下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車の下取り査定、傷やへこみの影響と処置方法について!

車の下取り査定、傷やへこみの影響と処置方法について!

 

初めて車を下取りに出す際には、どのような部分が査定のポイントになるかは気になるところです。

 

どうせ車を手放すなら出来るだけ価値が高い状態で売りたいと思うのが一般的な考え方です。

 

特に車に傷やへこみがある場合、「査定に影響するなら直しておきたい」と考える人も多いのではないでしょうか?そこで当記事では車の傷やへこみについての査定への影響について詳しく解説させていただきます。

 

「車を下取りに出したいんだけど傷って直す方がいいの?」
「車にへこみがある場合どれぐらい査定に影響するの?」
「お金をかけてでも傷を治した方が高額査定になる?」
「自分で傷を治したことがないんだけど下取り前は直す方がいい?」

 

実際に上記のような悩みを持つ人が多いようなので、もしあなたも同じような不安を抱えているなら、是非最後までご覧頂くと解決するのではないかと思います。

 

 

※自分で傷を治したい場合にはこちらも参考に♪

自分でできる車の傷の修理方法!【※部位や傷別の補修動画付き】

自分でできる車の傷の修理方法!【※部位や傷別の補修動画付き】

【※修理方法の動画付き!】車の傷は小さいものであれば自分で修理(DIY補修)することができます。当記事では傷の部位(バンパー、ボディ、ドア、マフラー、アルミホイール)や傷(ひっかき傷、こすり傷)別に自分で修理する方法を分かりやすい動画で紹介しています。

 

自分でできる車のへこみの修理方法!【※凹みを直す5つの方法】

自分でできる車のへこみの修理方法!【※凹みを直す5つの方法】

【※修理方法の動画付き!】車の凹み(へこみ)は自分で修理(DIY補修)することができます。当記事ではバンパーやボディ、ドアなどのへこみを自分で直す5つの方法を動画で紹介しています。

 

車の傷の修理費用と期間はどのくらい!?【※修理代が安い業者は?】

車の傷の修理費用と期間はどのくらい!?【※修理代が安い業者は?】

【※傷の修理を業者に依頼したい方必見!】車の傷を業者に依頼した際の修理費用は、傷の部位や大きさによって変わってきます。当記事では傷の部位(ドア、ホイール、バンパー、フロントガラス、ボンネット、サイドミラー)や傷の種類(すり傷、線の傷)や大きさによる修理費用と期間の目安を紹介しています。


車の下取りに傷やへこみは影響するの?

車の下取りに傷やへこみは影響するの?

 

査定する時は担当者がバインダーなどを片手に色々チェックしますが『どの辺を見て金額を決めているの?』と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

基本的にボディ部分の査定でみられるポイントとしては、

ボディの傷
ボディのへこみ
アンテナの状態
ボディカラー
汚れ
ランプ関係
ナンバープレート
エアロパーツ
前後左右のガラス
ボンネット
天井
ドア、ウインドウ

 

上記のような箇所を細かく見ており、傷やヘコミも他の部位の同じく慎重に見ていると言われています。

 

へこみは見た目にはわかりますし、マイナスポイントになりやすいですが、傷の場合はその度合いによってもマイナスになるか?ならないか?は中々判断がつかないのではないでしょうか。

 

傷やヘコミの査定額への影響

傷やヘコミがない車とある車、当然ですが査定額に影響は出てきます。ただし、問題なのは傷やヘコミの大きさや状態です。

 

例えば、買いたいと思っている同じ車が目の前に2台並んでいたとして、1台はパッと見ただけでは分からない傷、もう1台はすぐ分かる大きな傷だったらあなたはどちらを購入しますか?

 

当然ですが、パッと見ただけでは分からない傷の方だと思います。

 

車を下取りするディーラーや業者は、下取り後に中古車として再販することも視野に入れています。

 

需要の高い車なら査定額も高く、傷やヘコミが目立ち安くしないといけない車なら下取り査定額を安易に引き上げることは避けるでしょう。

 

そこで知りたいのが何を基準として査定額が決まるのかです。ここをある程度分かっていれば自分の愛車をどうするべきかが自然と分かってくると思います。

 

傷やヘコミの大きさによる減額の目安

傷やヘコミの大きさによる減額の目安

 

JAAI(日本自動車査定協会)には、査定時に使われる中古車査定基準及び細則というものがあり、その基準をもとに各販売店が加点減点を決めています。

 

まず初めに比較的浅い傷を傷直し(塗装)した場合の基準は、

JAAI 中古車査定基準及び細則

≪出典:日本自動車査定協会
※カードサイズは縦5p、横9p程度を目安にしてください。
※Aサイズは縦30p、横21p程度を目安にしてください。

 

このように基本的には赤枠の中にある3つが基準となり、この基準は傷とヘコミ両方に適用されていますが、ヘコミ修理(板金+塗装)の場合は大の基準内容に若干の違いがあります。

JAAI 中古車査定基準及び細則2

≪出典:日本自動車査定協会

 

ちなみに複数個所に傷やヘコミが見られる場合は合算され大きな減点になることもあります。

 

次に上記の基準に当てはまった時にどれくらいの減点が課せられるのかというと、

JAAI 中古車査定基準及び細則3

※ラジエータコアサポートとピラーは対象外です。

JAAI 中古車査定基準及び細則4

≪出典:日本自動車査定協会

 

このようになります。塗装のみに比べて、ヘコミ修理(板金+塗装)は基準がほぼ同じでも減点数は大きくなっているのが分かると思います。

 

点数だと分かりずらいので上記画像のボンネット、乗用車のルーフ、ボディサイドシルを実際に『1=1,000円』で計算してみてましょう。

 

部位名
ボンネット塗装のみ 20,000円 30,000円
ボンネット板金(塗装も含む) 30,000円 50,000円
乗用車ルーフ塗装のみ 20,000円 40,000円
乗用車ルーフ板金(塗装も含む) 50,000円 80,000円
ボディサイドシル塗装のみ 10,000円 15,000円
ボディサイドシル板金(塗装も含む) 30,000円 50,000円

※実際の査定額とは異なる場合があります。

 

いかがでしょうか?意外と見過ごすことのできない金額だとおもいませんか?

 

更に損傷が酷く交換(塗装を含む)になったら、画像の右を見てもらえばわかるように減点は65〜180に大幅アップしてしまいます。

 

減点の金額は業者によって異なる!

 

今回は減点1=1,000円としていますが、これはあくまで目安的な金額であり、ディーラーや業者によって内容は異なってきます。

 

したがってある程度減点数を予測できたとしても、提示された下取り額が予想より低いというケースも念頭に置いておかないといけません。

 

一番良いのは、見積もりをもらって考える時間をもらうこと、もしくは比較対象があれば他の見積もりと比較してみることです。

 

傷やヘコミで減点にならないケースってある?

 

前項の画像を見るとカードサイズ未満(1p以上カードサイズ未満)が最小サイズです。ここで一つ『1p未満はどうなるの?』という疑問が浮かびませんか?

 

もう気が付いたかもしれませんが、1p未満の傷やヘコミは原則無減点となっています。

 

ですから、パッと見て分からないような小さな傷はさほど気にしなくても良いということになります。

 

傷やへこみが直っても修復歴ありだと大幅に減額!

 

車を査定する際、査定士は修復歴があるかどうかも同時に確認します。

 

もし、大きな事故を巻き込まれて見た目をキレイに修理できたとしても骨格部分の損傷があったり、交換した形跡が見られれば『修復歴アリ』と判断され減額幅が大きくなります。

 

ちなみに骨格部分とは、

車の骨格を形成する部位

フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ダッシュパネル、ピラー、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエーターコアサポート(交換時のみ)

 

この9部位です。正常な走行や安全性を維持する上で非常に大切な部位ですから、万が一骨格部分の修復を行った時は、たとえ外見がキレイに修理されていたとしても査定士へ正直に申し出るようにしてください。

 


下取り前に傷やヘコミは修理すべき?

下取り前に傷やヘコミは修理すべき?

 

高額査定を狙うなら、傷やヘコミは完全に修理してキレイな状態にした方が有利だと思います。

 

しかし、安易な修理は逆に下取り額を下げる結果を招く可能性があるので注意が必要です。

 

業者に修理依頼しても損する?

業者に修理依頼しても損する?

 

先ほど申し上げましたが、下取り査定に出す前に傷やへこみをあらかじめ直しておく事は高額な査定や見積もりをもらえる可能性を高めます。

 

しかし、業者に依頼してまで傷やへこみを直すと、”査定額の上乗せよりも修理代金が多くかかる”事がよくあります。

 

先ほどの画像で説明すれば、ボンネット塗装(小)は20点なので20,000円(1ポイントを1,000円とした場合)ですよね。

 

修理して20,000円以内で収まると修理した方がお得ですが、30,000円もかかる修理になれば結局10,000円の損をしてしまうことになるのです。

 

参考までにカーコンビニ倶楽部でボンネット小に当たる傷の概算修理費用をシミュレーションしてみたら、以下のように減点(金額)よりも高い見積もりになってしまいました。

 

部位名 傷の大きさ 概算修理費用
ボンネット(黒) ボンネット(黒)線傷(10p〜20pくらい) 32,000〜50,000円

※実際の見積もりとは異なる場合があります。

 

こうなってくると、せっかく傷やへこみを直しても修理代と業者へ依頼する時間がかなり無駄ですよね。

 

修理代の方が高くなる場合は、修理業者に傷やへこみの修理を依頼せず、そのまま査定に出す方がお得なのではないでしょうか。

 

予め修理費用を調べておくと損しないかも?

 

修理費用は業者ごとに違うので、プロの業者に修理してもらうことが絶対に損するとは言い切れません。

 

もし、自宅から近い場所に修理屋さんがあったり、知人が修理屋さんを営んでいるのであれば「下取りに出す予定なんだけど、査定に響くような傷だけ直すのにどれぐらいの金額かかりますか?」と一度見積もりだけでもとってもらい、金額を見て修理を検討しても良いかもしれません。

 

自分で修理しても結局減額になる?

もし今までに「小さな傷ならホームセンターやパーツショップなどで修理用品を買ってきて直したことがある」と言うなら、自分で直せそうな傷は直しておく方が良いかと思います。

 

しかし、今まで全く経験がないようなら下手な修理は余計に傷を目立たせてしまう可能性があるのでオススメできません。

 

修理経験者で自分では「完璧にできたから傷が全くわからない」と思っていても、プロの査定士が見ると一目でわかると言う事もあります。

 

特に小さな傷はコンパウンドなどのクリームを塗って傷をわからなくするのですが、天気や光の当たり方で見え方が全く違う場合があり、見方によっては大きく色むらが出来ている場合があるので注意が必要です。

 

下取り前に修理するかの判断

下取りへの気持ちが決まっていると、傷やヘコミの修理費用は勿体ないような気がしますが、修理しなかったことが原因で下取り価格が下がる・・・これもまた困るはずです。

 

では一体どういうところで判断すればよいのかというと、

修理経験があるなら自分で直す
経験がないのならそのままにしておく
大きな傷などがある場合は修理屋さんに相談する

という3つを核に判断すると良いと思います。

 

この3つの判断基準をよく見ると意外にも当たり前のことだと思いませんか?

 

経験がないのに大きな修理をして失敗すれば車の価値を自分で下げてしまう結果を招いてしまいますよね。

 

つまり、腕に自信ありという方なら自分で直すこともありですが、ある程度の知識と技術が身についていないなら安易に修理しない方が良いということです。

 

よく車の傷やへこみに使われる修理用品

よく車の傷やへこみに使われる修理用品

 

前項でご紹介した3つは下取り前の車の傷やへこみに対する最善の方法となります。

 

一応車の傷やへこみを直すのに人気の修理用品もご紹介させていただきますので、もし興味があれば確認してみてくださいね。

 

小さな傷や線傷

 

小さな傷や線傷であれば、カー用品店で購入できるちょっとしたアイテムで修理することができます。

 

例えば、

タッチアップペン

≪出典:soft99
※画像はタッチアップペンです。

 

スプレーペイント
タッチペイント
スマートペン

 

こういったアイテムで価格は500〜1,000円くらい購入可能です。ボディカラーさえ間違わなければ、小さな傷なら簡単に隠すことが出来ます。

 

ただ、スプレーなどは使用した際に小さな気泡ができる場合もありますのでこちらは注意するようにしてくださいね。

 

自分の車のボディカラーの確認方法

基本的に車のボディカラーはエンジンルームか、運転席側のドア辺りにある≪方式表示プレート≫に記載されています。

 

こちらを確認するとほとんどが数字とアルファベットが組み合わされた3ケタ〜4ケタぐらいのカラーネームが書かれていますので、このナンバーを元にホームセンターなどで購入します。

 

ただ、近年の純正ボディカラーは何層にもなっていることが多く、たとえプロが塗装しても完全に同じ状態にするのは難しいと言われています。

 

また、ボディの塗装は年数と共に色あせてきます。キレイに塗っても角度や光の当たり具合で多少違和感を感じるかもしれません。

 

もし、完璧に同じ色を目指すのであれば全塗装がベストですが、これはちょっと現実的ではありませんよね。

 

バンパーなどのすり傷

 

バンパー、ドア、ミラーなどのすり傷なども以下の様なカー用品店の専用アイテムを購入すれば修理可能です。

 

99工房モドシ隊 超鏡面精密研磨セット

≪出典:soft99
※画像は『99工房モドシ隊 超鏡面精密研磨セット』です。

 

コンパウンド細め
ウスヅケパテ
液体コンパウンド

 

コンパウンドは600〜5,000円程度で購入可能、小さな傷であれば、こするだけで驚くほど簡単に傷がなくなりますが、傷の大きさや場所によって使い分けないとムラが出来やすいので注意が必要です。

 

今まで使用した事がないのであれば量や磨き方によっては大きく傷を目立たせることにもなりますので注意して使用して下さいね。

 

ボディのへこみ

 

 

こちらに関しては、ネット上で一時期話題になった方法で、YouTubeなどでもアップされています。

 

一応上記テキストをクリック頂くと実際に車のボディのへこみを直している動画ページに飛びますので興味があれば確認してみて下さい。


下取りの査定額をアップする方法!

下取りの査定額をアップする方法!

 

仮に傷やヘコミをそのままにして査定を受ければ当然減点対象の数だけ査定額は減額されてしまいます。

 

ですが、下取り時に見るのは傷やヘコミだけではありません。全体を見た上での総合評価なので他の部分が減点になれば予想外の金額になることも考えられます。

 

出来る限り減点を減らし下取り査定額をアップさせるにはちょっとした工夫が必要です。

 

車をキレイにするだけでも査定額がアップする?

日本自動車査定協会の公式サイトによると『爪のひっかかない薄いすり傷、タールの付着、水垢』は軽微な減点5です。

 

ですが減点は減点、査定額が低くなることに変わりはありません。

 

しかし、タールや水垢って普段の洗車である程度落とすことができると思いませんか?

 

洗車で傷やヘコミの減点などは減らせませんが、タールや水垢をきれいに落とすだけでも余計な減点を防ぐことは可能です。

 

下取り時の査定は意外なところでも変わる!

傷、ヘコミ等の外見ばかり気にしている人も多いようですが、外見以外のところでも下取り額アップや減額カバーを狙えます。

 

例えば、

車内の臭い
購入前に何度か店舗にいく
純正品は積んでおく
オンシーズンに下取りへ出す
店員に対する接し方

などです。

 

大切なのは『車を大切に乗っていた』、『早く下取りして新しい車を買いたい』という目に見えないアピールをすることです。

 

こういったことを前面に出して交渉に臨めばあなたの前向きな姿勢は必ず担当者に伝わります。もちろん、この他にも様々な方法があります。

 

状況に応じて必要な対応を取っていけば普通の下取り額より査定額がアップしたり、傷やヘコミの減点分を補填できる可能性があるので、ご興味がある方は下記リンクから詳しい交渉術をチェックしてみてください。

 

※下取りの査定額アップについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック♪
車の下取り交渉術!【※素人でも高額査定ゲットする12のコツ!】


傷やヘコミのある車を高く売る方法!

傷やヘコミのある車を高く売る方法!

 

『傷やヘコミをどうにかして高く下取りしてもらいたい・・・』、そんな気持ちは十分理解できます。

 

でも、果たして下取りは車を手放すベストな方法なのでしょうか?

 

もう少し調べてみるともっと簡単に、もっと高い金額で手放すことができるかもしれませんよ。

 

下取りよりも買取の方が高く売れる!

下取りよりも買取の方が高く売れる!

 

下取りは、主にディーラーで新しい車を購入することが前提で行われる行為です。

 

手続きも含め全て代行してくれるので簡単なのが最大のメリットですが、その反面、オプションや人気といった査定額を上げる要素を反映してくれる可能性は低く、下取りのお金はそのお店での車購入資金以外で使うことができないといったデメリットもあります。

 

一方、買取の場合は基本的に下取りより査定額が高くなる傾向があり、中古車市場の相場の影響を受ける為、オプション、人気、車の状態次第では高額買取に発展する可能性も秘めています。

 

もちろん、買取で得たお金の使い道は自由!どんなメーカー車でも得たお金を頭金として使用することができます。

 

傷やヘコミがあっても買取の方がお得?

 

傷やヘコミがあると買取額が低くなるのでは?と不安に思いますよね。確かに大きな傷やヘコミがあればたとえ買取であっても減点される可能性は否定できません。

 

しかし、下取りと買取を比較した場合、傷やヘコミの有無に関係なく、一般的には買取の方が高額査定になると言われているので、まずは買取から検討することをオススメします。

 

買取なら一括査定がおすすめ!

買取なら一括査定がおすすめ!

 

どうせ買取に出すなら、1社のみの査定ではなく、複数社に査定を利用し価格を競合させた上で一番高いところに売却するのがベストではないでしょうか?

 

一社だけだと査定額が妥当なのかどうかもわかりません。しかし、複数の業者から見積もりをもらえば比較して一番高いところを選べるといったメリットがあります。

 

効率よく、そして高額査定を狙うならネットから簡単に申し込める一括査定などを利用する方が絶対オススメです。

 

一括査定の仕組みとは?高額査定が期待できる?

 

全ての査定業者が同じ方法を取っている訳ではありませんが、基本的にはネットや電話で申し込むことから始まります。

 

その後、詳細をネット上に打ち込んだり、実際に車を確認してもらい査定に進んでいきます。

 

査定に参加する買取業者は数百社、多いところで5,000社にも及び、その中から最も高い金額を提示したところに売却できる仕組みになっています。

 

一括査定でオススメの業者はどこ?

 

そんな車買取一括査定の中で特にオススメなのは、最大5,000社以上の公開入札があるユーカーパックです。

 

ユーカーパックは、提携店が800店以上、買取参加店が約8,000社という業界最大級の一括査定業者で、売却手数料も一切取ることはありません。

 

査定も自宅もしくは最寄りのガソリンスタンド(提携業者)でOK、どこにお住まいでも気軽に利用できるのは忙しい人にとって嬉しいところです。

 

利用する際は、

ユーカーパック 査定に必要な書類

≪出典:ユーカーパック

 

上記書類を揃えないといけませんが、見て分かるようにほとんどが車に乗っているものばかり!査定時に特別揃える書類などはありません。

 

また、多くの買取り業者が入札に参加しても連絡を取り合うのはユーカーパック1社だけですから、個人情報漏洩の危険性も低く対応が簡単です。

 

もちろん、業者が多ければその分高額査定が期待できます。下取りや1社による買取を選択するなら一括査定の方が断然オススメです。

 

ユーカーパックの公式サイトはこちら!

 

ユーカーパックの公式サイトはこちら!

 

査定するディーラーの査定士や中古車買い取り専門の査定の場合でも、もちろんその業者によって見るポイントが変わってきます。

 

しかし基本的には「車のキーを挿し損ねた際についた小さな傷まで見られている」と思っておいた方がいいかもしれません。

 

そんな厳しい視線の中、高額査定を求めるのは難しいと思います。だからこそ、多くの業者が競合する一括査定は有効な手段になるのではないでしょうか?

 

※下取りや買取時の詳しい査定ポイントはこちら!
⇒参考記事:「車下取り時のチェック項目は?【※査定額アップの秘訣とポイント!】


※自分で傷を治したい場合にはこちらも参考に♪

自分でできる車の傷の修理方法!【※部位や傷別の補修動画付き】

自分でできる車の傷の修理方法!【※部位や傷別の補修動画付き】

【※修理方法の動画付き!】車の傷は小さいものであれば自分で修理(DIY補修)することができます。当記事では傷の部位(バンパー、ボディ、ドア、マフラー、アルミホイール)や傷(ひっかき傷、こすり傷)別に自分で修理する方法を分かりやすい動画で紹介しています。

 

自分でできる車のへこみの修理方法!【※凹みを直す5つの方法】

自分でできる車のへこみの修理方法!【※凹みを直す5つの方法】

【※修理方法の動画付き!】車の凹み(へこみ)は自分で修理(DIY補修)することができます。当記事ではバンパーやボディ、ドアなどのへこみを自分で直す5つの方法を動画で紹介しています。

 

車の傷の修理費用と期間はどのくらい!?【※修理代が安い業者は?】

車の傷の修理費用と期間はどのくらい!?【※修理代が安い業者は?】

【※傷の修理を業者に依頼したい方必見!】車の傷を業者に依頼した際の修理費用は、傷の部位や大きさによって変わってきます。当記事では傷の部位(ドア、ホイール、バンパー、フロントガラス、ボンネット、サイドミラー)や傷の種類(すり傷、線の傷)や大きさによる修理費用と期間の目安を紹介しています。