。価格はどのようにして決まるのか?査定の基準やマイナスになるポイントは?など、査定に関する様々な要素を解説していきます。また一番お得に車を手放す方法や売り時についても解説していますので、車の乗り替えや買い替えを検討中でしたら是非参考にしてくださいね。
廃車なら税金は戻るのか?
車の下取り査定を受けた際に、ディーラーや業者から廃車しか選択肢がないように言われる場合があります。その場合税金は戻るのか?また本当に廃車にした方が良いのか?と言うのは迷う所です。そこで当記事ではこれら下取り車の廃車について詳しく説明しています。
古い車の下取りについて
古い車の下取りに関してまとめました。意外にしらない廃車や買取の真実、古い車を下取りに出すメリットなどを紹介しています。これから年式の古い車やボロボロの車を下取りに出す予定なら、是非一度目を通しておいてくださいね。
査定前のポイントまとめ
車の下取り査定前に気になるポイントの説明と、無料の買取一括査定を利用する際のコツや高額買取の為のポイントなどを解説しています。ネットでシミューレーションをしてから車を売却したいと考えているなら是非参考にしてくださいね。
下取り査定料って払うべき?
車の下取り査定が完了すると見積書に掲載されている下取り査定料や下取車手続き代行費用、これらは本当に払わないといけないのでしょうか?また、実際に下取り査定だけで売らない場合は?など気になる疑問について解説しています。車下取り査定の前にはチェックしておいて下さいね。
ディーラー下取り何故安い?
車を手放す際に多くに人が利用するディーラーの下取り、実際に査定してもらうと「えっ!?こんなに安いの?」と驚く人も多いようです。そこで、何故ディーラーの下取り査定額はここまで安くなるのか?また賢い車の手放し方について紹介しています。これから愛車を手放す事を考えているなら、是非チェックしてくださいね!
ディーラー下取りのメリット
車を売る際に利用する事の多いディーラーの下取り、ネット上では買取専門店で売却する方が高く売れると言う噂も・・・実際に所はどうなのか?またディーラーで下取りしてもらうメリットは?などの疑問にお答えしていきます。有利に交渉するコツなども紹介していますので、是非車を下取りに出す予定があるならチェックしてくださいね!
他社の車でも下取可能?
ディーラーの下取りは他社メーカーの車でも可能なのか?またどれぐらい下取り査定額に影響するのか?について詳しく解説しています。違うメーカーの車を下取りに出すぐらいなら買取専門店を利用する方が良いという声もありますので、こちらについても説明しています。
軽自動車の下取りまとめ!
軽自動車の下取りに関する必要な情報をまとめました。売却する際の価格相場が手っ取り早くわかる方法や、下取りに出す際に必要な書類などを詳しく解説!これから軽自動車を下取りに出す場合には是非チェックしてくださいね!
喫煙車の査定への影響は?
車の所有者が愛煙家の場合、車の中で吸う事も多く、一般的には””喫煙車”と呼ばれます。この喫煙車ですが、車を売却する際や買い替えの際の下取り時には査定額に影響するのでしょうか?また、影響する場合消臭などは可能なのか?した方がいいのか?についてなど、喫煙車に関する様々な疑問と回答をまとめました。是非ご参考頂ければと思います。