下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車2台所有時に必要なガレージ(駐車場)の幅とスペースまとめ

車2台所有時に必要なガレージ(駐車場)の幅とスペースまとめ!

 

マイホームを建てる際には、「駐車スペースの広さ」というのも悩みどころのひとつになってきます。

 

「車は一家に一台」と決まっていればいいのですが、「もしかしたら将来的に2台必要になるかもしれない」といった場合はいろいろと迷ってしまいますよね。

 

さて、もし車を2台所有する場合、ガレージや駐車スペースについては以下のような疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「車2台を停める駐車場の幅はどれくらい?」
「2台の車が停められるガレージをつくるには、土地は何坪くらい必要だろうか?」
「ビルトインガレージのメリット・デメリットって?」

 

そこで今回は、こうした疑問を解消していただける情報をまとめていきます。

 

気になった方は是非ご覧になってみてくださいね。


車を2台止めるには?幅やスペース、土地は何坪必要?

 

車2台の駐車スペースをつくるためには、どれくらいの幅が必要になってくるのでしょうか?

 

車1台分の駐車場スペースの幅の基準は

車1台分の駐車場をつくる場合の幅(間口)は、車体の大きさはもちろん、前面道路の幅などによっても変わってきます。

 

住宅関連大手であるLIXIL(リクシル)のWebサイトでは、中型車※1を例に挙げ、車1台分の駐車に必要な幅を以下の様に示しています。

 

※1 全長4,800mm、全幅1,700mm、全高1,500mm

 

前面道路幅:4m

前進で直角駐車※2する場合:3.6m
後退で直角駐車する場合:3.3m

 

前面道路幅:5m

前進で直角駐車する場合:3.3m
後退で直角駐車する場合:2.6m

 

前面道路幅:6m

前進で直角駐車する場合:3.3m
後退で直角駐車する場合:2.3m

 

前面道路幅:7m

前進で直角駐車する場合:3.0m
後退で直角駐車する場合:-m

 

前面道路幅:9m

前進で直角駐車する場合:2.3m
後退で直角駐車する場合:-m

 

※2 前面道路に対し、直角に駐車すること。住まいの駐車スペースとして一般的である。

 

なお、実際に駐車場の幅を決める際には上記の幅に0.5mほどの余裕を持たせることが推奨されています。

 

また、前面の道路に対してどのような位置関係で駐車スペースをつくるのかによっても必要な幅は変わってきます。

 

例えば前面道路と平行に駐車スペースをつくる場合、1台分であっても幅は8mほど必要になります。(中型車の場合)

 

車を2台停める際に必要な土地や坪数ってどれぐらい?

車2台分の駐車場の幅については上記の1台分の幅が参考になりますが、まだ土地を確保する段階だったりすると、幅だけでなく駐車スペース全体に必要となる土地の広さについても考えていかなければなりません。

 

1台あたりの駐車スペースは、一般的に「3.8坪〜5.0坪」が基準になるといわれています。

 

(幅2.5〜3.0m×奥行5.0〜5.5m=3.8坪〜5.0坪)

 

ちなみに小型車ですと、駐車場の寸法の標準は「2.5m×5.0m」とされています。

 

これを2台分とすると「5.0m×5.0m」で、坪数でいうと「7.56坪」となります。

 

ただ2台分の幅としては6.0m弱くらいあるのが理想的なので、実際に必要とされる坪数はもう少し多くなると考えてください。(直角駐車の場合)

 

なお、ガレージの場合はここに壁の広さが加わってきますので、駐車スペースは上記より若干広く取る必要があります。

 

また、ただ車を停めるためのガレージではなく趣味も楽しめるようなガレージにしたいのであれば、必要となるスペースはさらに広くなります。

ビルトインガレージのメリット・デメリットまとめ!

 

十分な土地確保の難しさから、日本では実用面でビルトインガレージを選ぶケースも少なくありません。

 

続いては、そんなビルトインガレージのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

ビルトインガレージのメリット

土地を有効活用できる

 

上記にもあったように、日本におけるビルトインガレージの最大のメリットはやはり「土地の有効活用」です。

 

とくに都市部では土地代が高く広さ的に限られていることもあり、駐車スペースを思うように確保できないという問題が生じやすいです。

 

しかしビルトインガレージであれば駐車場のためだけに土地を割くということがなくなるので、土地の有効活用につながります。

 

盗難に遭うリスクを減らすことができる

 

ビルトインガレージであればシャッターによる施錠ができますので、防犯面でもメリットがあるといえます。

 

雨に濡れずに乗り降り

 

強い雨が降っているときでも、ビルトインガレージに車を停めていれば快適に乗り降りができます。

 

また、台風などの際に物が飛んでくることがあっても、ビルトインガレージの中の車はその被害を免れます。

 

趣味を楽しめる

 

スペース的にゆとりのあるビルトインガレージであれば、そこを趣味部屋として利用することもできます。

 

ビルトインガレージのデメリット

2階がリビングになるなどの制約を受けることも

 

土地が広ければ、ビルトインガレージにしたとしても1階に十分なスペースを確保することができます。

 

しかしそうではない場合、1階の大半が駐車場となるため、2階以上にリビングやキッチンを配置するなどの制約を受けることがあります。

 

建物の構造上、バランスが悪くなってしまう

 

ビルトインガレージには大きな開口部が必要になるため、建物の構造上、一般的な住宅に比べバランスが悪くなりやすいです。

 

ですから強度の面で不安が出てくる場合があります。

 

車から発せられる音が気になる場合も

 

ビルトインガレージから車を出し入れする際には、当然その中でエンジンをかけます。

 

そうすると、そのエンジン音や振動が建物内に響いてしまいます。

 

とくにガレージの横や上にリビングを設置する場合は、防音対策をしてこうした音の問題を取り除いておく必要があります。

 

昼間でも照明が必要

 

ビルトインガレージの内部は昼間でも真っ暗ですので、照明がないと乗り降りが不便です。

 

この他、排気ガスが溜まりやすいなどのデメリットもあるのですが、それらデメリットの多くは事前の対応である程度取り除いておくことができます。

 

さて今回は、車2台分の駐車場に必要とされる幅や坪数からビルトインガレージのメリット・デメリットまで、さまざまな情報をお届けしてきました。

 

その中で何かお役立ていただける情報があれば幸いです。