下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車下取り(買取り)時の「走行距離と査定額の関係」を分かりやすく解説!

車下取り(買取り)時の「走行距離と査定額の関係」を分かりやすく解説!

 

1年で1万km以上走っていると「過走行車」と言われる事もあり、走行距離は下取りや買取などの査定額に大きく影響します。

 

今回はそんな「走行距離は査定額にどれぐらい影響するか?」を、トヨタのプリウス、ホンダのフィット、日産のセレナと、3つの人気車種を事例として紹介していきます。

 

また、あなたが今現在乗っている車の走行距離を入力すれば、「下取り額や買い取り額の目安」が分かるサイトやサービスも一緒に紹介させて頂きますので、車の買い替えや売却を検討しているなら、是非参考にしてもらえればと思います。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

車の買い替え時期と走行距離の関係【※乗り替え目安は何万キロ?】

車の買い替え時期と走行距離の関係【※乗り替え目安は何万キロ?】

車の買い替える時期と走行距離の関係についてまとめています。今乗っている車を乗り換える最適な時期がわからない!そんな人は是非走行距離や査定額との関係を理解し、ベストなタイミングで買い替えを検討してくださいね。

 


【基本】走行距離は車の下取りや買い取り査定額にどれぐらい影響する?

【基本】走行距離は車の下取りや買い取り査定額にどれぐらい影響する?

 

走行距離が車の査定に影響するという事は分かってはいるものの、いったいどの程度影響するものなのか、分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

走行距離がかなり多い車となると、査定額が付かないんじゃないかと不安になりますよね。

 

走行距離と査定額との関係、低い査定額になる走行距離の目安について調べてみました。

 

走行距離は「走りすぎ」でも「走らなすぎ」でもダメ!?

走行距離は「走りすぎ」でも「走らなすぎ」でもダメ!?

 

車の下取りや買取の際、走行距離というのは車の寿命に関わる大きな査定ポイントになってきます。

 

特にディーラーなどの下取りでは年式と走行距離が査定の主な基準となるため、走行距離の多い「過走行車」は査定額が大幅に下がる傾向にあります。

 

車の走行距離で基本とされているのが1年間で1万qで、1万qを超えると「過走行車」という事になります。

 

これは、日本自動車査定協会が定めている査定の基準によるもので、過走行車は査定の減点対象になってしまいます。

 

ただ、ここで注意したいのが走行距離が短すぎても、査定の減点対象になる場合があるという事!

 

なぜなら、1年間で1万qという目安の走行距離より短い低走行車の場合、あまり車を動かしていないと判断されてしまうからです。

 

車は動かさずに放置すると、金属部分にサビが出てしまったり、タイヤなどゴムでできた部分も劣化してきます。

 

また動作不良も起こしやすくなる事から、車はある程度動かしておくべきだと言われています。

 

ですから、年式が経っているのにも関わらず走行距離が短い車も、査定のマイナスポイントになってしまう可能性があるのです。

 

査定額が極端に安くなる目安走行距離

査定額が極端に安くなる目安走行距離

 

車の査定の際には、査定額が大きく下がる目安の走行距離というのがあります。

 

その走行距離を超えた車は、中古車市場で人気が無くなり需要も減るため、おのずと査定額も下がってしまうという訳です。

 

査定額が下がる目安の走行距離というのは、一般的に5万qと10万qと言われています。

 

なぜ走行距離5万qと10万qで査定額が下がるの?

 

「車の寿命は10万qと」いう話を耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。

 

走行距離が1年間で1万kmであるという事を基本に考えると、単純に10万qでは10年間車を乗り続けている事になります。

 

車は10年乗り続けるとあらゆる部品が傷み、交換が必要になってくるものであり、また10万qが交換の目安と言われている部品も多くあります。

 

部品の交換にも多くの費用がかかるため、部品を交換する前に車を手放そうと考える人が多くなるのです。

 

部品の交換前に車を売ると、買取した側はその車の整備が必要になり、その費用が査定額から差し引かれてしまうため、査定額は下がってしまうのです。

 

また走行距離10万qともなると、すぐに故障しそうな印象を与えるので、もちろん中古車市場での需要も大幅に少なくなります。

 

次に走行距離が5万qで査定額が低くなる理由ですが、同じように5年間車を乗り続けていたとすると、新車の購入から考えて5年目は2回目の車検になります。

 

やはりそのタイミングで車を買い替える人も多くなり、また5年を経過する前では、まだ車の状態も良いと考えられるからです。

 

5年だとまだ車の価値は十分ありますが、それでも車の寿命と言われる10万qの半分である5万qという走行距離は、長いという印象を与え中古車として購入する人が減ってしまうので、5万qは1つの目安の距離とされています。

 

もし自分の車の走行距離が、もう少しで5万q・10万qだという場合は、その距離に達する前に是非売却する事をおすすめします。

 

その少しの距離の違いで、査定額が大きく下がってしまう可能性がありますよ!


【事例】3つの車種で検証!走行距離による下取り&買取り査定額の金額差

【事例】3つの車種で検証!走行距離による下取り&買取り査定額の金額差

 

走行距離の違いによってどれほど査定額に差が出るのか?を知るために、走行距離別の査定額のシミュレーションができるサイトがあります。

 

そのサイトを利用して、トヨタ・ホンダ・日産で人気の車種を例に、走行距離別の査定額と、下取りと買取りの査定額の違いについて検証してみました!

 

1.トヨタ「プリウス」の走行距離別の査定額一覧表

まずは、トヨタの代表車種でもある「プリウス」の走行距離別の査定額を、車買取査定サイトナビクルのシミュレーション結果を元に一覧表にまとめてみました。

 

トヨタ プリウス Aグレード 2015年式

 

トヨタ プリウス Aグレード 2015年式

≪出典:価格.com

走行距離 下取り査定額 買取査定額
1万km 139.6万円 148.2万円
2万km 127.3万円 135.9万円
3万km 120.1万円 128.6万円
4万km 114.9万円 123.5万円
5万km 110.9万円 119.5万円
6万km 107.7万円 116.3万円
7万km 104.9万円 113.5万円
8万km 102.6万円 111.1万円
9万km 100.5万円 109.0万円
10万km 98.6万円 107.2万円

 

上記の表から見ると、1万kmと2万kmで約8万円、1万kmと3万kmで約20万円、1万kmと5万kmでは約30万円もの査定額の違いがある事が分かります。

 

トヨタプリウスの2015年モデルの新車価格が約250万円〜350万円なので、購入価格が250万円だったとすると、走行距離が5万kmで購入価格の半額以下の査定額となっています。

 

5万km以上は価格の下がり幅は少ないですが、10万kmになると購入価格より約150万円ほど低い査定額となります。

 

プリウスは中古車としても人気が高く、走行距離による影響は少ない方だとされていますが、それでもこれだけ走行距離は影響があるという事ですから、他の車種では更に大きく価格が下がる可能性があります。

 

また、下取り査定額と買取査定額とでは、同じ走行距離でも10万円ほどの違いがある事もお分かり頂けるかと思います。

 

走行距離が多くなるとかなり査定額への影響は大きく、下取りと買取の10万円の金額の差の影響も大きいものになりますね。

 

2.ホンダ「フィット」の走行距離別の査定額一覧表

ホンダ フィット RSグレード 2013年式

 

ホンダ フィット RSグレード 2013年式

≪出典:グーネット

走行距離 下取り査定額 買取査定額
1万km 76.0万円 82.9万円
2万km 66.7万円 73.6万円
3万km 61.3万円 68.1万円
4万km 57.4万円 64.2万円
5万km 54.4万円 61.2万円
6万km 51.9万円 58.8万円
7万km 49.9万円 56.7万円
8万km 48.1万円 54.9万円
9万km 46.5万円 53.3万円
10万km 45.1万円 51.9万円

 

上記の表から見ると、1万kmと2万kmで約10万円、1万kmと3万kmで約15万円、1万kmと5万kmでは約20万円もの査定額の違いがある事が分かります。

 

ホンダフィットの2013年モデルの新車価格が180万円なので、走行距離が1万kmの時点ですでに購入価格の半額以下の査定額となっています。

 

5万kmになると購入価格の約3分の1ほどの価格になってしまうのです。

 

こちらのフィットRSグレードは、通常のフィットに比べて高い需要があり高値で売れる傾向があるようなので、フィットの別のグレードになると更に価格が下がる可能性があります。

 

3.日産「セレナ」の走行距離別の査定額一覧表

日産 セレナ Bグレード 2016年式

 

日産 セレナ Bグレード 2016年式

≪出典:価格.com

走行距離 下取り査定額 買取査定額
1万km 134.7万円 143.5万円
2万km 117.2万円 126.0万円
3万km 107.0万円 115.7万円
4万km 99.7万円 108.5万円
5万km 94.1万円 102.8万円
6万km 89.5万円 98.2万円
7万km 85.6万円 94.3万円
8万km 82.2万円 91.0万円
9万km 79.2万円 88.0万円
10万km 76.6万円 85.3万円

 

上記の表から見ると、1万kmと2万kmで約17万円、1万kmと3万kmで約27万円、1万kmと5万kmでは約40万円もの査定額の違いがある事が分かります。

 

日産セレナの2016年モデルの新車価格は233万円なので、走行距離が3万kmで購入価格の約半額の査定額となっています。

 

5万km以上は価格の下がり幅は少ないですが、10万kmになると購入価格の約3分の1ほどの価格にまで下がっています。

 

日産セレナの、下取り査定額と買取査定額の差は8万円ほどになっています。


【自分の車を調べたい!】走行距離を入力すれば目安の下取り、買取額が分かるサイト&サービス

【自分の車を調べたい!】走行距離を入力すれば目安の下取り、買取額が分かるサイト&サービス

 

下取りや買取に出す前に、自分の愛車がどれくらいの金額で売れるのか、ある程度の目安は知っておきたいものです。

 

そんな時に便利な、先程の検証でも利用した走行距離別の査定額が分かるサイトや、愛車の概算価格をすぐに知る事が出来るおススメのサービスについて詳しくご紹介します。

 

今回検証に利用したシミュレーションができるサイト

今回検証に利用したシミュレーションができるサイト

 

CMでもおなじみの車買取査定サイトナビクルでは、走行距離別の査定額のシミュレーションをする事が出来ます。

 

走行距離別の査定額が分かるサイト ナビクル

≪出典:ナビクル

 

車のメーカー・車種を選択してから、入力画面に「年式・グレード・購入年月日・走行距離」を入力すれば、その車の現在の買取相場と下取り相場を知る事が出来ます。

 

買取相場と下取り相場 ナビクル

≪出典:ナビクル

 

また現在の査定相場だけでなく、過去から未来への買取・下取り相場推移も、グラフで分かりやすく表示されるようになっています。

 

買取・下取り相場推移 ナビクル

≪出典:ナビクル

 

自分の車が、どれくらいの価格相場で変動しているかの目安にもなりますので、一度参考までにご利用してみてはいかがでしょうか?

 

走行距離別の買取・下取り額が分かるサイト≪ナビクル≫

 

本当の愛車の査定額を知りたい時に利用したいサービス

本当の愛車の査定額を知りたい時に利用したいサービス

 

上記でご紹介したサイトは、中古車売買履歴に基づいて、走行距離別に統計分析した結果が算出されるようになっています。

 

ですから、あくまでおよその査定相場であって目安でしかありません。

 

中古車市場は日々変動していますし、車を下取りまたは買取する業者によっても、査定額は大きく変わってくる事があります。

 

なので、自分の車の本当の査定額を知る為には、実際に複数の業者に査定見積もりをしてもらう必要があります。

 

その中で、高い査定額で買い取ってくれる所に車を売却するのが、最も愛車を高く売る方法でもあります。

 

そこで利用したいのが車買取一括査定サイトです。その中でもすぐに概算価格を知る事が出来るおすすめの一括査定サイトをご紹介します。

 

ズバット車買取比較

 

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

全国の大手買取業者200社以上が参加する買取一括査定サイトです。

 

簡単な必要事項を入力するだけですぐに概算価格を知る事ができ、最大10社の同時見積もりを取る事が可能です。

 

大手買取業者から地域密着型まで、最適な買取業者をピックアップしてくれます。

 

利用者数も150万人を突破!初心者でも安心して利用できるサイトです。

 

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

ナビクル

 

ナビクルの公式サイトはこちら!

 

こちらも、ネットで必要事項を入力すればたった45秒で申し込みが完了!申し込み後すぐに概算価格も知る事が出来るサイトです。

 

ズバット買取比較と同様に、最大10社の査定見積もりが可能です。

 

提携している企業も、車雑誌やテレビCMなどでも有名な『ガリバー』や『アップル』などの一流企業ばかりで、高額査定の期待も持てる信頼の出来るサイトです。

 

ナビクルの公式サイトはこちら!

 

上記の一括査定サイトなら、本当の愛車の査定額を知る事も出来ますし、走行距離の多い車でも買い取ってくれる業者が見つかる可能性も高くなります。

 

また下取りを検討されている場合でも、こういったサイトを利用して、自分の愛車の買取相場を把握しておく事は重要です。

 

下取り交渉の際に、買取査定額を提示する事で、下取り査定額のアップにもつながる可能性もありますよ♪


【まとめ】車の下取りや買い取り査定額に影響するのは走行距離だけではない!

【まとめ】車の下取りや買い取り査定額に影響するのは走行距離だけではない!

 

走行距離が査定額に大きく影響する事は確かです。しかし査定に影響するのはもちろん走行距離だけではありません。

 

過走行車だからといって査定額が大幅に下がるとは限らないですし、走行距離が短ければ必ず高く売れるというわけでもありません。

 

査定額に影響するポイントは他にも色々あり、総合的に判断して決定されます。

 

見積もり査定額に影響するその他のポイント

見積もり査定額に影響するその他のポイント

 

では、走行距離以外にどういった事が査定に大きく影響するのでしょうか?走行距離以外の、査定の際の重要なポイントについて見ていきましょう。

 

年式

 

年式

 

年式は初年度登録からの年月で、納車日に関係なく毎年1月1日に更新されるものです。

 

基本的に年式が新しい方が査定額は高くなり、古くなるほどマイナス査定になっていきます。

 

年式による査定への影響は、車種やその車の人気度によっても変わってきますが、一般的には中古車価格は一年に30%下がると言われています。

 

例えば新車価格が400万円の車で、年間30%ずつ値下がりする場合を例に見てみましょう。

 

中古車価格の値下がり率

 

経過年数 値下がり額 価格
1年 400万円×30%=120万円 280万円
2年 280万円×30%=84万円 196万円
3年 196万円×30%=58.8万円 137.2万円
4年 137.2万円×30%=41.2万円 96万円
5年 96万円×30%=28.8万円 67.2万円
6年 67.2万円×30%=20.2万円 47万円
7年 47万円×30%=14.1万円 32.9万円
8年 32.9万円×30%=9.9万円 23万円
9年 23万円×30%=6.9万円 16.1万円
10年 16.1万円×30%=4.8万円 11.3万円

 

上記の表を見ると、1年目・2年目の値下がり率が大きく、たった2年で約半分の価格、4年で4分の1の価格になっているのが分かります。

 

また年数の経過が進むにつれて、値下がり率が緩やかになっていくのもお分かり頂けるかと思います。これは、年数が経過する事によって車自体の価値も下がっていくからという事が考えられます。

 

このように、車の価値は年式が古くなるにつれてどんどん値下がりしていきます。

 

経過年数が10年を超えるとほぼ査定額が付かない、また経過年数が13年になると自動車税が増税される事を考えると、基本的には早ければ早いほど車を高く売ることが出来るという事です。

 

年式が古い車、一般的に5年以上経過した車は、たとえ走行距離が少ない車であっても、査定額は低くなると言われています。

 

事故歴

 

事故歴

 

車に事故歴があるかどうかは、査定に大きく影響します。一般的に事故歴のある事故車(修復歴車)の査定額は、相場の半額以下になるとも言われています。

 

査定額に影響が大きい事故車(修復歴車)とは?

事故車とは基本的に以下の部分を修理・交換した事がある車の事を言います。

 

フレーム
フロントインサイドパネル
ピラー (フロント、センター、リアー)
クロスメンバー
ルーフパネル
ダッシュパネル
トランクフロアパネル
フロアパネル
ラジエターコアサポート (交換のみ)

 

このように、車両の骨格にあたる部分を修理・交換した場合は事故車(修復歴車)と言い、反対に上記の部分に損傷がない場合は事故を起こしていたとしても、事故車にはならないので査定額に影響はありません。

 

事故の後にきちんと修理されてある車であっても事故歴は消える事はありません。

 

もし事故歴を隠したまま査定に出して後でバレてしまった場合は、損害賠償を請求されるなど大きなトラブルになりかねませんので、事故歴は正直に査定の際に伝える必要があります。

 

内装や外装など車両の状態

 

内装や外装など車両の状態

 

年式や事故歴ほどの影響はありませんが、外装や内装などの車両の状態も少なからず査定に影響します。

 

外装の多少の傷や凹み・内装の多少の汚れは、業者で簡単に直す事が出来たり、クリーニングが行われるのであまり影響はないと言えます。

 

しかし大きな傷や凹みがあったり、タバコの臭いがひどかったりヤニで汚れている場合、またペットの臭いなども査定のマイナスポイントになるので注意が必要です。

 

反対に、外装の綺麗さや内装のオプションによって査定のプラスになる事もあります。

 

下取り査定では、オプションなどはあまり査定額に影響はないのですが、買取査定ではカーナビやモニターなどの高価なオプションは高く買い取ってもらえる可能性があります。

 

査定の際の外装・内装の主なチェックポイントを以下にまとめてみました。

 

外装・内装のチェックポイント
内装 外装
ルーム全体の汚れ ボディカラー
タバコやペットによる汚れ・臭い エアロパーツ
シートの状態 ボディの汚れ、キズ、凹み
オーディオ類・スピーカー 左右前後のガラス
カーナビ サンルーフやムーンルーフ
ハンドル・メーター ヘッドライトやテールランプの照明類
エアバッグ ラジオ・テレビなどのアンテナ類
トランクスペースの状態 ドア・ウインドウの動作の確認
スペアタイヤの状態 ナンバープレート・タイヤ・ホイールの状態
その他附属の装備品など マフラーの状態・オイルの漏れ

 

市場価値・需要

 

市場価値・需要

 

走行距離や年式と同じように査定に大きな影響があるのが、その車の市場での価値や需要です。

 

中古車市場でも人気があり需要が多い車は高値で売る事が出来るので、高い査定額でも買い取ってもらえるという事です。

 

走行距離が多い車や年式が古い車であっても、人気の高い車は価格が下がりにくい傾向にあります。

 

逆に走行距離が短く状態の良い車であっても、中古車市場で人気のない車は売れないので、高い査定額が付く可能性が低くなるという事です。

 

参考までに、中古車の人気ランキングを表にまとめてみました。

 

中古車人気ランキング
人気ランキング カーセンサーnet 価格.com ガリバー
1位 トヨタ プリウス トヨタ アルファード トヨタ ヴェルファイア
2位 日産 セレナ トヨタ プリウス トヨタ ヴォクシー
3位 ホンダ N-BOX スズキ ジムニー 日産 セレナ
4位 ダイハツ タント 日産 セレナ ダイハツ タント
5位 トヨタ アルファード トヨタ ヴェルファイア トヨタ クラウンハイブリット
6位 スズキ ワゴンR ダイハツ タントカスタム トヨタ シエンタ
7位 スズキ ジムニー トヨタ ヴォクシー MINI MINI
8位 トヨタ ヴォクシー トヨタ アクア ホンダ ヴェゼル
9位 ホンダ ステップワゴン スバル フォレスター トヨタ プリウス
10位 日産 エクストレイル ホンダ N-BOXカスタム 日産 エクストレイル

※2019年8月現在

 

上記の表を見ると、サイトによってランキング順位も異なりますが、同じような車種がランキングに入っている事がわかります。

 

このような車種の場合は中古車での人気も高く、査定額も高くなる可能性があると言えるのではないでしょうか。

 

下取りか買取りか?

 

下取りか買取りか?

 

車を下取りに出すか買取リしてもらうかは、査定に最も影響する重要なポイントと言えます。

 

走行距離ももちろん査定額に大きく影響しますし、他にも色々な査定ポイントを総合的に判断して査定額は決定されます。

 

しかし最も重要なのは、どれだけ高い査定額を出してくれる所に査定を依頼するかではないでしょうか。

 

前項で検証した、走行距離別の査定額の一覧表を見ても分かるように、同じ走行距離の車であっても、下取りと買取では査定額が変わってきます。

 

下取りと買取りの査定の違い
下取り 買取
査定本が基準となり、基本価格から見積もりを算出 査定本とオークションや中古車市場の相場によって算出
年式と走行距離が基本となるので古い車だと下取り価格が0円になる事もある 年式が古い車や過走行車でも買い取ってくれる業者が見つかりやすい
購入する車の割引と一緒になって本当の査定額が分かりにくい 複数の買取業者を比較して最も査定額の高い業者に売却する事が出来る
自分の車の相場を知らないと足元を見られやすい 一括査定を利用すれば本当に高い査定額での売却が可能
人気車種や装備、パーツなどでのプラス査定は期待できない 車種や装備品などが査定額に反映されやすい
中古車オークション相場が反映されず、相場よりも定額になりがち 査定の基準が細かくプラス査定になりやすい
基本的には買取りよりも安くなる傾向にある 基本的に下取り価格を上回る場合が多い

 

このように査定方法の違いなどによって、下取りは基本的に買取より査定額は低くなる傾向にあり、場合によってその査定額の違いは数十万円にもなります。

 

もちろん下取りにも、手間がかからずスムーズに車の買い替えが出来るなどのメリットもありますが、査定額への影響を考えると、やはり買取の方が査定額は高くなる可能性が高いと言えます。

 

今回は車の下取り、買取り時の走行距離と査定額の関係について、詳しくご説明させて頂きましたがいかがでしたか?

 

思っていた以上に走行距離が査定に影響する事に、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、走行距離以外に査定額に影響するポイントがいくつもありましたよね。

 

査定額に影響するポイントを知っておく事は大切ですが、それよりも重要なのは走行距離の長い車でも、高く買い取ってくれる所に車を売却する事です。

 

複数の業者から査定してもらい比較しながら、最も高い査定額で愛車を売る方法を見つけて下さいね。