下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車の下取りと買取はどっちがお得?買い替え時の適切な売却方法

車の下取りと買取はどっちがお得?買い替え時の適切な売却方法

 

車を買い替える時は、出来るだけお得な方法で車を売却し、少しでも新しい車の購入資金にと考えるものですよね。

 

しかし車の売却方法には下取りと買取があり、どちらがお得な売却方法であるかは判断しにくいものです。

 

また車の売却というと面倒に感じてしまい、手っ取り早く次の車を購入する販売店で下取りしてもらい、少しの値引きで満足してしまっている人も少なくないようです。

 

特に初めて車の買い替えをする人は、以下のような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

「下取りと買取は結局どちらの方が得なの?」
「高く売るならやっぱり買取の方がいいの?」
「手間がかかるのは嫌だから下取りの方がいいかな…」
「下取りでも査定額が上がる方法はある?」

 

このような方のために、当記事では車の買い替えの際の売却方法である、下取りと買取はどちらの方が得をするのか?について詳しくご紹介させて頂きます。

 

もしあなたも同じような疑問を持っているようでしたら、是非最後までご覧頂きお得な売却方法を見つけて頂ければと思います。

 


下取りと買取はどっちがお得?

下取りと買取はどっちがお得?

 

車を売ろうとしたした時に、下取りと買取どちらがお得な売却方法であるかは、どういった点を得だと判断するかによって変わってくるのではないでしょうか。

 

車の査定額を重視する人であれば、少しでも高く売れる方がお得だと感じるでしょうし、時間がかからずスムーズな車の買い替えを重視するなら、手間がかからない方がお得な方法だと感じるでしょう。

 

その判断する内容によって、下取りと買取どちらが得をするのかという事も変わってきます。

 

そこで重視する点をそれぞれ分けて、下取りと買取ではどちらがお得かについて詳しくまとめてみました。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

車の下取りとは?【※買取との違いを図解で分かりやすく解説!】

車の下取りとは?【※買取との違いを図解で分かりやすく解説!】

【はじめての車の買い替え】車を乗りかえるなら「下取り」「買取」について良く理解しておくべきです。当記事では車の下取りについて、買取との違いを交えながら図解入りで分かりやすくまとめました。車の下取りに関して良く分からないという方の参考になる様にご紹介させて頂きます。

 

高い値段で売れるのは?

高い値段で売れるのは?

 

下取りと買取を比較すると、一般的には買取の方が車を高く売る事が出来ると言われています。

 

その理由としては販売するルートや価格の決め方の違いにあります。

 

ディーラーの下取りの査定額は、下取り基本査定方法に基づいて価格が決定されます。基準となる相場が設定されているため、どれだけ交渉してもその基準以上の査定額になる事はないのです。

 

ですから、例えば人気のある車種であったり高価なパーツやオプション装備が多い場合でも、高く買い取ってくれる事はありません。特に社外品パーツとなると、高い買取金額が付く事はまずないでしょう。

 

反対に買取業者では、高価なパーツやオプション装備もその価値に見合った価格で買い取ってくれます。

 

買取業者は買い取った車をオークションや中古車として販売します。なので、人気のある車種や高価な装備品などもオークションで高く売る事が出来るのです。

 

また、独自の販売ルートや中には海外に市場を持っている業者などもありますので、幅広い車を高い査定額で買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

 

ディーラーの正規品パーツのみを使用し年式もまだ新しく、車の状態も良いのであれば下取りの方が高く買い取ってもらえる事もありますが、そうでない場合はやはり買取の方が高い値段で売れる可能性が高いのではないでしょうか。

 

ただ、買取業者も販売ルートの違いによって買取価格も大きく違ってきます。

 

買取業者に査定を依頼する場合には、車買取一括査定などで複数の見積もりを出してもらい比較してから判断する事をオススメします。

 

手間がかからず楽なのは?

買取業者に査定を依頼する場合、少しでも高く買い取ってもらうためには複数の業者を比較する必要があります。

 

そのため、車を買い取ってもらうまでには時間がかかってしまいます。また車を買い取ってもらった後に、次は新しく購入する車の手続きを行わなければなりません。

 

一方で下取りでは、下取り査定から新車購入の手続きまでのすべてをディーラーで行ってくれるため、面倒な手続きは一切必要ありません。

 

これはディーラーで下取りをしてもらう最大のメリットと言えます。

 

時間もかからずスムーズに車の買い替えをする事が出来るので、査定額が少し低くても手間がかからない方がいいというのであれば、下取りを選ぶ方が良いでしょう。

 

手放すタイミングで融通が利くのは?

車を手放すタイミングによっては、早く売りすぎて車が無い状態が続き不便な思いをしたり、遅すぎて査定額が下がってしまったりする場合もあります。

 

買取で車を売ろうとした場合、まだ新しい車の購入の手続きが全く出来ていないのに早い段階で車を手放してしまうと、車が無い時期が長くなってしまう事があります。

 

そうならない為には、買取業者への車の売却と新しい車の購入手続きを同時に行う事が必要になってきます。

 

反対にディーラーでの下取りだと、新しい車の納車ギリギリまで古い車に乗り続けている事ができ、車が無い不便さを感じる事無く車の買い替えを行う事が出来ます。

 

もし車の売却を先に済ますような場合でも、代車を用意してくれるので安心です。

 

ただ新しく購入する車が、人気車種やモデルチェンジ直後の新車だと納車まで数か月かかるといった場合もあります。

 

ディーラーによっては納車までの期間が長い場合、車の引き渡しの際に下取りの再査定をする事もあるようです。

 

そういった場合では、車を引き渡す際に車の状態が変わってしまっているとマイナス査定に繋がり、査定額が大幅に下がってしまう事にもなりかねませんのでその点は注意が必要です。


高い価格で売るなら買取!

高い価格で売るなら買取!

 

前項でご説明したように、車を売却する際はどういった事を重視するかによって、下取りと買取どちらにするかを選択するという方法もあります。

 

しかし多少の手間や時間がかかったとしても、出来る限り高い査定額で車を売却する方法を選びたいという方には買取が向いています。

 

下取りより高い価格で売れる可能性が高いと言われている買取ですが、下取りと比べるとどれくらい高く売る事が出来るのでしょうか。

 

また買取に向いている車などはあるのか?買取の手間を軽減する方法はあるのか?など、買取について詳しく見ていきたいと思います。

 

下取りと買取の差額はどれくらい?

下取りと買取の差額はどれくらい?

 

買取の方が下取りより高く売れるという事はわかっていても、どれくらい金額に違いがあるのかはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、下取りで出された金額と実際に買取で売れた金額にどれほどの差があったのか?下取りと買取との査定金額の差額についての口コミなどを見てみましょう。

 

口コミ1 差額19万円

下取りと買取の差額 口コミ1

 

口コミ2 差額15万円

下取りと買取の差額 口コミ2

 

口コミ3 差額35万円

下取りと買取の差額 口コミ3

≪出典:車選び.comの一括査定

 

上記の口コミを見ると、差額は15万円〜35万円で、ディーラーから提示された下取り価格より2倍から3倍も査定金額がアップしたようですね。

 

紹介した口コミは一部であり、車種や車の状態などによっても下取りと買取の査定額の差も様々ですが、下取りで提示される価格より高い査定額で買取してもらえたと言う声が多いようです。

 

下記は楽天カーサービスを利用した方の実績例として紹介されていた、ディーラーの下取り価格と一括査定で実際に売却した価格との差です。

 

下取り査定額との差は約16万円〜40万円までと、こちらも大幅に違いがある事が分かります。

 

下取りと買取の差額 口コミ4

≪出典:楽天カーサービス

 

これだけ差額があるのなら、やはり下取り査定だけでそのまま車を売却してしまうのは、かなり損をしているような気がしますね。

 

確かに下取りよりも手間がかかりますが、じっくり時間をかけて買取してもらうだけの価値はありそうです。

 

買取の査定に有利な車は?

車を買取に出した際は年式や走行距離、ボディーカラーやパーツなど査定のポイントとなるものがいくつかあります。

 

中古車市場で人気のある車は、買取査定に出すと高く売れると言われています。

 

買取で高額査定が期待できる、買取査定に有利な車にはどういったものがあるのか?買取査定で高い査定額が期待される車についてまとめてみました。

 

査定ポイント 査定に有利な車 理由
ボディーカラー



パールホワイト
シルバー

・年齢、性別問わず人気の定番カラー。

・飽きにくい、高級感がある、手入れしやすいなどが人気の理由。

・流行に左右される事がないので査定でも高い評価を受けやすい。

車種

軽自動車・コンパクトカー
SUV
自動運転機能付きの車種

・乗りやすくて燃費が良く常に多きな需要がある。
・充実した安全装備を求めている人が多い。

走行距離

年間1万km以内
累計走行距離5万km未満

・目安となる査定基準が年間1万kmと言われており、それより少ない走行距離ならプラス査定になる。
・累計走行距離が5万km以上は多走行車になる。

パーツ

サンルーフ
レザーシート
カーナビ
電動スライドドア

・解放感や高級感が高めの評価につながる。
・カーナビが装着されている車を希望する購入者が多い。
・ミニバンなどの家族向けの車には電動スライドドアが装備されていると人気が高い。

 

このように、それぞれの査定ポイントによって買取査定に有利となる車があります。

 

また、基本的に純正の状態に近いほど高く査定してもらえる傾向にあるので、社外品などを取り付けている人は純正品に戻しておいた方が高額査定になる可能性が高いようです。

 

これから新しい車の購入を考えている方は、こういった査定に有利な車を選ぶ事も、未来の下取りや買取査定の為には賢い選択方法と言えるのではないでしょうか。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

車の下取り、年式や走行距離の査定への影響は?【※買取店との違い】

車の下取り、年式や走行距離の査定への影響は?【※買取店との違い】

車の下取りの際にポイントとなるであろう年式と走行距離について、査定への影響や、買取店と比較した際の金額の違いなどを調査して詳しく解説しています。これから車を乗り換えようと考えている人は、下取りと年式、走行距離の関係をしっかりと把握しておきたい所ですね。

 

買取の手間を軽減するには?

買取の手間を軽減するには?

 

買取査定で最も高い査定額で売却するためには、たくさんの買取業者に査定の依頼をしてもらう事が重要です。

 

しかし、自分で中古車販売店やカーショップなどに出向いて査定を依頼していたら、かなりの手間ですし時間もかかります。

 

また、たくさんの買取業者に査定してもらうのにも限界があり、本当の愛車の買取相場を知る事は難しいでしょう。

 

そういった手間を省く事ができ、本当の自分の愛車の価値を知る事が出来るのが、車買取一括査定サイトです。

 

ネットで複数の買取業者に同時に見積もりする事が出来るため、値段交渉などをしなくても業者同士で競い合う事で査定額も上がり、最も高い査定額での買取が可能になります。

 

車買取一括査定サイトもたくさんありますが、その中でも特におすすめのサイトをご紹介します。

 

ズバット買取比較

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

ズバット買取比較全国の大手買取業者200社以上が参加する買取一括査定サイトです。

 

簡単な必要事項を入力するだけで、最大10社の同時見積もりが可能!もちろん無料で利用する事が出来ます。

 

大手買取業者から地域密着型まで、最適な買取業者をピックアップしてくれます。

 

有名な大手買取業者がたくさん参加しているので安心して利用できますし、高額査定にも期待が持てるサイトです。

 

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

ユーカーパック

ユーカーパックの公式サイトはこちら!

 

ユーカーパック他の車一括査定サイトとは違って、買取業者がオークションに参加し入札するかたちになっています。

 

オークションに参加する業者も最大5000社という圧倒的な多さです。

 

そのたくさんの業者の中で入札合戦が行われるので査定額が上がる可能性も高いと言えます。

 

また一般的な車一括査定サイトでは、複数の業者に査定を依頼する事によって個人情報を渡す事にもなり、査定依頼後に営業電話がたくさんかかってくるのでは…という心配もありますよね。

 

しかし、こちらのユーカーパックでは連絡はユーカーパックからのみ!

 

各業者には査定後に車の状態だけが送信され、その情報で価格提示をするという仕組みになっています。ですから各業者それぞれから連絡が来る事はありません。

 

また、ネットでかんたんな情報を入力するだけで概算価格を知る事が出来ますので、まずは自分の愛車の買取相場が知りたいという場合でも気軽に利用できるサイトです。

 

ユーカーパックの公式サイトはこちら!


楽に売るなら下取り!

楽に売るなら下取り!

 

少しでも高い査定額を求めるなら、買取の方が向いているという事は前項でご説明させて頂いた通りです。

 

反対に査定額は多少低くても、手間をかけずに楽に車を売却したいという方には下取りが向いています。

 

続いては、買取より下取りの方が楽に車を売る事が出来る理由や、下取り査定の際に有利な車など、下取りについて詳しく説明します。

 

下取りと買取の手間の違い

買取の方が高く車が売れると分かっていても、手間がかからない下取りを選ぶ人も少なくありません。

 

下取りと買取では、車の買い替えにかかる手続きなどにどのような違いがあるのでしょうか。

 

書類の準備や手続きの違い

 

車を買い替える際には、さまざまな書類と手続きが必要になってきます。

 

自宅や車に保管してある書類から、新たに取得する必要のある書類までかなり多くの物を揃えなくてはいけません。

 

これは、車を売却する際だけではなく、車を購入する際にも言える事で、それぞれに手続きが必要です。

 

ですから、買取業者で車の査定を依頼した場合には、新しく車を購入する際にも同じように必要な書類を揃え、手続きをしなければいけないという事になります。

 

一方下取りの場合は、書類のやり取りなどのすべての手続きを一つの店舗(ディーラー)で完了する事が出来ます。

 

だいたいは同じ営業マンが担当として付いてくれますので、書類の準備から新しい車の納車に至るまで一貫して任せる事ができ、負担なく楽に車の買い替えをする事が出来るのです。

 

車を手放すタイミングの違い

 

買取の場合は、契約が成立するとすぐに車を手放さなくてはいけません。

 

そのため、新たに乗る車の購入手続きが完了していないと、次の車の納車までは車が無い状態になってしまいます。

 

新車の購入と同時進行し、なおかつ売却と同じタイミングでないとスムーズな車の買い替えをする事は出来ません。

 

買取の契約の成立と新車の購入のタイミングを合わせるのは、そう簡単には出来ませんよね。

 

車無しの状態でしばらく我慢するか、日頃から車を使う人だと有料で代車を用意する事になるでしょう。

 

ディーラーの下取りでは、納車まで下取りに出す車に乗っている事が出来るので、そういった心配をする必要もありません。

 

車を手放すのと納車が同時に行われるので、代車を用意したりなどの手間は一切かかる事なく、車の買い替えをする事が可能なのです。

 

このように下取りでは、車の買い替えの際のあらゆる手続きをすべてディーラーに任せ、手間をかけずに楽に車を売る事が出来るという大きなメリットがあります。

 

また車買い替え後のトラブルや不安など、担当の営業マンが色々とサポートしてくれますのでそういった面でも安心です。

 

こうして考えると少しの値引きしかなくても、手間のかからない下取りを選択する人が多いのにも納得できるような気がしますね。

 

下取りの査定に有利な車は?

下取りの査定に有利な車は?

 

下取り査定では、買取で値段が付かないような車でも下取りで値段が付く場合もあります。

 

どのような車が下取りの査定に有利な車なのか?以下の表にまとめてみました。

 

低年式・過走行車 車自体の価値が低くても新車購入の値引きの代わりに価値以上の価格で下取りしてもらえる場合もある。
古い車種・マイナー車種 新車購入の値引きの代わりに一定の価格で下取りしてもらえる場合もある。
同じメーカーの車 他のメーカーの車と比べて同じメーカーの車の方が販売ルートが充実している事が多い。
純正オプションのついた車

メーカーオプションは後付け出来ない物がほとんどなので純正オプションは査定額アップに繋がる。
※逆に社外品のパーツなどは値段が付かない。

安全機能の付いた車 自動運転や自動ブレーキなど安全関連のオプションが付いた車は中古車での人気も高い。

 

上記以外にも買取の査定に有利な車と同様に、人気の車種(軽自動車やSUVなど)や、人気のボディーカラー(黒・白・パールホワイト)などは、下取りの際にも査定額アップにつながります。

 

買取査定に有利な車との大きな違いは、古い車種や不人気な車、廃車寸前の車でも査定の値段が付くという事です。

 

なぜ車の価値が0円の車でも下取りでは値段を付ける事が出来るのでしょうか。

 

廃車寸前の車が下取り出来る理由は?

 

ディーラーが廃車寸前の車でも下取りが出来るのには以下のような理由が考えられます。

 

新車を売るための戦略
廃車にすれば税金の還付が受けられる

 

ディーラーは本来、車を購入してもらう事を目的としています。ですから、本来の目的である新車を売る為に下取りを行ってくれます。

 

車を購入する側からしても、廃車するしかないとあきらめかけていた車を数万円でも下取りしてくれるとなると、そのディーラーで新車を購入しようという気にもなりますよね。

 

ディーラーでは、新車の販売をする時に値引き出来る金額はだいたい決められています。

 

下取りする車が価値が低い車の場合、下取りに値段を付ける代わりに新車の値引き分を少なくしている事が考えられます。

 

また廃車寸前の車の場合ですが、ディーラーが車を下取りした後に廃車手続きを行うと還付金を受け取る事ができます。

 

還付金とは、車の所有者に課せられる自動車税・重量税・自賠責保険の3つです。

 

車を手放した月や車の排気量などによっても金額は変わってきますが、これらの税金や保険を還付金という形で受け取る事が出来るのです。

 

ディーラーが廃車寸前の車でも下取りしてくれるのにはこういった理由もあります。

 

車を手放す時期によっては、還付金の方が下取り額を上回るなんて事もあり得ますので、廃車寸前の車を下取りしてもらう時は、下取りに出す前に廃車した場合の還付金を事前に調べておいた方がいいかもしれませんね。

 

下取りでも査定額をアップするには?

買取に比べて査定額が低くなる傾向にある下取りですが、そんな下取りでも査定額をアップする方法はあります。

 

下取り額をアップさせるために有効なのは、買い取り専門店で査定してから、その査定額を元に下取り交渉をするという方法です。

 

下取り額をアップさせる方法

 

基本的にはまず下取りに出す前にネットから一括見積もり査定を依頼してみてください。

 

ディーラーの下取り査定額だけでは本当の自分の車の価値は分かりませんが、車一括査定サイトではおよその概算価格を知る事が出来ます。

 

実際に電話がかかってきたりメールが来たりすることもありますが、ほとんどの業者がそれほどしつこくありません。

 

自分の車が市場的にどれくらいの平均相場なのかが分かりますので、下取り交渉の際も具体的な金額をディーラーに提示する事が出来るので、査定額のアップにもつながるのです。

 

また、ディーラーと下取り交渉をする直前に、一括見積もりを複数の買取専門店に頼み、1日かけて相見積もりを取る事が出来れば、より好条件で車を売る事が出来てしまいます。

 

今現在は、インターネットで検索すると多数の中古車買い取り専門店が出てくるだけでなく、ネットで自分の車の年式や走行距離など簡単な入力だけで、一括で複数の買取専門店から見積もりが取れるシステムが確立されています。

 

下取りの査定額のアップのためにも、便利な車一括査定サイトを有効活用してみてはいかがでしょうか。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

車の下取り、買取一括査定の比較【※見積もり取るならどこが良い?】

車の下取り、買取一括査定の比較【※見積もり取るならどこが良い?】

車を売却する際の選択肢としてメジャーな下取りと買取一括査定、両者のメリットやデメリット、おすすめの買取一括サイトなどをご紹介!
比較してあなたにあった最適な車の手放し方を選択してくださいね。

 

今回は車の下取りと買取はどちらがお得なのか?について詳しく紹介してきましたがいかがでしたか?

 

どちらが良いのかは何を基準に判断するのかによっても違いますし、価格だけではなく車の買い替えにかかる手間も含めて検討する事が大切です。

 

何よりも査定額の高さを重視するなら買取を選ぶべきですが、手間を気にするのなら下取りを選ぶ事をおすすめします。

 

どちらににしてもまずは車一括査定に見積もりを依頼し、自分の愛車の価値をしっかりと把握してから売却するのが、最も適切な売却方法と言えるのではないでしょうか。

 

これから車の買い替えを考えておられる方は、今回の記事を是非参考にして頂き、自分にあったお得な売却方法を見つけて下さいね。