下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車の下取り、契約後のキャンセルは可能か?トラブルにならない為には?

車の下取り、契約後のキャンセルは可能か?トラブルにならない為には?

 

まず最初に結論から申し上げますと、中古車、新車どちらも契約後の下取り車キャンセルは可能です。

 

ただ、条件やタイミングによってはキャンセルが出来ないケースもあるので、ディーラーや販売店に連絡する前に当記事をご覧頂ければと思います。

 

今回の記事では、

下取り車をキャンセル出来るケースと販売店
キャンセルが出来ないケースとその理由、状況
下取り車のキャンセルでトラブルにならない為に知っておきたい事

について詳しくまとめました。

 


新車、中古車契約後、下取り車をキャンセルする事は可能!

新車、中古車契約後、下取り車をキャンセルする事は可能!

 

車を買い替える際に、ディーラーや中古車販売店に車を下取りに出す人は多くいます。

 

その下取りに出した車を、他の買取業者などでも査定したもらったところ、その査定額が下取り額より上回っていたというケースはよくあります。

 

そういった場合、下取りをキャンセルして買取店に車を売却したいと考えるのは当然の事です。

 

また親族や友人に、下取りに出すのなら車を売ってほしいと言われる場合もあるでしょう。

 

ディーラーや中古車販売店で既に契約してしまっている場合でも、基本的に下取り車をキャンセルする事は可能です。

 

しかし、キャンセル出来ない場合もあるのか?また中古車販売店の場合はどうなのか?は気になるところです。

 

大手ディーラーならほぼ確実にキャンセルが可能!

すべてのディーラーでキャンセルする事が可能とは言い切れませんが、大手自動車メーカーのディーラーではキャンセル出来る場合がほとんどです。

 

ディーラーで下取りに出す場合は、新車を購入する事が前提になっている場合が多いですよね。

 

ディーラーは新車を購入してもらう事が本来の目的であって、下取りは新車を購入してもらうための値引きの一環にすぎません。

 

ですから、新車を購入してもらえるのであれば、出来る限りお客様の要望を聞き入れるというスタンスでやっています。

 

下取りよりも買取店の方が高い査定額が付くという事も、ディーラー側は理解しているので、それほど気にする事もなくキャンセルに応じてくれる場合が多いようです。

 

ただ、キャンセルするタイミングや契約を交わしている内容によっては不可能な場合もある事は事実です。

 

下取り車をすでに引き渡していたり、下取り車の価格が新車の購入代金に含まれている場合などは、キャンセルする事が難しくなる場合もあるので、早目にディーラーに相談する事が大切です。

 

中古車販売店などは店側の対応による所が多い

中古車販売店でも、ディーラーと同じく基本的に下取り車をキャンセルする事は可能です。

 

しかしディーラーと少し違うのは、大手の中古車販売店の多くは、キャンセル出来る猶予期間というのを予め設けた上で契約しています。

 

中古車販売店のガリバーでは、キャンセルについての契約は以下のようになっています。

 

キャンセルについての契約 ガリバー

≪出典:ガリバー

 

このように下取り車を引き渡した後の場合は、期間内であれば無償キャンセルが出来ますが、期間を過ぎるとキャンセルが出来ないようになっています。

 

もちろん販売店によって違いはありますが、キャンセル料がかかってくる場合もありますので、キャンセルしたい場合はまず契約書の内容をしっかりと確認し、すぐに販売店に連絡を入れましょう。


契約後の下取り車キャンセルが不可能なケース

契約後の下取り車キャンセルが不可能なケース

 

ディーラーや中古車販売店で、契約後であっても下取り車をキャンセルする事は可能なケースがほとんどです。

 

しかし先ほどもお伝えしたように、キャンセルするタイミングや契約内容によっては不可能な場合もあります。

 

では、どういった場合にキャンセルする事が出来ないのか?キャンセルが不可能なケースについて詳しく見ていきましょう。

 

既に下取り車を引き渡している場合

キャンセルを申し出たのが下取り車を引き渡してしまっている状態の場合では、既に販売店側で下取り車を売る為の準備を進めている可能性があります。

 

すでにディーラーへの名義変更が終わっていたり、オークションへの出品準備も進めている場合もあります。

 

下取り車を売る為に、時間的・金銭的に販売店側にコストがかかっている事も考えられ、場合によっては販売店側に損害が発生する事になってしまいます。

 

そのため、下取り車を既に引き渡している場合はキャンセルする事が出来ない、またはキャンセル料がかかってくる可能性が高くなります。

 

契約後、かなりの期間が経っている

車を下取りに出した場合、新しい車の納車と同時に下取り車を引き取ってもらうのが一般的です。

 

しかし、人気のある新車などを購入した場合、新車の納車までに期間がかかるケースもあります。

 

そういった場合に、契約してからある程度の期間が過ぎてキャンセルを申し出ても、既に下取り車の売却準備が進められている事も多く、キャンセルする事は無理な場合が多いでしょう。

 

例えば、新車の納車が2ヵ月後になるケースで、契約してから1ヵ月して下取車をキャンセルしたい場合などでは、キャンセル出来ない可能性が高くなります。

 

下取り額に値引きが含まれている

下取りは新しい車の購入と同時に行われるため、新しく購入する車の値引き分が、下取り額に含まれている事も多くあります。

 

販売店側で値引きが出来る金額はだいたい決まっているので、新車で値引きが難しい場合は下取り額を上乗せする形で値引きをしています。

 

例えば下取り査定額が10万円だった場合の販売店側の利益と、下取り車をキャンセルした場合の販売店側の利益は、

下取り額10万円の場合

下取り車をキャンセルした場合

新車の値引き 10万円 10万円
下取り価格 10万円 0円
販売店側の利益 0円 −10万円

となります。

 

このように、下取り車をキャンセルされてしまうと、その下取り価格分が販売店側のマイナスになってしまう事になります。

 

そういった場合はキャンセルする事が難しくなるかもしれません。

 

販売店によっては、交渉して下取り価格分の現金を支払ったり、新車購入の頭金を多く入れる事で、キャンセルを了承してくれる場合もあるようです。

 

下取車に次の買い手がついている

下取り車にすでに買い手が見つかっている状態であれば、キャンセル出来る事はまずないと考えられます。

 

買い手が決まっているという事は、販売店と買い手側の間でもすでに契約書が交わされている可能性もあります。

 

その車を買えないとなると、買い手側からすると、販売店側からの一方的な理由での契約破棄になり、販売店側への信用問題にもつながりますし、場合によっては損害金も発生してしまう事にもなるのです。

 

販売店側にとって、大きなリスクを負う事にもなりかねません。

 

このような理由から、買い手が見つかっている時点でのキャンセルは難しく、もしキャンセル出来たとしてもキャンセル料や違約金が発生する可能性は高いと言えます。

 

車の下取りは基本クーリングオフは適用外

まずクーリングオフとは、

通信販売や訪問販売などにより強引に勧められた商品を仕方なく契約してしまったような場合に一定期間内であれば撤回できるという制度

です。

 

しかし車の売買では、自ら慎重に検討してから取引するのが通常であるため、基本的にクーリングオフは適用外となっています。

 

ですから契約後のキャンセルの場合、契約してすぐの場合や、車や書類を引き渡す前であれば可能なケースも多いですが、契約書を取り交わしている以上、正当な理由がない限りキャンセルはできない(クーリングオフは適用外)という事を、しっかりと覚えておきましょう。


新車、中古車契約後、下取り車キャンセルでトラブルにならない為に!

新車、中古車契約後、下取り車キャンセルでトラブルにならない為に!

 

下取りに出した後で、さまざまな理由からキャンセルしたいと考える事は、誰にでも有り得る事です。

 

しかし、車の売却の際のキャンセルに関して、キャンセル料や違約金などでトラブルになるケースも少なくありません。

 

後で大きなトラブルにならない為には、どのような事に注意すればいいのでしょうか?

 

下取車キャンセルの理由はなんて言うのが良い?

下取車キャンセルの理由はなんて言うのが良い?

 

下取車をキャンセルする時に、ディーラーにどのようにキャンセルする理由を伝えればいいのか?は悩むところです。

 

これからの新車の購入の事などを考えると、その後の営業マンとの関係が悪くなるのでは…と心配になってしまいますよね。

 

下取りをキャンセルする理由としては、

買取店の方が高値で売れるので下取りをやめたい
家族や友人に譲りたい

などが最も多い理由だと思います。

 

ディーラー側の印象としては、「家族や友人に譲る事になった」という理由の方が納得してもらえて、嫌な感じにもならないような気がします。

 

しかし、わざわざ嘘をついてまで理由を作る必要はありません。

 

単純に他で売却したい場合でも、「他の買取店の方が高く買い取ってくれるので下取りをやめたい」というふうに伝えたとしても、納得してもらえます。

 

買取店の方が査定額が高い事はディーラー側も理解していますし、もともと新車を購入してもらう事が目的ですから、それほど気にしないというディーラーの方が多いようです。

 

また、ディーラーによっては「それならこちらでも下取り額をもう一度検討します!」と言って、下取り額を上げてくれる場合もあります。

 

買取店の査定額を提示して下取り額を交渉するというのも、下取り額アップのための一つの方法です。

 

ただキャンセルが遅くなると、ディーラー側も下取り車を売却する準備を進めている可能性が高くなり、キャンセルの手続きなど面倒になってきますので、出来るだけ早く伝えるという事が大切です。

 

キャンセルの理由はあまり難しく考えず、正直に早く伝えれば問題ないでしょう。どうしても気になるという方は、家族や友人に譲るといった理由でキャンセルするといいかもしれませんね。

 

契約後のキャンセルは違約金が発生するケースもあるので注意!

契約後のキャンセルは違約金が発生するケースもあるので注意!

 

下取り車をキャンセルする事は基本的には可能ですが、契約後の場合となるとその契約書の内容や、すでに次の買い手が決まってしまっている場合などは、違約金が発生してしまう事があります。

 

車買取業者との契約解除の違約金について、弁護士ドットコムでの相談内容を一部紹介します。

 

質問

車買取業者との契約解除の違約金 質問

 

回答

車買取業者との契約解除の違約金 回答

≪出典:弁護士ドットコム 消費者被害

 

上記の相談内容に対して弁護士は、契約したのであれば契約書の内容によるとされており、一方的な解約の場合その金額を支払うことが明示されていれば支払う必要があると回答されています。

 

こちらの相談者の契約書には、一方的な解約による違約金の記載があったようです。

 

こちらの相談内容は下取り車のキャンセルではなく、買取業者との売買契約によるものですが、契約書を交わしているという点では同じで、下取り車の場合でも契約書の内容によっては、キャンセルする際に違約金が発生するケースもあります。

 

キャンセル料を取られる様なら料金にも注意!

キャンセル料を取られる様なら料金にも注意!

 

ディーラーや中古車販売店によって、または車を引き渡してからの日数などにより、キャンセル料の有無や金額は違ってきます。

 

下取り査定後に車を引き渡し、販売店側が下取り車を売却するまでにかかった費用を、キャンセル料として請求されるというのが一般的です。

 

販売店側が下取り車を売却するまでにかかる費用とは?

 

下取り車を査定してから、オークションへの出品や買い手が見つかるまでに、販売店側にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

査定や車の引き取りにかかる人件費
名義変更などの手続き費用
車両の保管にかかる費用
陸送費
車内清掃にかかる費用(外注依頼費)

 

販売店によってかかる費用も異なりますが、車売却までにかかる費用はおよそ数万円程度と言われています。

 

高額なキャンセル料は支払いを拒否できる?

 

上記の事から、キャンセル料としては数万円程度が相場という事になります。

 

しかし販売店によって、この相場よりあきらかに高額なキャンセル料を請求してくる場合もあるので注意が必要です!

 

消費者契約法の第9条では以下のように定められています。

 

消費者契約法の第9条

≪出典:WIKIBOOKS

 

つまり、販売店側に発生する平均的な損害額を超える額については無効となり、その支払いを拒否できる可能性があるという事です。

 

ですから、もし高額なキャンセル料を請求された場合は、実際にかかった人件費や手続き費用を、明確に提示してもらうようにしましょう。

 

ただキャンセル料についてもほとんどの場合、契約時に交わす契約書に明記されています。

 

契約を交わしている以上、契約書に書かれたことがあくまで優先になります。

 

契約の際はその契約書の内容をきちんと把握し、不明な点や納得できない内容が記載されている場合は、契約前にしっかりと確認しておく事が重要です。

 

今回は車を下取りに出した際の、契約後のキャンセルについて詳しくご紹介させて頂きました。

 

契約をした後でも、基本的に下取り車をキャンセルする事は可能ですが、車を引き渡してからの日数やタイミングによってはキャンセル出来ない場合もあります。

 

また、契約書の内容によってはキャンセル出来なかったり、違約金が発生するケースもあり、車の売買において契約書は最も重要であるという事がおわかり頂けたかと思います。

 

下取り車のキャンセルを検討されている方は、まずは契約書の内容を確認し、出来る限り早くディーラーや販売店に連絡する事が大切です。