下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

下取り価格の高い車ランキング!リセールバリューの高い車は?

下取り価格の高い車ランキング!リセールバリューの高い車は?

 

車の買い替えをする上で、次の車選びはとっても悩むところですよね。

 

車選びは人によって様々ですが、年数がたっても下取り価格が高い車を選ぶと、次に買い替える際の負担が少なくてお得です。

 

そのため、購入する車選びをしている人の中には、以下の様な事を考えている人が多いようです。

 

「5年後に下取り価格が高い車を知りたいな・・・」
「リセールバリューが高い車って何があるかな?」
「外車(輸入車)でリセールバリューが高い車はなんだろう」

 

このような方のために、当記事では国産車・外車別に、下取り価格(リセールバリュー)が高い車をランキング形式でまとめました。

 

タイプ別(SUV、ミニバン、軽自動車、コンパクトカー、スポーツカー)のリセールバリューが高い車も紹介しています。

 

次に購入する車選びの参考に是非活用してください。

 


下取り価格に影響するリセールバリューとは?

下取り価格に影響するリセールバリューとは?

 

車を購入する時には、次に車を買い替える時の事なんて考えないという人も多いでしょう。

 

しかし、出来る限り車にかかる費用を抑えたい、お得な車の買い替えをしたいという人は、リセールバリューを考えた上で車を選ぶ事が大切です。

 

そんな車選びの際に大切なリセールバリューについて、詳しく説明させて頂きます。

 

リセールバリューとは?

リセールバリューとは?

 

リセールバリューという言葉を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。

 

リセールバリューとは、「リセール⇒再び売る」「バリュー⇒価値」という意味で、一度購入したものを販売する際の再販価値の事を言います。

 

リセールバリューとは

≪出典:Wikiペディア

 

3年後に車を手放す場合に、その車が新車価格の40%〜60%程度で売却できる価値があるだろうという予想です。

 

リセールバリューの違いによる車売却時の価格

 

新車購入価格 リセールバリューが40%の車 リセールバリューが50%の車 リセールバリューが60%の車
200万円 80万円 100万円 120万円
300万円 120万円 150万円 180万円

 

上記の表のように、リセールバリューの違いによって、車売却の際の価格に大きく差が出てきます。

 

リセールバリュー40%〜60%が一般的とされていますので、40%以下だとリセールバリューが低い車、60%以上だとリセールバリューが高い車と言えます。

 

リセールバリューが高い車の特徴

リセールバリューが高い車の特徴

 

車を短いスパンで買い替える人にとっては、特に重要なポイントであるリセールバリュー。

 

リセールバリューが高い車はどのように選べばいいのか?リセールバリューの高い車の特徴について、分かりやすく表にまとめてみました。

 

リセールバリューが高い車の特徴と理由

 

特徴

理由

海外で需要のある車

日本車は性能も良く壊れにくい事から、海外での評価が高く人気があります。
日本では値段が付かない車でも高い値段が付く場合もあるほどです。

モデルチェンジしたばかりの車種

モデルチェンジしたての車種は、性能や装備・外装なども改善されている事と、当分モデルチェンジが無いためリセールバリューが高くなる傾向にあります。
特に、注目度が高いモデルだと更にリセールバリューは高くなります。

ロングセラーモデルの車種

昔からずっと生産されているという事は、それだけ人気が続いているからと言えます。
そのため、ロングセラーモデルの車種は価格が落ちにくくなっています。

家族需要のある車 ファミリー向けのミニバンなど、内装や装備が充実している事から中古車でも購入する人が多く、中古車の値段も下がりにくくなっています。
生産数の少ない希少車

人気があるにも関わらず生産数の少ない車種はリセールバリューが高くなります。
古い車種でも数が少ない物や、限定モデルなどは高値が付きやすくなっています。

軽自動車 軽自動車は車体価格の安さと燃費の良さ、更に最近では内装・装備も優れていてる物が多く、中古車でも人気があります。
ボディーカラーが白・黒・シルバー 白・黒・シルバーの3色のボディーカラーは、車種や年式に関係なく人気があり、派手なボディーカラーに比べてリセールバリューは高めです。

 

上記の表を見ると、リセールバリューの高い車の特徴が、何となくお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

人気のある車は中古車でもすぐに売れるので、在庫を抱えるリスクも少なく、しっかりと利益を得る事が出来るので高く買い取れるという訳です。

 

つまりリセールバリューが高い車というのは、中古車で需要がある車という事ですね。

 

リセールバリューが低い車の特徴

リセールバリューが低い車の特徴

 

もうお分かりかと思いますが、リセールバリューの低い車は中古車での需要が少ない車です。

 

人気の無い車は、長期在庫になるというリスクもあり、売れなければ買取業者の損失も大きくなる可能性もあるため、買取価格はどうしても低くなってしまいます。

 

では、リセールバリューの低い車の特徴について見てみましょう。

 

リセールバリューが低い車の特徴と理由

 

特徴

理由

大量生産された車種 新車の時には人気があり、大量生産された車種の型落ちモデルだと、在庫が余ってしまうため、リセールバリューが低くなってしまう傾向にあります。
モデルチェンジで古いタイプになった車

モデルチェンジした車種が人気が出るのと同時に、タイプが古くなった車は人気が落ちていきます。
新車でも価格が下がる事が多いため、下取り価格も下がる傾向にあります。

輸入車 輸入車は日本車に比べて基本的に信頼性も低く、部品の入手が困難・修理代金が高くつくなどの理由から、リセールバリューは低い傾向にあります。
知名度が低い車種 知名度が低いという事は、その車を欲しがる人も少ないという事なので、買取価格も低くなってしまいます。
修復歴のある車 事故などで修復歴のある車は、当然下取り価格が低くなってしまいます。
派手なボディーカラー 人気のボディーカラーが白・黒・シルバーなので、派手なボディーカラーは中古車でも一般的に人気が低い傾向にあります。

 

上記の表のような特徴がある車は、リセールバリューが低くなる可能性がありますので、車を購入する際はこういった事も頭に入れて選ぶようにしましょう。


リセールバリューが高い国産車ランキング

リセールバリューが高い国産車ランキング

 

車の買い替えの際に、リセールバリューの高い車を購入すれば、また次の車の買い替えの時の購入資金に充てる事が出来ます。

 

トータル的に車にかかる費用も抑える事が出来るので、車を購入する際は下取り価格ができるだけ高い車を選びたいものです。

 

まずは、リセールバリューが高い国産車について、車情報サイトのデータを参考にランキング形式でまとめてみました。

 

1位:トヨタヴェルファイア2.5 ZGエディション

トヨタヴェルファイア2.5Z

≪出典:TOYOTA

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 79.7%
リセールバリューが高い理由

中古車市場でも圧倒的な人気があり、新車価格が300万円超と高い事もあり、中古で購入しようとする人も多く、リセールバリューは安定している。
また国内だけでなく、海外でも需要があるというのも、リセールバリューが高い理由。

車の特徴

・アルファードの兄弟車となるフラッグシップミニバンの2代目。
・「大胆・不敵」をテーマに掲げたエクステリアデザインが特徴で、縦幅の広いメッキバーのフロントグリルに二段ヘッドランプを組み合わされ、押し出し感のあるフロントフェイスとなっている。
・シートスライド量最大1160mmを実現した助手席スーパーロングスライドシートの採用により、シートアレンジも多彩。
・車内の広さや快適さ、内装や外装の高級感などでも人気の高い車種。

 

2位:トヨタエスティマ2.4 アエラス

トヨタエスティマ2.4 アエラス

≪出典:TOYOTA

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 77.3%
リセールバリューが高い理由

・中古車市場でアルファード・ヴェルファイアに次いで、他のミニバンを寄せ付けない強さがある。
・エスティマは10年以上も販売されているモデルだけあって、中古車の流通が豊富であり、値落ちしない事がリセールバリューの高い理由。

車の特徴

・ハコ型のミニバンが主流となるなか、“天才タマゴ”という初代モデルから引き継いだワンモーションフォルムを守り通し、独特の存在感を発揮し続けているミニバン。
・衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」が標準装備されている。
・両側電動スライドドアも装備し、快適装備が充実している。

 

3位:トヨタ ヴォクシー2.0 ZS

トヨタ ヴォクシー2.0 ZS

≪出典:TOYOTA

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 74.5%
リセールバリューが高い理由

・ファミリーカーとしても人気が高く、幅広い年齢層に需要がある
・ホワイトやブラックなどの人気カラーは更にリセールバリューの高さが期待できる。

車の特徴

・広々とした空間が魅力的な次世代スペースミニバン。
・超ロングスライドのキャプテンシートやバックでも180°まで見えるカラーバックガイドモニターを搭載。
・低床フラットフロアの革新パッケージや、力強い印象を与えるデザインを採用しているためトップクラスのかっこ良さを実現。
・外観や内装もかっこ良く、特にファミリー層に絶大な人気を誇るミニバン。

 

4位:ホンダヴェゼル ハイブリッドX

ホンダヴェゼル ハイブリッドX

≪出典:HONDA

 

残価率 73.7%
リセールバリューが高い理由

・SUVなのにコンパクトで乗りやすく、燃費も良い事から中古車市場でも人気が高い。
・人気のハイブリッドカーは高値で買い取ってもらえる傾向がある。

車の特徴

・ミニバンの使いやすさとクーペのパーソナル感にSUVの力強さと安心感を融合したクロスオーバーSUV。
・安全運転支援システムであるホンダセンシング搭載。
・後部座席はコンパクトクロスオーバーSUVながら、ミニバンと同等のゆとりと快適性を実現し、座面の高さも、さまざまな体格の方が乗り降りしやすい位置に設定されている。
・世界中で大人気の都市型SUVに、 コンパクトでミニバン並みに使い勝手のよい実用性を上手にプラスした人気車種。

 

5位:スバルフォレスター2.0 XT

スバルフォレスター2.0 XT

≪出典:価格.com

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 73.5%
リセールバリューが高い理由

・フォレスターは海外でも人気が高いため、中古車相場は値上がり傾向にある。
年式が古くても人気が衰えないのがリセールバリューが高い理由でもある。

車の特徴

・SUV車の中では全高が低く安定した走りと、ステーションワゴンのようなスタイリッシュなフォルムが人気。
・エンジンは、高い環境性能とスポーティーな走行性能を両立し、燃費性能と滑らかな加速を実現。
・クルーズコントロールは速度を設定でき、自動的にキープするので低燃費走行にも貢献します。
・自動ブレーキや、渋滞時など先行車に合わせて減速や発進などを追従する事が出来る「アイサイト」を搭載。

≪参考元:ベストカーWebMOTA

 

※上記で記載している残価率は、車情報サイトのデータを参考に2018年式の車の残価率を表しています。

 

年式によっても残価率は変わってきますし、中古車市場の価格相場にも変動がありますので、上記のランキングも変わってくる場合もあります。


リセールバリューが高い外車ランキング

リセールバリューが高い外車ランキング

 

外車は国産車に比べて値落ちが激しいものもあり、国産車を購入する時よりもリセールバリューを考えて選ぶ人も多いようです。

 

外車は価格の高いものが多いため、次の車の買い替えの事を考えると、リセールバリューが高い車を選ぶ事も重要なポイントではないでしょうか。

 

値落ちのしない外車はあるのか?中古車市場で人気のある外車はどれか?

 

続いては、リセールバリューが高い外車のランキングを見てみましょう。

 

1位:ボルボ XC60

ボルボXC60

≪出典:VOLVO

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 83.5%
リセールバリューが高い理由

10年落ちでも査定評価がつくほど、中高年を中心に人気が高い。
・ボルボの中でもXC60は特に人気が高く、高額買取が期待できる。

車の特徴

・日本で始めて完全自動停止ブレーキが採用され、従来から高い評価を受けていたボルボの安全性をさらに向上させた。
・最新テクノロジーを搭載し、パワフルでコンパクトな動きを実現したボルボ初のコンパクトプレミアムSUV。
・ボルボXC60は、2017年日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。

 

2位:メルセデスベンツ Cクラス

メルセデスベンツ Cクラス

≪出典:ヤナセ公式

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 72.7%
リセールバリューが高い理由

・ドイツ御三家とも呼ばれるプレミアムブランドで新車・中古車ともに高い人気を維持していて高額買取が期待できる。
・ブランド力だけでなく、性能にも信頼があり、中古でも乗りたいという人が多い。

車の特徴

・歩行者の飛び出し検知機能を加えた自動ブレーキや、渋滞追従機能付きのクルーズコントロールなど先進安全運転支援デバイスが充実している。
・輸入車の中でも比較的取り回しがよく(小回りがきく)ボディの大きさから受けるイメージよりも運転がしやすい。
・エアスプリングと電子制御ダンパーを組み合わせることによって、上質でしなやかな乗り心地を実現。
・手元のスペアリングでディスプレイ操作が出来るので、視線の移動が少なく安全で疲れにくい設計。

 

3位:BMW X1xドライブ

BMW  X1xドライブ

≪出典:BMW

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率 72.7%
リセールバリューが高い理由 ・人気の高いコンパクトSUVで、BMWの中でも最も高い人気がある。
車の特徴

・最先端の排出ガス処理技術によって、環境に優しい走りを実現。
・ガソリン・エンジンと比べて約34%の低燃費で、一度の給油で驚くほどの距離を走ることができるディーゼル・エンジンを搭載。
・前車接近警告機能 、衝突回避、被害軽減ブレーキなど安全機能が充実している。

 

ポルシェ911

ポルシェ911

≪出典:ポルシェ公式

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率
リセールバリューが高い理由

・スポーツカーブランドの中でも圧倒的な知名度と人気があり、リセールバリューが下がりにくい。
・特に911は人気が高く、中古車でも需要が高い。

車の特徴

・エンジンを車の一番後部に配置して後輪駆動を行うRR方式により、パワフルで速い走行が可能なスポーツカー。
・丸いヘッドライトと屋根から車体後部まで滑らかにつながるハッチバッククーペスタイル。
・豪華で高級感あふれる内装で、自分の好みでカスタマイズできるのも大きな魅力。

 

ジープ ラングラーアンリミテッド

ジープ ラングラーアンリミテッド

≪出典:Jeep

 

リセールバリューが高い理由と特徴

 

残価率
リセールバリューが高い理由

・本格SUVモデルを販売するジープはリセールバリューが落ちにくいブランドとして認知されています。
・本格的なアウトドアを楽しむ人からカジュアルに乗りたい層まで人気。
・特長的なデザインと存在感が印象に残りやすく、自動車に詳しくない人にも認知されやすいというのも一つの理由。

車の特徴

・多彩なセーフティ&セキュリティシステムを搭載し、高張力スチール製の強固なボディで安全性能に優れている。
・上質なデザイン、便利な機能、多彩な先進テクノロジーでモダンに仕上げたインテリアに、ダッシュボードとフロアの遮音部に消音材を追加し最も静かな室内空間を実現。
・簡単に脱着が可能なフリーダムトップ3ピース モジュラーハードトップで圧倒的な開放感が味わえる。

≪参考元:ベストカーWebMOTA

 

※こちらも、上記の車情報サイトを参考に、2018年式の車の残価率でランキング付けさせて頂きましたが、外車の残価率に関してデータが少なかったので上位3位までしか記載できませんでした。

 

なので、はっきりとした残価率が記載できませんでしたが、リセールバリューが高い外車として有名な、ポルシェ911とジープ ラングラーアンリミテッドをご紹介させて頂きました。


タイプ別のリセールバリューが高い車

タイプ別のリセールバリューが高い車

 

車を選ぶ際には、メーカーや車種以外にも車のボディタイプの種類で選ぶという人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん好みもありますが、家族の人数や使用目的に合わせて選ぶ必要もあります。

 

そこで次は、ボディタイプ別に分けて、リセールバリューの高い車を紹介していきたいと思います。

 

SUV

SUVタイプの車種は、外見の格好良さと実用性にも優れているため、幅広い年齢層に人気があり値落ちしにくいと言われています。

 

特に、本格的に悪路を走ることを考慮して設計されたクロスカントリー系SUVが人気が高く、リセールバリューが高い傾向にあります。

 

トヨタ ランドクルーザープラド

 

トヨタランドクルーザープラド

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 353万円〜536万円
中古車価格帯 169万円〜638万円
リセールバリューが高い理由

・国内のみならず海外でも高い評価を得ている。
・走行性能の高さ、壊れにくさ、修理のしやすさなどが人気の理由。

 

スバル フォレスター

 

スバル フォレスター

≪出典:SUBARU

新車価格帯 280万円〜309万円
中古車価格帯 268万円〜379万円
リセールバリューが高い理由

・優れた走破性と実用性を兼ね備えた本格SUVとして人気が高く需要が安定している。
・特にボディーカラーの白と黒はリセールバリューが高くなる傾向にある。

 

マツダ CX-5

 

マツダCX-5

≪出典:MAZDA

新車価格帯 257万円〜388万円
中古車価格帯 199万円〜410万円
リセールバリューが高い理由

・スペックの高い走行性能に加え、安全で信頼のある走りを実現するための機能や装備が充実していて、中古車市場でも非常に人気が高い。
・2WDよりも4WDの方が人気が高くリセールバリューも高めである。

 

ミニバン

大勢で乗れて荷物を運ぶときにも便利なミニバンは、ファミリー層に人気があり中古車でも需要があります。

 

特に、両側にスライドドアを備え付けているミニバンは人気が高いようです。

 

トヨタ ノアSi

 

トヨタ ノアSi

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 250万円〜325万円
中古車価格帯 4万円〜391万円
リセールバリューが高い理由

・年代が比較的高めの層に人気だが、ファミリー層が好むオプションも高評価。
・海外でも需要があり、ガソリン車の方が高い値段が付く傾向にある。

 

日産 セレナ

 

日産 セレナ

≪出典:NISSAN

新車価格帯 216万円〜353万円
中古車価格帯 9万円〜258万円
リセールバリューが高い理由

・多彩なシートアレンジや、ハンズフリーオートスライドドアの装備など、ファミリーカーとして人気。
・充実した運転支援装備、抜群に高い居住性、日常で使いやすい利便性を備えたミドルサイズのミニバンは中古車市場でも人気が高い。

 

トヨタ シエンタ

 

トヨタ シエンタ

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 177万円〜231万円
中古車価格帯 79万円〜279万円
リセールバリューが高い理由

・トヨタ最小のコンパクトクラスにも関わらず7人もの乗車が可能で、女性やシニア層を中心に大人気の車種。
・スライドドアや荷室が広く使えるなどの利便性もあり、ファミリーカーとしても中古車で需要がある。

 

軽自動車

軽自動車は国内の新車販売台数の約4割を占めていて、国内での需要が高い事が分かります。

 

軽自動車の中でも、燃費が良く車内空間が広いトールワゴンは人気があり、中古車でも安定した需要があります。

 

また趣味性の高いモデルも、値下がりしないと言われています。

 

スズキ ジムニー

 

スズキ ジムニー

≪出典:SUZUKI

新車価格帯 145万円〜184万円
中古車価格帯 149万円〜298万円
リセールバリューが高い理由

・趣味性が高く競合車種も少ないためリセールバリューも高くなる。
・デルチェンジのサイクルが長く、モデルチェンジをしてもイメージが大きく変わらない車として定着している。

 

ホンダ N-BOX

 

ホンダ N-BOX

≪出典:HONDA

新車価格帯 138万円〜197万円
中古車価格帯 82万円〜198万円
リセールバリューが高い理由

・軽自動車市場で大人気のN-BOXは、新車だけでなく中古車も非常に良く売れている。
・軽乗用車で最大の室内空間と荷室容量の広さが、幅広い年齢層に安定の人気。

 

スズキ スペーシア

 

スズキ スペーシア

≪出典:SUZUKI

新車価格帯 126万円〜162万円
中古車価格帯 19万円〜182万円
リセールバリューが高い理由 ・広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴンは中古車でも人気が高く、スペーシアは特にファミリー層やシニア層に強い人気がある。

 

コンパクトカー

コンパクトカーは日常の足としての使いやすさと、乗りやすさから中古車でも購入する人が多くいます。

 

中でも、ハイブリットカーや装備が充実しているグレードのものは、リセールバリューが良い傾向にあります。

 

トヨタ プリウス

 

トヨタ プリウス

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 251万円〜347万円
中古車価格帯 4万円〜540万円
リセールバリューが高い理由

・巷で人気のハイブリッドカーは高値で買い取ってもらえる傾向がある。
・燃費の良さ、装備の充実度といった理由から、中古車市場でも人気が高い。

 

ホンダ フィット

 

ホンダ フィット

≪出典:HONDA

新車価格帯 142万円〜208万円
中古車価格帯 39万円〜238万円
リセールバリューが高い理由

・セカンドカーや日常の足として中古車で購入する人が多い。
・中でも装備が充実しているグレードは特にリセールバリューが良く、高値がつく傾向がある。

 

トヨタ アクア

 

trade-in-priced-car-ranking

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 178万円〜253万円
中古車価格帯 24万円〜249万円
リセールバリューが高い理由

・コンパクトクラスのハイブリッドカーとして、新車・中古車ともに安定した人気がある。
・扱いやすいサイズ感と低燃費で男女問わず人気が高い。

 

スポーツカー

性能が良く美しいデザインのスポーツカーは、国内外に多数の愛好家がいます。

 

特に国産のスポーツカーは海外で人気が高く、過走行の車でも高値が付く場合もあります。

 

また、生産台数の少ない希少車種のスポーツカーだと、新車よりも高い値段で取引される場合もあるほどです。

 

トヨタ 86

 

トヨタ 86

≪出典:TOYOTA

新車価格帯 262万円〜342万円
中古車価格帯 48万円〜1000万円
リセールバリューが高い理由

・新車、中古車ともに安定した人気があり、供給も需要も一定数あってバランスがとれているため、リセールバリューが低くなりにくい。
・AT車とMT車では、MT車の方がリセールバリューが高い傾向にある。

 

マツダ ロードスター

 

マツダ ロードスター

≪出典:MAZDA

新車価格帯 193万円〜269万円
中古車価格帯 5万円〜318万円
リセールバリューが高い理由 ・中古車市場における流通台数が限られているため、中古車として希少性がある。

 

日産 GT-R プレミアムエディション

 

日産 GT-Rプレミアムエディション

≪出典:NISSAN

新車価格帯 1063万円〜1870万円
中古車価格帯 188万円〜1855万円
リセールバリューが高い理由

・日本製のスポーツカーの中でも海外での評価が高く人気がある。
・新車価格は高額だが、中古車でも高額での買取が期待できる。

 

車を選ぶ時は、価格や乗りやすさ、メーカーや車種など、人によって選ぶ基準は色々あると思いますが、次に買い替える際の負担を減らす為にも、リセールバリュについて考える事も大切です。

 

中古車市場では、年式が古かったり走行距離が多いものでも、驚くほどの値段が付く事もあります。

 

リセールバリューの高い車を選ぶ事で、車にかかる費用を大幅に抑える事も出来るのです。

 

短いスパンで車の買い替えをお考えの方は特に、こういったリセールバリューの高い車を選ぶのが得策です。

 

お得な車の買い替えが出来るよう、是非今回の記事を参考にして頂ければと思います。