下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

オートマオイルの交換まとめ!交換しないと?寿命や料金は?

オートマオイルの交換まとめ!【※交換しないと?寿命や料金は?】

 

車を少しでも長く使っていくためには、定期的なメンテナンスは欠かせません。

 

そのメンテナンスのひとつに「オートマオイルの交換」があります。

 

オートマオイルとは、AT車の潤滑や伝達、作動などに関わるオイルです。

 

なお、オートマオイルの正式名称は「オートマチックトランスミッションフルード」です。

 

アルファベット表記では「Automatic Transmission Fluid」となるので、その頭文字を取ってオートマオイルを「ATF」とすることも多いです。

 

さて、そんなオートマオイルに対しては以下の様な疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「オートマオイルは交換したほうがいいの?交換しないとどうなる?」
「オートマオイルの交換にかかる料金って?」
「オートマオイルの寿命はどれくらい?」

 

そこで今回は、オートマオイルの交換の必要性や寿命、料金などについてまとめていきます。

 

気になった方は、是非このままご覧になってみてくださいね。


オートマオイルの交換に関する知っておきたいポイント!

 

オートマオイルの交換は、やはり必要なのでしょうか?

 

もし交換しないとなると、車にはどういった影響が出るのでしょうか?

 

オートマオイルって交換すべき?交換しないとどうなる?!

ガソリンスタンドなどを利用した際に、「オートマオイルの交換はいかがですか?」といった提案を受けることもありますよね。

 

そんな経験があると、「オートマオイルは定期的に交換するもの」という印象も強いかもしれません。

 

実際のところ、基本的にオートマオイルには定期的な交換が必要です。

 

なぜなら車を長く使用するにつれ、オートマオイルの品質が劣化していくからです。

 

このオートマオイルの交換を行わなかった場合には、以下の様な問題が起こるおそれがあります。

 

  • 車の発進がスムーズにいかなくなる
  • 加速が悪くなってしまう
  • ギアチェンジ時の衝撃が増える
  • 燃費悪化
  • 最悪の場合、走行不能となることがある

 

オートマオイルの寿命!

以前のオートマオイルですと、走行距離2〜3万kmで寿命がくると考えられていました。

 

ただ以前に比べるとさらに車の性能が進化していますから、オートマオイルの寿命も伸びてきています。

 

ちなみにオートマオイルの交換頻度についての考え方は、メーカーごとで違います。

 

トヨタ

 

悪路走行などをしている場合は、10万kmに1回。

 

ホンダ

 

悪路走行などをしている場合は、6万kmに1回。

 

標準的な使い方なら、初回のみ8万km、それ以降は6万kmに1回。

 

日産

 

4万kmに1回。

 

マツダ

 

オートマオイル交換が必要な車種、必要でない車種が存在する。

 

ダイハツ

 

10万kmに1回。

 

スバル

 

4万kmに1回。

 

オートマオイルを交換してから異音がする!なぜ故障してしまったの?

「オートマオイルを交換した後に車からウーンという異音がするようになってしまった」

 

こんな事例もいろいろと報告されています。

 

車のメンテナンスの一環としてオートマオイルを交換したのに、それが故障を招いてしまう原因になるリスクもあるというのは気になりますよね。

 

現にオートマオイルを交換する際にゴミが侵入するなどの問題があると、交換後に異音などの不具合が起きる可能性が出てきてしまいます。

 

こうしたことが起きないように、オートマオイルの交換は信頼できる整備工場やディーラーなどに依頼することが大切です。

 

上記の各自動車メーカーの見解をみると、オートマオイルの交換に積極的ではないような印象を抱かせるメーカーもちらほら見受けられます。

 

やはりオートマオイル交換後の故障というリスクはメーカーとしてはできるだけ負いたくないので、10万kmに1回などの低頻度での交換を推奨していたり、あるいは車種によっては交換不要としていたりするケースもあります。

 

一方、整備する側としては走行距離2〜3万kmに1回というような高頻度での交換を推奨していたりもします。

 

上記にもあったように、2〜3万kmは以前のオートマオイルの寿命ということになっていますが、整備側が考える寿命には変化がないようです。

 

ではなぜそのような高頻度での交換を推奨しているのでしょうか?

 

それは、すでにオートマオイルの劣化が進んだ状態での交換だと、その後の故障リスクが高くなるからです。

 

その場合、オートマオイルの交換を徐々に行っていく方法が適用される場合がありますが、それだと数回分の費用がかかります。

 

どちらの考え方に従うかは人それぞれですが、車のメンテナンスに詳しくなりたいというのであれば、お近くのディーラーなどで相談してみるというのもいいのではないでしょうか。

 

あなたが納得のいくアドバイスを得られるかもしれませんよ。

 

オートマオイル交換にかかる料金

オートマオイルの交換にかかる料金は、そこまで高くありません。

 

工賃込みで6,000〜12,000円程度が相場の目安となります。

 

ただ同じオートマオイルの交換でも、車のタイプによって交換するオイルの量も変わってきます。

 

当然、その量が多い車のほうが料金は高めになります。

 

ちなみに、オートバックスのオートマオイル交換の目安工賃は以下のように設定されています。

 

  • 軽自動車 7,800円(税込)〜
  • 普通車 8,640円(税込)〜

 

さて今回は、オートマオイルの交換について掘り下げた内容をお届けしてきました。

 

ご覧のように、オートマオイル交換への考え方には自動車メーカーと整備側・ディーラー側とで違いがあるようです。

 

「面倒だからなるべく車のメンテナンスはしたくない」というユーザーからは自動車メーカー側の考え方が支持されそうですが、「ひとつの車を長く大切に乗っていきたい」というユーザーにとっては整備側・ディーラー側の考え方も気になるところです。

 

上記でも触れましたが、そういった点についてディーラーなどで実際に話を聞いてみるのもアリなのではないでしょうか?

 

その担当者によっても考え方が微妙に変わってくる可能性もありますし、実際に話を聞いてみることで納得できる部分も新たに出てくるかもしれませんからね。

 

そんな今後のあなたのカーライフに、今回の情報がお役立ていただければ幸いです。