下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

カーリースの値段まとめ!月々いくらぐらい?違約金とかある?

カーリースの値段まとめ!【※月々いくらぐらい?違約金とかある?】

 

3〜7年程度の契約期間中、毎月定額で車に乗ることができるカーリース。

 

期間中の税金等が費用に含まれているといったメリットもあり、カーリースに注目している方も多いのではないでしょうか。

 

そんなカーリースに対しては、以下の様な疑問が出てくることもあります。

 

「カーリースの値段て、だいたい月々いくらくらい?」
「カーリースは途中解約できる?違約金はある?」
「カーリースのデメリットって?」

 

そこで今回は、カーリースご利用前に是非知っておきたい料金相場や違約金、デメリットなどを紹介していきます。是非、チェックしてみてくださいね。


カーリースの値段と料金相場!価格はだいたいどれぐらい?

カーリースの値段と料金相場!価格はだいたいどれぐらい?

 

カーリースというシステムは、月々いくらくらいで利用できるものなのでしょうか?

 

こちらでは、その値段の相場などを紹介していきます。

 

カーリースって月々いくらぐらいかかる?メーカーや車種による違いは?

自動車メーカーによるカーリースですと、対象車種はそのメーカーの車種に限定されますが、そうでない場合はほぼすべての国産車種がカーリースの対象車種になります。

 

「自分が乗りたい車を選べる」という点もカーリースの特徴ですので、月々の値段は当然選ぶ車種によって変わってきます。

 

例えば、オリックス カーリースオンラインでは以下の様な「オススメ特選車※」が紹介されています。

 

※2017年11月2日時点

 

ダイハツ ムーヴキャンパス

 

グレード 2WD 5ドア X SA III 4人 660cc ガソリン CVT
オプション 純正フロアマット

 

いまのりくん 5年リース

通常 30,996円より
月々 29,160円

 

いまのりセブン 7年リース

通常 25,812円より
月々 23,976円

 

いまのりナイン 9年リース

通常 20,844円より
月々 19,980円

 

スズキ スイフトスポーツ

 

グレード 2WD 5ドア 5人 1400cc ガソリン 6MT
オプション 純正フロアマット

 

いまのりくん 5年リース

通常 44,388円より
月々 42,012円

 

いまのりセブン 7年リース

通常 37,692円より
月々 35,316円

 

いまのりナイン 9年リース

通常 37,692円より
月々 29,700円

 

カーリースの値段相場!車種別の費用目安

上記のように、選ぶ車種や契約プランの内容によって月額は大きく変わる可能性があります。

 

ただ選ぶ車種である程度の目安をつけることは可能です。

 

1万円台で乗れる車

 

月額1万円台でのご利用も可能な車は、だいたいが軽自動車です。

 

カーリースの料金には自動車諸税なども込みになっているので、必然的に軽自動車のほうが月額は安くなります。

 

例:スズキ アルト、ダイハツ キャスト、三菱 EKワゴン など

 

月額2万円台で乗れる車

 

車種やグレードによっては軽自動車よりも本体価格が安い場合もあるコンパクトカーは、月額2万円台でのご利用も可能です。

 

またこの価格帯であれば、コンパクトカー以外の選択肢も出てきます。

 

例:日産 マーチ、ホンダ フィット、トヨタ パッソ など

 

月額3万円台で乗れる車

 

月額3万円台にもなると、選択肢はグッと広がります。

 

ファミリーカーとして人気のミニバンやハイブリッド車も車種(グレード)等によってはご利用可能です。

 

例:トヨタ プリウス、ホンダ ステップワゴン、日産 セレナ など

 

月額4万円台で乗れる車

 

月額4万円台にもなると、比較的本体価格が高めの車でもご利用可能となります。

 

例:スバル レガシィ、トヨタ アルファード、ホンダ シビックハッチバック など

 

こうした月額が気になる場合は、カーリースを提供している会社のWEBサイトの「オンライン見積もり」を是非ご利用ください。

 

気になるカーリースの維持費

カーリースの値段には、以下の様な費用が込みになっています。

 

  • 車両価格
  • 登録諸費用
  • 自動車諸税
  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • 定期点検整備費
  • 一般修理費
  • 事故修理費
  • 車検費用
  • タイヤ、オイル交換代
  • 代車料

 

このようなプランですと、維持費といえるのはガソリン代くらいではないでしょうか?

 

例えば、年間走行距離1万km・燃費15km/L・ガソリン116円/Lで年間のガソリン代を計算した場合、その費用は「77,333円」ですのでこれがカーリースの維持費のひとつの目安になります。

 

ただカーリースにもいくつかプランがあり、契約プランによっては「定期点検整備費」や「車検費用」などが含まれていない場合もあります。

 

そのようなプランは必然的に月額が安く抑えられますので、「車検や点検は自分で手配したい」という方にオススメです。


カーリース契約時に注意したいポイント!

カーリース契約時に注意したいポイント!

 

「毎月の費用が一定になる」「好きな車種を選べる」といったメリットのあるカーリースですが、やはり注意しておきたいポイントもあります。

 

最後は、その注意点やデメリットについて紹介していきます。

 

カーリースって違約金とかある?中途解約は可能?

カーリースの契約期間は、短ければ2年、長ければ9年とさまざまです。

 

7年や9年もの長い契約を結ぶと、その間に経済状況やライフスタイル、車の好みなどが変わり「カーリース契約を解除したい」と思うこともあります。

 

カーリースに関しては中途解約は原則不可なのですが、やむを得ない事情がある場合に限り中途解約金(違約金)を支払うことで中途解約が可能になります。

 

例えばオリコオートリースでは、違約金を以下の様に説明しています。

 

“中途解約金=未払リース料+遅延損害金+残期間分リース料+事務手数料+残存価格−未経過費用−車両査定価格”

 

このように複雑なので、実際の違約金はそのときでないとわかりません。

 

ただひとつ言えるのは、契約期間の早い段階で解約すればするほど中途解約金は高くつく可能性があるということです。

 

カーリース契約の前に知っておきたいデメリットまとめ!

カーリースには、以下の様なデメリットがあります。

 

  • 本体価格から差し引かれる残価(見込み下取り価格)は、ほとんどの場合下取り(買取)よりも安い。
  • ボディに傷や凹みをつけたり決められた走行距離をオーバーしたりした場合は、違約金が発生する。
  • 中途解約は原則不可で、解約しようと思えば違約金を支払う必要がある。
  • 契約期間満了に伴い車を買い取ると、基本的にオートローンに比べ支払総額が割高になる。

 

カーリースを利用する場合は、このようなデメリットをあらかじめ理解しておくことも大切です。

 

さて今回は、気になるカーリースの値段や違約金などについて掘り下げた情報をお届けしてきました。

 

何かお役立ていただける情報があれば幸いです。