車 下取り 手続き

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”がたった30秒で分かります。
個人情報が流れず電話も1本のみ、最大1000社が査定してくれる画期的な車買取一括査定サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!電話は1本のみの一括サービスはこちら!<

車の下取り手続きと流れを徹底解説!必要書類は?

「車を下取りに出す際の手続きと流れ!【※必要書類や買取との比較】」がイメージ出来る画像03

 

始めて車を下取りに出す時には、必要な書類や手続きを事前に知っておきたい所です。車関係の契約は、車種によって必要なものも変わってきたりと少し分かりにくく、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで当記事では、車の下取り手続きと流れについて、分かりやすく詳しく説明させて頂きます。

車下取りの簡単な手続きの流れ
下取りの際に必要な書類一覧
軽自動車を所有している場合の必要書類
車の下取りで金額がつかない場合の手続きと対処
下取り金額0円の場合、廃車手続きをするべきか?
手続きに関する重要なポイント
下取り時にかかる特殊な費用について

 

これらを順を追って説明していきますので、もし気になる項目があるようでしたら、是非ご確認いただき、下取り前に知識を深めて頂ければと思います。


車下取りの基本的な手続きと流れ!必要な書類は?

「車下取りの基本的な手続きと流れ!必要な書類は?」がイメージ出来る画像03

 

まずは簡単な車下取りの手続きと流れを紹介させて頂きます。車購入時には、今乗っている車を手放さなければなりませんが、その方法として下取りの他に”買取り査定”や”廃車”があります。それぞれで流れと手続きが変わってきますが、ここでは下取りにスポットを充てて説明しますね。

車下取りの基本的な流れ

● ディーラーや中古車販売店に行き、購入する新車、または中古車を決定する。

● 購入するお店で、持っている車の下取り査定を依頼する

● 下取りの査定額が決定すれば、次回購入する車の値引き交渉に入る

● 下取り査定額を元に、次に購入する車の車体割引、オプション割引を交渉する

● 総額が決定し、購入する車の契約と、車を手放す下取りの手続きをする

 

車下取りの手続きについて

基本的に車下取りの手続きは購入するお店で、契約する際に同時に行うのが一般的です。販売店からすると、車を購入する大切なお客様になる訳ですから、下取りの手続きも、必要な書類だけ契約当日に持参すれば、後は営業マンや担当スタッフに任せておくと全てやってくれます。基本的には言われた書類を用意し、言われた所に印鑑をつけばほとんどの新車(中古車)契約の手続きと、持っている車の下取り手続きの両方が一緒に完了してしてしまいます。

 

上記の通り、車の下取りは契約手続きの手間がほとんどかからないと言う点が最大のメリットと言えます。一方、購入するお店とは別に、中古車専門店に事前に買取査定を依頼する場合は、手続きが面倒ですが、その分、高額な査定になりやすいと言うメリットがあります。時間がなければ下取り、時間があるなら買取で高額査定を狙うと言う方法がオススメです。

 

自動車の下取りに必要な書類一覧

普通自動車を下取りに出す場合

 

● 印鑑登録証明書(※発行から1ヶ月以上経過していないもの×2枚)
● 自動車検査証(※現住所、氏名が違う場合は注意!・・・下記参照)
● 自動車納税証明書(※有効期限と滞納に注意!・・・下記参照)
● 自賠責保険証明書
● 実印(ハンコ)
● リサイクル券(※預託済みの場合のみ必要)

自動車検査証の住所と印鑑登録の住所が違う場合は、住民票や戸籍の附票または住民票の除票がいる場合があります。また、結婚をして姓が変わっている場合は戸籍謄本が必要になる場合がありますので、この条件に当てはまる場合は、購入するお店で確認してから書類をそろえるようにしてくださいね。

 

自動車納税証明書の有効期限が過ぎている場合、又は自動車税を滞納している場合は、車を下取りに出す事が出来ません。有効期限が過ぎているなら、直近の納税証明書でないか、または、紛失して今年度の納税をしていない可能性もありますので、今年の納税証明書を探すか、なくなっているなら、納税したかどうかを県税事務所や自動車税事務所で確認し、手数料を支払って再発行してもらう必要があります。

 

滞納している場合は、新たに支払い用紙を再送付してもらい、遅延金を上乗せして支払う必要があります。いずれにしても、もし有効期限が過ぎていたり、紛失した場合は、ネットから≪●●市 自動車税 管轄≫などのキーワードで、自身の自動車納税の管轄先に連絡を入れて確認しましょう。

 

リサイクル券に関しては、車購入時に払わされているものを証明する書類で、基本的には返還されるのですが、書面上の手続きが面倒な為、下取り料や買取料の中に含まれている場合がほとんどです。一応再発行も自動車リサイクルシステムのサイトで出来ますので、下取り時に確認し、必要ならば再発行しておきましょう。

 

軽自動車を下取りに出す場合

 

● 自動車検査証(※現住所、氏名が違う場合は注意!・・・普通自動車と同じ)
● 軽自動車納税証明書(※有効期限と滞納に注意!・・・下記参照)
● 自賠責保険証明書
● 印鑑(認印可)
● リサイクル券(※預託済みの場合のみ必要)

軽自動車と普通自動車の違いは、印鑑登録証明書の有無と、印鑑の違いぐらいです。

 


車の下取り査定がゼロ円の場合の廃車手続きと買取査定

「車の下取り査定がゼロ円の場合の廃車手続きと買取査定」がイメージ出来る画像03

 

年式の古い車や走行距離が多い車に関しては、下取りでは値段がつかない事があります。その場合の対処として、購入店からは廃車をすすめられる可能性がありますが、そのまま提案を受け入れると後で後悔する事になりかねませんので、注意してくださいね。

下取り査定ゼロ円の車でも廃車はオススメ出来ません。

購入するディーラーは販売店で下取りに出すと「この年式、走行距離では値がつきません」と言われる事もあるかもしれません。その際に業者から廃車をすすめられますが、すぐにその提案を受け入れるのはオススメ出来ません。

 

なぜなら、ディーラーなどに廃車をお願いすると、廃車費用や手続き代行手数料を購入金額に上乗せされる可能性があるからです。中には、「下取り査定ゼロ円ですが、購入する車から値引きする形で無料で引き取らせてもらいます」と言う営業マンや担当スタッフもいるかもしれませんが、このほとんどが、購入する車の割引予定金額から差し引かれ、割引額を減らされている事がほとんどです。

 

下取り査定ゼロ円と言われた場合の対処

では、廃車手続きの他にどういった選択肢があるか?と言うと、まず一番にオススメなのが、中古車買取専門店に、下取りではなく買取の見積もりをお願いする事です。特に今現在はネットから申し込むと、複数の買取業者から一斉に見積もりを取る事が出来ますので、中にはディーラーで下取りゼロ円と査定されても数万円で買い取ってもらえる場合も良くあります。

 

もし下取り査定で値がつかないと言われた場合は、取りあえず一旦保留にしておき、ネットの買取一括査定サイトなどを利用して複数社から再度査定してもらう事をオススメします。


車の下取り手続きの注意点は?

「車の下取り手続きの注意点!」がイメージ出来る画像03

 

ここまで車を下取りするにあたっての流れと手続きについて説明させて頂きました。最後に注意しておきたいポイントもお伝えしておきますので、こちらも確認して頂き、万全の状態で下取りに臨んで下さいね。

車の下取り手続きの前に注意したい3つのポイント

1.不安な場合は書類のコピーを取る!

 

上記で説明した通り、下取りの手続きにはいくつかの書類が必要となります。車を売却する際には、この書類に関して出来ればコピーを取っておいて下さい。面倒に感じますが、曖昧な自動車の個人売買や、認知度の低い個人経営の中古車買い取り店に売却した為に、後々トラブルを招いたと言う事例もあります。そういった事のないように、出来れば今所有している書類は全てコピーを取っておく方が得策です。

 

2.下取り時にかかる費用に注意する!

 

下取りの場合は、車の購入と一緒に契約と手続きを済ませるため、色々な名目で購入金額に余分な料金が加算されている場合があります。中には、”下取り査定料”や、”下取り手続き代行手数料”などを取られている場合がありますが、これらは交渉次第でカットしてもらえる事も良くあります。しっかりと契約の際には一つ一つの費用を確認し、納得した上でハンコを押すようにしてください。

 

3.下取りに出す前に買取査定で相場を知っておく!

 

車の下取り交渉術!【※素人でも高額査定をゲットする12のコツ!】」の記事でも触れている通り、基本的には買取査定を依頼し、相場を把握した上で下取りと購入の交渉をした方が、有利に話を進める事が出来ます。もし下取り価格が相場よりもかなり低いのであれば、買取専門店に売却する事も検討した方が良いですし、相場を知るだけでも交渉をスムーズに進める事が出来るので、出来れば時間を割いてでもこの方法で下取り交渉に入るようにする事をオススメします。

 

 

最後に・・・
車を下取りに出す際はいくつかの必要書類がいりますが、一つ一つ見て行くとそれほど面倒な手続きではありません。書類の準備も大切ですが、実際に下取り査定に出して見積もりが出てからでも遅くはありません。それよりも一度下取りに出す事を決断してしまうとその後買取査定などは受けにくくなるので、こちらだけは理解しておいて下さい。

 

出来れば、書類や手続きの前に一度買取査定に出して、お持ちの愛車の本当の価値を知っておく事をオススメします。それでは最後までご覧頂きありがとうございました。あなたの車の下取りがスムーズに行き、納得した形で車を購入される事を心より願っております。

 

※こちらも併せてよく読まれています!

⇒参考記事:「車の下取り査定料って払うべき?【※払わないケースと交渉の仕方!】


「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車を下取りに出す際の手続きと流れ!【※必要書類や買取との比較】関連ページ

下取りのコツと交渉術
車を下取りに出す前にチェックしておくと、素人でも高額で査定してもらえるかもしれません。ちょっとしたテクニックや交渉術で査定額は大きく変わります。下取りか買取りかで迷っている人も、車を手放す前に是非一度チェックしてくださいね。
車下取り時のガソリンの量は?
新車や中古車の購入時に自分の車を下取りに出すと言う人も多いですが、下取りに出す際のガソリンの量は一般的にどれぐらいにしておくのが良いのでしょうか?疑問に思う人が多いようなので、調査してまとめました。査定への影響や、移し替えは可能か?なども掲載しています。
年式による下取りと買取の違い
車の下取りの際にポイントとなるであろう年式と走行距離について、査定への影響や、買取店と比較した際の金額の違いなどを調査して詳しく解説しています。これから車を乗り換えようと考えている人は、下取りと年式、走行距離の関係をしっかりと把握しておきたい所ですね。
下取りと買取りで高いのは?
車の下取りと買取、高い見積もりを貰えるのはどっち?自分の愛車を手放す際には迷う所だと思います・・・。ネットでは買取の方が良いと言う意見が多いようですが、実際の所はどうなのでしょうか?こちらについて当記事ではまとめています。
清掃や洗車はどこまですべき?
車を下取りや買い取りに出す際、「どこまで掃除をすればいいのか?」は迷う所です。そこで、実際に車内の掃除や、洗車はどの程度まですべきかについてお応えしていきます。また、無駄な努力をしないように、最低限必要な高額査定ゲットの為の清掃方法もご紹介させて頂きます。
傷やへこみは直すべき?
車の下取り前に気になるのがマイカーの傷やへこみ・・・直した方が良い査定をもらえそうだけどお金をかけてまで直すべきか?このような疑問を持つ人が多いようなので、実際に傷やへこみがある場合の対応方法や修理についてを詳しくご紹介させて頂きます。
下取りと買取一括査定の比較
車を売却する際の選択肢としてメジャーな下取りと買取一括査定、両者のメリットやデメリット、おすすめの買取一括サイトなどをご紹介!比較してあなたにあった最適な車の手放し方を選択してくださいね。
事故車の下取りへの影響は?
車を下取りに出す前に気になるのが「事故車は査定にどれぐらい影響するか?」、「故障車でも買い取ってもらえるか?」と言う点です。こちらの記事では事故車扱いとされる定義やマイナス査定のポイントなどをご紹介させて頂きます。
エアコンが壊れている場合は?
車の下取り前に気になる愛車の故障・・・特にエアコンが壊れていると猛暑や降雪の時期には大変なので、下取りしても価格がつかないのでは?と考えてしまいます。そこで、今回は、エアコンの故障について、下取りや買取査定はどうなるか?また、査定時に壊れている事を申告した方がいいのか?などをまとめました。
下取り時の査定項目は?
車の下取りや買い取りの前には、出来るだけ査定額がアップするように掃除やメンテナンスを行いたいところ・・・。そこで当記事では、実際に査定されるポイントや査定額アップの為にやっておきたい最低限の事などをまとめています。しっかりと査定項目をチェックして出来る限り高額査定をゲット出来るようにしましょう♪
査定前のエンジンの故障は?
車の下取り前に気になるエンジントラブル・・・査定への影響や故障についてまとめました。査定前にディーラーや買取店に不具合は言うべき?エンジンが焼きついた車の下取りは可能か?など、気になる疑問について詳しく解説しています。
下取りと自動車税の関係まとめ
車の下取り後に返還(還付)される可能性のある自動車税に関しては、事前に詳しく知っておきたい所です。ただ、普通に調べても様々な事が書かれているので中々分かりにくいのではないでしょうか?そこで当記事では下取り時の自動車税についてくわしく分かりやすくまとめております。是非下取りや買い取りの前には事前にチェックして理解を深めて下さいね。
価格の基準や決まり方まとめ
車の下取り価格に関するまとめ記事です。価格はどのようにして決まるのか?査定の基準やマイナスになるポイントは?など、査定に関する様々な要素を解説していきます。また一番お得に車を手放す方法や売り時についても解説していますので、車の乗り替えや買い替えを検討中でしたら是非参考にしてくださいね。
廃車なら税金は戻るのか?
車の下取り査定を受けた際に、ディーラーや業者から廃車しか選択肢がないように言われる場合があります。その場合税金は戻るのか?また本当に廃車にした方が良いのか?と言うのは迷う所です。そこで当記事ではこれら下取り車の廃車について詳しく説明しています。
古い車の下取りについて
古い車の下取りに関してまとめました。意外にしらない廃車や買取の真実、古い車を下取りに出すメリットなどを紹介しています。これから年式の古い車やボロボロの車を下取りに出す予定なら、是非一度目を通しておいてくださいね。
査定前のポイントまとめ
車の下取り査定前に気になるポイントの説明と、無料の買取一括査定を利用する際のコツや高額買取の為のポイントなどを解説しています。ネットでシミューレーションをしてから車を売却したいと考えているなら是非参考にしてくださいね。
下取り査定料って払うべき?
車の下取り査定が完了すると見積書に掲載されている下取り査定料や下取車手続き代行費用、これらは本当に払わないといけないのでしょうか?また、実際に下取り査定だけで売らない場合は?など気になる疑問について解説しています。車下取り査定の前にはチェックしておいて下さいね。
ディーラー下取り何故安い?
車を手放す際に多くに人が利用するディーラーの下取り、実際に査定してもらうと「えっ!?こんなに安いの?」と驚く人も多いようです。そこで、何故ディーラーの下取り査定額はここまで安くなるのか?また賢い車の手放し方について紹介しています。これから愛車を手放す事を考えているなら、是非チェックしてくださいね!
ディーラー下取りのメリット
車を売る際に利用する事の多いディーラーの下取り、ネット上では買取専門店で売却する方が高く売れると言う噂も・・・実際に所はどうなのか?またディーラーで下取りしてもらうメリットは?などの疑問にお答えしていきます。有利に交渉するコツなども紹介していますので、是非車を下取りに出す予定があるならチェックしてくださいね!
他社の車でも下取可能?
ディーラーの下取りは他社メーカーの車でも可能なのか?またどれぐらい下取り査定額に影響するのか?について詳しく解説しています。違うメーカーの車を下取りに出すぐらいなら買取専門店を利用する方が良いという声もありますので、こちらについても説明しています。
軽自動車の下取りまとめ!
軽自動車の下取りに関する必要な情報をまとめました。売却する際の価格相場が手っ取り早くわかる方法や、下取りに出す際に必要な書類などを詳しく解説!これから軽自動車を下取りに出す場合には是非チェックしてくださいね!
喫煙車の査定への影響は?
車の所有者が愛煙家の場合、車の中で吸う事も多く、一般的には””喫煙車”と呼ばれます。この喫煙車ですが、車を売却する際や買い替えの際の下取り時には査定額に影響するのでしょうか?また、影響する場合消臭などは可能なのか?した方がいいのか?についてなど、喫煙車に関する様々な疑問と回答をまとめました。是非ご参考頂ければと思います。