車の廃車 必要なもの

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”がたった30秒で分かります。
営業電話が一切ない、最大1000社が査定してくれる画期的な車買取一括査定サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!営業電話もない一括サービスはこちら!<

車の廃車に必要なものや書類は?廃車手続きの流れと方法!

「車の廃車に必要なものや書類は?【※廃車手続きの流れと方法】」がイメージ出来る画像01

 

車の廃車に関しては、”自分で全て手続きをする場合”と”買取り店などの業者に依頼する場合”がありますが、初めて廃車する場合には何からすればいいのか?は迷ってしまう所です。

 

何となく廃車手続きに関して知っていても、その実際の流れや必要な書類に関して詳しいと言う人は多くありません。

 

実際に以下の様に悩んでいる人は多い様です。

 

「車を廃車にする場合って何が必要なの!?」
「車の廃車の流れや、事前に用意するものが知りたいんですが・・・」
「自分で廃車する場合、事前にどんな書類を揃えればいいですか?」

 

もしあなたも上記の様な悩みを抱えていると言う事でしたら、最後までご覧頂く事である程度理解頂けるのではないかと思います。

 

基本的に廃車に関しては、管轄の陸運局に聞く事で必要な書類や手続きに関しては教えてくれます。しかし、ある程度知識を得ておく事で、不安なく手続きが出来るので、是非最後までご覧頂ければと思います。


車の廃車に必要な書類まとめ!入手場所や価格は?

「車の廃車に必要な書類まとめ!入手場所や価格は?」がイメージ出来る画像01

 

まずは車の廃車に必要なものについてまとめてみましたのでご確認ください。入手場所や価格を知っておく事で、段取りも組みやすくなります。

車の廃車に必要なものまとめ!

廃車に必要なもの

入手場所

価格

概要

印鑑証明

市町村役場

200〜400円

登録している印鑑の証明書。もし印鑑登録をしていない場合は、200〜500円払って印鑑登録を先にする必要があります。

委任状

ネットからダウンロード

無料

廃車を業者に依頼する場合や、車の所有者本人が手続きに行けない場合に必要。また基本的に委任状に押印するハンコは印鑑登録しているものが必要となります。

車検証

自宅or車内

無料

基本的に車のダッシュボードに入れているか自宅で保管しています。

ナンバープレート

無料

廃車にする場合は基本的に先に車を解体など処分する必要がありますが、その際にナンバープレート前後2枚は必ず必要となります。

手数料納付書

管轄の陸運局または

隣接する用紙販売窓口

無料(※500円)

納付書自体は無料ですが、ここに手数料を納める為の印紙500円分を購入する事になるので、実質500円がかかります。
※管轄の陸運局によって違う場合があるので、事前に電話連絡の上、確認される事をオススメします。

永久抹消登録申請書

管轄の陸運局または

隣接する用紙販売窓口

100円程度

基本的に手続き当日に運輸局で手に入るので事前に準備する必要はありません。こちらは永久に車を抹消する場合に必要な申請書となります。

自動車税・自動車取得税申告書

管轄の陸運局または

隣接する用紙販売窓口

200円程度

所有している車に対してしっかりと税金を納めている事を申告する為の用紙。こちらも基本的に手続き当日に現地で購入できます。

移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き

解体処理を依頼した業者

無料

基本的に車体を解体してもらった際に業者から受け取る”処分した証明”になるメモ書き。移動報告番号は車検証と一緒に保管されているはずのリサイクル券に記載されています。

 

基本的には上記のものが必要となりますが、管轄の運輸局や、自分で廃車するか業者にやってもらうかによっても異なります。

 

廃車を考えた時はまずは自分でするのか業者にやってもらうのか決めた上で、もし自分でするなら一度管轄の陸運局に連絡してみてください。


車の廃車の流れについて!

「車の廃車の流れについて!」がイメージ出来る画像01

 

車の廃車に必要なものや書類に関して簡単に説明させて頂きましたので、実際に廃車をする流れについて説明させて頂きます。

車の廃車の流れまとめ!

自分で廃車にする場合

 

自分で廃車にする場合の流れとしては、

解体業者、またはスクラップ工場に車体の処分を依頼する

車体の解体が完了すれば、「解体報告記録がなされた日のメモ書き」を受け取る

管轄の陸運局、または陸運支局に行く

と言う流れになります。

 

廃車の手続きとしては、まず車本体の処分を解体業者に頼み、その後陸運支局に行く必要があると言う事です。

 

業者に頼む場合

 

上記の様な流れで自分で廃車にする事が出来ますが、解体業者を探したり書類を集めたり、当日手続きに運輸局に行ったりと、かなりの手間と時間がかかります。

 

例えば中古車買取一括査定などを利用して引き取りを頼むと、引き取ってくれた業者に委任状を含めた書類を渡す事で、全てを請け負ってくれます。

 

もちろん業者によっては、こちらが廃車にしようと思っていても、業者自身で解体し、部品などを利益に変える様な手段を取ることもありますが、特に「絶対に廃車にして解体したい!」と言う場合でなければ、後は業者に委ねるのが得策です。

 

 

 

車の廃車に必要なものや書類に関しては今回紹介した通りですが、正直な所廃車が買取り店などに依頼する方が絶対にオススメです。

 

自分が廃車にしようと考えていても、買取り店によっては数万円で買い取ってもらえると言う事もありますし、見積もりだけなら無料なので、まずは依頼してみても良いかと思います。

 

私自身は廃車専門業者に頼んだので、こちらからも出来れば見積もりを取る方が良いかもしれません。


「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の廃車に必要なものや書類は?【※廃車手続きの流れと方法】関連ページ

動かない車の廃車まとめ!
自宅にある動かない車を廃車にしたい場合、どのような手続きで、どこに持っていけばいいのかわからないと言う人も多い様です。そこで今回は車検切れや事故車の引き取り、廃車に関してをまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてくださいね。
廃車寸前の車を売りたい場合
廃車寸前のボロボロの車であっても、多少でもお金になれば生活の足しや次に買い替える車の足しにでもなるものです。しかし、廃車寸前の車でも本当に売れるのか?と言うのは気になる所だと思います。そこで今回は廃車寸前の車を売りたい人の為に、実際に売れた体験談などをまとめてみました。是非参考にしてもらえればと思います。
廃車の手続きまとめ
乗っていない車やボロボロの車で今後乗る予定がない場合は廃車しようかと考えるかと思います。そんな廃車に関して今回は手続きの流れや税金の還付、代行についてをまとめてみました。
スクラップ業者の買取り相場!
車の廃車を考えた時、業者に頼むか、自分でスクラップ工場に持って行くか?に関しては悩む所です。ただ、普段利用しないので、スクラップに持って行った際の相場や、自分で持ち込むべきなのか?に関しては迷う所だと思います。今回はこちらについてまとてみました。
ボロボロの車の廃車
古い車やボロボロの車の場合、「処分したいけどどうすれば良いか分からない・・・」と悩んでいる人も多くいます。今回はそんな古い車やボロボロの車の処分の仕方や、実際に管理人が処分した方法をご紹介します。
事故車を廃車にするには?
事故車を廃車にする際の費用や手続きなどをわかりやすくまとめてみました。実際に事故車を今現在所有していて売却や配車を考えているということならぜひ参考にしてくださいね。
ローン中の車でも廃車に出来るの?
乗っていない車や事故をした車などを所有している場合、廃車を考えることもあるかと思います。しかし、ローンが残っている場合は廃車にできるのか?気になっている人も多いようなのでこちらについてまとめてみました。
廃車と売却はどっちが良い?
廃車寸前のぼろぼろの車を持っている場合、廃車にした方がいいのか?それともダメ元で売却を考えた方がいいのか?は迷うところではないでしょうか。そこで今回は廃車と売却の違いについてまとめてみました。
車の廃車はどこでするのがいい?
車の廃車を考えたとき、どこで廃車をするのがいいか?は迷ってしまうところです。そこで今回は廃車が安くできる場所や業者についてまとめてみました。これから廃車の予定がある方はぜひ参考にしてくださいね。