下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

4人家族にオススメのキャンピングカーは?2人、3人なら?

4人家族にオススメのキャンピングカーは?【※2人、3人なら?】

 

一般的な車でも家族の人数やライフスタイルによってオススメな車のタイプは変わってきますが、キャンピングカーでもおなじことがいえます。

 

ただキャンピングカーだと、「とにかくデカい」というイメージが強すぎるあまり「よほどの大人数じゃなければ車のタイプは何でもいいのでは?」と思う場合もあるかもしれません。

 

ですが以下の様に、家族の人数に合わせたキャンピングカー選びについて悩むこともあるものです。

 

「3人家族にオススメなキャンピングカーは?」
「4人家族だと、どんなキャンピングカーがオススメ?」
「夫婦やカップルだけで使うなら、どんなキャンピングカーがいい?」

 

乗員数に応じて適切にキャンピングカーを選べば、購入時の費用を抑えることもできます。

 

そこで今回は、3人家族や4人家族、夫婦やカップルにオススメのキャンピングカーをそれぞれ紹介していきます。


4人家族(3人家族)にオススメのキャンピングカーまとめ!

4人家族(3人家族)にオススメのキャンピングカーまとめ!

 

「子どもたちと一緒にキャンピングカーで旅をしたい」といったときには、どういったキャンピングカーを選べばいいのでしょうか?

 

4人家族(3人家族)にオススメのキャンピングカー

キャブコンバージョン

 

家族4人がゆったりと過ごせるキャンピングカーとなると、やはりそれなりの広さが必要です。

 

そこでオススメなのが「キャブコン」という略称でおなじみのキャブコンバージョンタイプのキャンピングカーです。

 

このキャンピングカーは、小型トラックやロングタイプのキャブオーバーワンボックスカーをベース車としているので広々とした居住空間を確保することができます。

 

キャブコンバージョンの特徴
  • バンクヘッドといわれる運転席側まで張り出した天井部分のスペースは就寝場所となる。
  • 大人でも車内で立てるほど天井高がある。
  • 居住空間には防音性、断熱性があるため快適に過ごすことができる。
  • 居住空間にゆとりがあるため、トイレや電子レンジなど、追加できる設備が多い。
  • 車高が基本2.7m以上と高いので、立体駐車場には入庫不可。
  • 居住性が高い分、機動性にはあまり期待できない。

 

人気車種

日産 バネットトラック
トヨタ ハイエーススーパーロング
トヨタ カムロード

 

車両価格の相場

300万円〜1,000万円程度

 

バンコンバージョン

 

ワンボックスバンをベース車としているのが「バンコン」の略称でおなじみのバンコンバージョンです。

 

バンコンバージョンはキャブコンバージョンに比べサイズ感が小さいため運転への戸惑いも少なく、また見た目はキャブコンバージョンと違って一般車両とほぼ変わらないので、「キャンピングカーの所有者であることをあまりアピールしたくない」という人の多い日本では高い人気を誇ります。

 

ただ、車内空間の広さはキャブコンバージョンには敵わないので、子どもが大きくなると乗り換えるケースも目立ちます。

 

乗り換えとなると新たに費用が発生するので、子どもが大きくなってもキャンピングカーを使いたい場合は最初からキャブコンバージョンを選んだほうが費用を抑えられます。

 

バンコンバージョンの特徴
  • 普段使いもできる。
  • 主に商用車として使われているハイエースなどがベース車なので、駐車スペースにはまず困らない。
  • 見た目がいかにもキャンピングカーという感じではないため目立ちにくい。
  • キャブコンバージョンよりは機動性がある。
  • ボディの拡張は行わないので居住空間はあまり広くない。
  • 子どもや小柄な大人以外は車内で直立できない。
  • キャブコンバージョンよりも断熱性が低い。

 

人気車種

トヨタ ハイエース
日産 NV200

 

車両価格の相場

300万円〜1,000万円程度

 

キャンピングカーメーカー

 

キャンピングカーについて調べていると「ビルダー」という言葉を頻繁に目にします。

 

ビルダーとは、キャンピングカーの製造メーカーのことです。

 

ビルダーにも、国内メーカーや海外メーカー、ラグジュアリーキャンピングカーを得意とするメーカーなどいくつかタイプがあり、その数も多いです。

 

キャンピングカーを購入する際は、どの車種のキャンピングカーに乗るかというよりもどのビルダーのキャンピングカーを購入するかに重きが置かれることになります。


2人家族(夫婦、カップル)にオススメのキャンピングカーまとめ!

2人家族(夫婦、カップル)にオススメのキャンピングカーまとめ!

 

キャンピングカーというと「子どもたちと一緒に家族旅」というイメージも強いですが、実際はというと、キャンピングカー所有者は60代が中心で「夫婦ふたりでの旅」が多いです。

 

そこで続いては、夫婦やカップルなどでの2人旅にオススメなキャンピングカーを紹介していきます。

 

2人家族(夫婦、カップル)にオススメのキャンピングカー

軽キャンピングカー

 

軽自動車をキャンピングカー化したものが「軽キャンピングカー」になります。

 

購入費用を抑えたい場合には、とてもオススメです。

 

ただ大人2人で快適に過ごせるかというと決してそうではないので、もう少し予算を出して快適な2人旅をしたいのであれば他のタイプのキャンピングカーをオススメします。

 

軽キャンピングカーの特徴
  • 軽ベースなので車両価格が安く、100万円代でも購入が可能。
  • 普段使いももちろんできる。
  • 大人2人の就寝も可能だがスペースは広くない。
  • 荷物をコンパクトにしないと居住空間がさらに狭くなる。

 

人気車種

ホンダ N-BOX+、ダイハツ ウェイク、インディ108

 

車両価格の相場

100万円台〜300万円程度

 

バンコンバージョン

 

キャンピングカーのさらなる快適性を求めれば、2人での使用でも行きつく先はキャブコンバージョンになります。

 

ただ「キャブコンバージョンまで大きいのはちょっと…」「普段使いもしたい」という場合も少なくありません。

 

そこでオススメなのが「バンコンバージョン」です。

 

バンコンバージョンはキャブコンバージョンほどの居住空間の広さはないとはいえ、そのスペースは軽キャンピングカーとは段違いですので、2人旅の快適性を高めてくれます。

 

※バンコンバージョンの特徴、人気車種等は上記をご覧ください。

 

さて今回は、乗員数に応じたオススメのキャンピングカーのタイプについて紹介してきました。

 

キャンピングカーを選ぶ際には、定期的に開催されているキャンピングカーの展示会をご利用いただくのもオススメです。

 

お近くの展示会に足を運べば、そこに参加している全国のビルダーのキャンピングカーをご覧いただけます。

 

実物を見ながらスタッフと相談することで、自分の使い方に合ったキャンピングカーというものが見えてきますよ。