下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

マイカーローンの固定金利と変動金利についてまとめ!

マイカーローンの固定金利と変動金利についてまとめ!

 

新車の購入や中古車の購入時にはローンを利用する人がほとんどですが、マイカーローンには”変動金利型”と”固定金利型”があり、どちらにすれば良いかは迷う所です。

 

特に車の購入は数年に1度程しかなく、人生の中でもそれほど何回も購入する事がない為、実際に購入する際には金利についての不安や疑問が沢山浮かんできます。

 

実際にネット上の掲示板や某大手Q&Aサイトなどを確認すると・・・

 

「固定金利と変動金利の違いが良く分からない・・・」
「マイカーローンを組む時、固定金利と変動金利どっちが良いの?」
「自動車ローンは変動型と固定型どっちの方が得ですか?」

 

上記の様な疑問や不安、質問などが多数見つかりました。もしかするとあなたも上記について悩んでいるのかもしれませんね。

 

そこで当記事では≪マイカーローンの固定金利と変動金利≫について今回はまとめてみました。

 

もし、今後車の買い替えや購入でローンを組む予定があるのなら、是非目を通しておいて下さいね。

 


固定金利と変動金利とは?メリットやデメリット、リスクについて!

固定金利と変動金利とは?メリットやデメリット、リスクについて!

 

マイカーローンで良く聞く固定金利型と変動金利型ですが、それぞれのローンの形について最初に理解を深めておいた方が、後々役に立つかと思います。

 

もし、既に上記についてご理解頂いているなら、この部分は読み飛ばして頂ければと思います。

 

固定金利と変動金利の基本情報!

固定金利と変動金利の基本情報!

 

「固定金利と変動金利は何が違うのか分からない!」という人は、ここからチェックしておきましょう。

 

車のローンは数年間に渡り支払っていくものですから、双方のメリットとデメリットは重要!ちょっとした金利の違いは支払総額を大きく変えてしまうかもしれません。

 

固定金利とは?固定金利型マイカーローンの特徴、メリットとデメリット

 

マイカーローンで良く出てくる固定金利型ですが、あまり難しい言葉を並べても理解しにくいかと思うので、今回は簡単に説明させて頂きます。

 

固定金利型のローンと言うのは、名前の通り、契約時の金利がそのままローン完済まで変わらない形の事を言います。

 

固定金利型ローンのメリットとしては、最初の契約時から金利が全く変わらないので、将来的、長期的な返済計画が立てやすくなります。

 

一方で、最初の契約時には、変動金利型ローンよりも高くなる傾向にある所はデメリットと言えるかもしれません。

 

もし、固定金利でマイカーローンを組むのであれば、金利が低い時期を狙った方が余計な出費を抑えることができます。

 

変動金利とは?変動金利型マイカーローンの特徴、メリットとデメリット

 

変動金利型ローンも、前述の固定金利型の説明を読んで頂くとご理解頂けるかと思いますが、基本的には金利が情勢によって変動するローンの事を言います。

 

変動金利型の金利変更は、半年ごとに見直しされるのが一般的で、金利基準を元に上がったり下がったりします。

 

メリットとしては、最初の契約時の金利は固定型よりも安く契約出来る事と、今後情勢的に金利が上がらなさそうな場合は、更に金利が安くなる事も考えられます。

 

ただ、デメリットとして、情勢によっては、金利が上がっていく可能性もあると言う事です。

 

上記の通り、名称から何となく想像はついていたかと思いますが、念の為説明させて頂きました。

 

それぞれのメリットとデメリットに関しては、簡単にでも理解しておく方が、後々どちらか選ぶ際の参考になるかと思います。

 

固定金利と変動金利では支払い金額にどれくらい差が出るの?

通常、固定金利の場合は金利上昇のリスクを考え変動金利よりも高く設定されています。

 

数値だけで見れば『たかが〇%でしょ?』と思うかもしれませんが、3年、5年などのローンを組むと結構な金額になってしまいます。

 

そこでまずは、変動金利2%と若干高く設定されている固定金利を2.5%として計算してみます。

 

例えば、200万円を5年間借りた場合、金利2%と2.5%では、

金利2%の場合(変動) 金利2.5%の場合(固定)
借入期間と返済回数

5年(60回)

※ボーナス払いなし

5年(60回)

※ボーナス払いなし

総返済額 22,103,300円 2,129,640円
支払金利総額 103,300円 129,640円

※上記数値は実際のものとは異なります。
※金利は元利均等を採用した場合のものです。

 

このように総支払額で26,340円も変わってしまいます。借入金額や借入期間次第では「金利で大きく損した!」と感じるくらいになるかもしれません。

 

また実際に各大手銀行の金利を見てみると、

 

変動金利を採用しているマイカーローン
ローン期間 商品名 金利年率
常陽銀行 常陽マイカーローン 1.75〜2.35%
関西アーバン銀行 マイカーローン 2.70〜3.80%
三井住友銀行 マイカーローン 4.475%

 

固定金利を採用しているマイカーローン
ローン機関 商品名 金利年率
損保ジャパン日本興亜 ジャパンダ・ネットマイカーローン 1.90〜2.85%
関西アーバン銀行 マイカーローン

2.95〜4.05%(5年以内)
3.10〜4.20%(5年超)

各ディーラー ディーラーローン 4〜10%程度

 

このように各ローン機関の金利比較してみると1%台から4%台まで各行バラバラです。

 

先ほどご紹介した0.5%の差から考えればたった1%の差だったとしても支払金額に大きな差が出ることのは一目瞭然です。

 

※最大999万円借入可能!返済額のシミュレーションも無料できて人気♪


マイカーローンを組むなら固定金利と変動金利どっちが良い?

マイカーローンを組むなら固定金利と変動金利どっちが良い?

 

さて、ここまでの内容を踏まえて、2019年現在どちらのローンタイプを選ぶ方が得するのか?について考えてみたいと思います。

 

2019年現在は景気は良い?悪い?

2018年現在は景気は良い?悪い?

 

基本的に不景気の時には、契約時の利率が低い事から固定金利が良いとされていて、景気が良い時には、基本的に金利が高いので変動金利の方が良いと言われています。

 

2019年現在で言うと、新たに5月から元号が「令和」となり、新しい時代の始まりを予感させてくれて景気が良いように感じてしまいます。

 

ただ、10月には一部消費税の増税などが予定されている事もあり、先行き不安はぬぐえず、景気が良くなるとは言えませんが、今現在はそこまで景気が悪いとも言えません。

 

これを元に考えると、景気が良く金利が低い今は変動金利を選ぶ方が良いのではないかと推測できます。

 

結局、固定金利と変動金利どっちが良い?

結局、固定金利と変動金利どっちが良い?

 

固定金利が良いのか?それとも変動金利がいいのかって本当に迷いますよね。しかし上記より、景気が良い方向に向かっている事から、今現在は変動金利の方がよさそうな気がします。

 

ですが、実際のところでいうと、どちらを選択してもそれほど変わらないのでマイカーローンに関してはそれほど気にしなくても大丈夫だと思います。

 

その理由として、家の購入で住宅ローンを組む場合と違い、マイカーローンの場合はほとんどが5年未満になります。

 

この5年未満であれば金利の変動もそれほどありませんし、今現在の固定金利もそれほど高くありません。

 

なぜマイカーローンは5年未満が多いのか?

 

車を購入して5年・・・この時期に達すると、外観の劣化、部品の摩耗が進み、査定額も急に下がることが多く下取りや売却の大きなターニングポイントだと言われています。

 

ですから、比較的早い段階で買い替えると言う人はローンが残らない5年を目安に考えローンを組むことも多いようです。

 

確かに、買い換えの時期にローンは残したくないですよね。こう考えると、短い期間なのでできるだけ安い金利のローンを選んだ方がお得なのかもしれません。

 

金利の決定は、借入期間を考慮すると良い!?

最終的なマイカーローンの金利に関しては、借入期間や借入額などによって決めるのが良いかと思います。

 

借入金額が数千万円、返済期間が20〜30年にも及ぶ住宅ローンなら金利変動のリスクも高く、支払う金利も多くなりますが、マイカーローンの場合はほとんどが5年未満、借入金額も住宅ローンに比べればかなり少ないはずです

 

3〜5年ほどのローンであれば、変動金利でもそれほど影響を受けないので、その場合は借りるときに金利が低い変動金利がお得です。

 

また5年以上でローンを組む場合は、景気によっては金利が上昇する可能性がありますので、今現在の変動金利と固定金利の利率を比較して、そこまで変わらないのであれば固定金利にしておくと言う選択も良いかと思います。

 

利率は固定と変動だけでなく、マイカーローンの種類によっても変わってきますので、この辺も踏まえて比較検討するのがオススメです。

 

管理人がマイカーローンを組むなら?

管理人がマイカーローンを組むなら?

 

ここまでの説明の通り、今現在は基本的にどちらで組んでもあまり大差がないと感じます。

 

ですが、もし管理人が今の段階で新車を購入しローンを組むなら、変動金利型にするかと思いますが、正直な所金利タイプよりも今現在の実質の年利率などを重視して選ぶかと思います。

 

その理由としては、それほど今は景気に金利が左右されない事と、例えば3年後に金利が上昇傾向にあっても、残りのローンは2年となるので、そこまで金利上昇の影響をうけないからです。

 

変動金利型と言っても、数年間で驚く程上下する訳ではないので、そこまで気にせずに契約しても問題ないかと思います。

 

金利が低いオススメのマイカーローンは?

 

金利のタイプを気にするよりも、以下の様に大手が運営し、なお且つ金利が低いマイカーローンを優先的に選ぶのがオススメです。

 

マイカーローン 金利 借り入れ限度額 特徴やポイント

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」
※オススメ

年1.90%〜2.85%
(条件を満たした場合)

999万円

・全国から利用可能
・審査手数料、保証料込み
・来店不要
・土日も迅速回答

住信SBIネット銀行「MR.自動車ローン」

年1.775%〜3.975%
※最低金利は所定条件を満たした場合

1,000万円

・全国から利用可能
・住信SBIネット銀行の口座開設必須
・100万円まで年収証明不要

関西アーバン銀行「マイカーローン」 年2.70%〜3.80%(変動金利)※キャンペーン金利有り 1,200万円

全国から申込み可能
・来店不要
・審査回答2日程度

※金利は2018年12月に調査したものです。

 

一覧に掲載しているのは通常金利とキャンペーン金利です。もし、金利の低さで決めるなら損保ジャパン日本興亜や住信SBIがベストです。

 

ただし、最低金利は各行で決めている『条件を満たした場合に適用される金利』というケースがほとんどです。住宅ローンの利用などがない場合は、限りなく上限に近い金利になる可能性があります。

 

もし、こういった優遇条件が当てはまらない時は上限金利が低い損保ジャパン日本興亜や三菱UFJ銀行を選んだ方が良いかもしれません。

 

変動金利の推移ってどこで分かる?基準や見直しの期間、ここ数年の推移は?

変動金利は固定金利に比べて比較的低く設定していますが、問題なのは今後高くなるのか?それとも低くなるのかだと思います。

 

しかし、銀行などでは今現在の金利しか公表されておらず、基準や見直し期間については正直分かりません。

 

ただ、下の表から変動金利の基準や今後の推移などを見ることができます。

 

変動金利の推移ってどこで分かる?基準や見直しの期間、ここ数年の推移は?

※最頻値とは最もよく使用される値の事で最低値と同じなので表示されていません。
※上記の表は日本銀行で公表されている「長・短プライムレート(主要行)の推移」をもとに作成しています。

 

この表で表している数値は短プラ(短期プライムレート)と呼ばれるもので、金融機関が短期貸出する際の標準金利です。そして、この数値を基準に各金融機関が金利を決めていると言われています。

 

そして、金利の推移を見てみると平成21年以降の金利は全く変わっていません。もちろん、実際の金利は各金融機関独自で決める訳ですが、今後も引き続き低金利になると予想されます。

 

※最大999万円借入可能!返済額のシミュレーションも無料できて人気♪


自動車ローンの低金利キャンペーンは本当にお得?変動金利の利率はどうなる?

自動車ローンの低金利キャンペーンは本当にお得?変動金利の利率はどうなる?

 

「自動車を買いたいけど、なるべく少ない金額で済ませたい・・・」、そう考えるのはごく普通のことです。

 

そこで、自動車ローンには低金利キャンペーンがありますが、低金利キャンペーンは本当にお得なのか?変動金利の利率などについて詳しくまとめてみました。

 

ディーラーローンの低金利キャンペーンはいつ開催される?メリット、デメリットは?

ディーラーローンの低金利キャンペーンはいつ開催される?メリット、デメリットは?

 

どうせローンを組むのであれば、金利が安くなるキャンペーン期間を狙いたいですよね。ですが、キャンペーンはいつも開催しているとは限りません。

 

そこで、ディーラーローンの低金利キャンペーンはいつやっているのか?そしてメリットやデメリットもまとめてみました。

 

ディーラーローンの開催月の目安と金利の割引率はどれぐらい?

 

特に決まった時期はありませんが、一般的には決算時期となる2〜3月、そして9〜10月や12月くらいで開催されると言われています。

 

ただし、この時期に絶対開催される訳ではないのでお近くのディーラーを自分なりにチェックしておくことは大切です。

 

また、金利ですが通常はどの自動車ディーラーも4〜10%くらいが主流、割引率は各ディーラーで異なりますが、通常金利より数%低く設定するところもあるようです。

 

もちろん、交渉次第といった一面もあります。相手は営業のプロなので一筋縄にはいきませんが、他のディーラーなども回りながら上手に交渉すれば金利引き下げに応じてくれるかもしれません。

 

ディーラーローンのメリットやデメリット、リスクは?

 

どんな形のローンを使用したとしても、必ずメリットとデメリットは存在します。ここをしっかり把握して自分に適しているのかを判断しないと思わぬ損をしてしまうこともあります。

メリット デメリット

・ローン審査が比較的早い
・ディーラーで全ての手続きが終わる
・残価設定ローンなら更に金利が低くなる

・銀行などに比べると金利が高い
・ローン完済まで自分名義にはならない

 

銀行のマイカーローンなどを利用するなら銀行が営業している平日に動かないといけませんが、ディーラーローンの場合、土日祝でも営業していれば手続きは可能です。

 

しかも審査は比較的早く、手続きも簡単なので手続きが嫌いな人や時間に余裕がない人にはメリットを感じると思います。

 

ですが、デメリットやリスクも忘れてはいけません。例えば、購入した車はローンの担保です。ローンが終了しない限りはあなたの所有車にはなりませんし、銀行に比べて金利が高いといったデメリットもあります。

 

銀行のマイカーローンの低金利キャンペーンはいつ開催される?メリット、デメリットは?

銀行のマイカーローンの低金利キャンペーンはいつ開催される?メリット、デメリットは?

 

車を購入する人であれば「少しでも安く買いたい!」と思いますよね。特にマイカーローンなどで発生してしまう金利は本来であれば必要ない出費です。

 

おそらくご存知かと思いますが、マイカーローンなどのローン商品には低金利キャンペーンがあります。

 

開催される時期は、

夏のボーナス商戦時期(6〜7月)
年末に向けて(10〜12月)
ディーラーの決算時期(2〜3月)

が最有力候補です。

 

なぜ最有力という曖昧な表現なのかというと、各行で開催される時期や期間が異なるからで、そもそもキャンペーンがないところもあります。

 

もし、あなたが銀行のマイカーローンを考えているのであれば、お近くの銀行や取引のある銀行をたまにチェックしておきましょう。

 

住宅ローンを利用しているとマイカーローンは優遇される?

 

今現在、家を購入もしくはリフォームして住宅ローンを組んでいる人は、同じ銀行でマイカーローンを利用すると金利が優遇され通常のキャンペーン割引から更に割引されることもあります。

 

自動車ローンはだいたい3〜5年の短い期間ですが1%以上も金利が変わると大きな金額になってしまうので注意が必要です。

 

銀行のマイカーローンのメリットやデメリット、リスクは?(変動金利)

 

今度は銀行マイカーローンのメリットとデメリット、そしてリスクを見ていきたいと思います。ディーラーローンと同じように良い面ばかりではありません。

 

メリット デメリット

・金利が比較的低い
・購入した車は自分名義になる
・だいたいの費用で仮審査を受けられる
・金利優遇が充実している

・ディーラーより審査が厳しい
・審査結果が出るのが遅い
・変動金利だと情勢により金利が上がる

 

まず金利が低いというのは最大のメリットだと思います。ディーラーは4〜10%程度が主流となっていますが銀行は2〜3%、高くても4〜5%としているところがほとんどです。

 

また、銀行ローンを利用した場合は購入した車は本人名義になりますし、住宅ローンなどを利用している人なら更なる金利優遇を受けられるというメリットもあります。

 

一方、デメリットはというと、カードローンなどを同じように審査は厳しく審査期間は長い傾向にあります。

 

更に変動金利を利用すると、金利が上昇するというリスクもある為、いくら借りるのか?何年くらいのローンを組むのか?は慎重に検討する必要があります。

 

ディーラーローンと銀行のマイカーローンはどちらがお得?

ディーラーローンは、信販会社などを通してローンを組みますが、その金利はほとんど固定金利です。

 

ディラーローンであれば、返済中の金利変動はなく安心といった一面もあります。しかし、固定にしている分金利は銀行系マイカーローンに比べると若干高めの設定です。

 

数%の違いは数万円、購入金額が高ければ金利だけでも数十万円の差が出てくることもあります。したがって金利だけを見るなら銀行マイカーローンが断然お得だと思います。

 

もちろん、銀行の変動金利を利用すれば金利が上がり返済額が増えるといったリスクもあるでしょう。

 

しかし、車のローンって何年くらいを考えているでしょうか?おそらくほとんどの人が短くて3年、長くて5年くらいではないかと思います。

 

仮に5年だったとしても、今の情勢だとその期間に急激な金利上昇があるとは考えられませんし、返済期間が短いのであればその影響も限定的です。

 

もし返済完了まで変動金利が適用されるのであれば尚更銀行マイカーローンがオススメになります。

 

マイカーローンの変動金利キャンペーンはいつまで適用される?

せっかく安い金利で借り入れしても、1年や2年程度でキャンペーン金利が終了してしまうようでは困りますよね。

 

借りる側としては、何とか完済時期まで適用してほしいと思うものです。そこで、銀行のマイカーローン(変動金利)の適用期間を見てみると、

銀行名 各行のキャンペーン金利 適用期間
関西アーバン銀行 1.40〜3.30% 期間の指定なし
常陽銀行 1.75〜2.35% 6ヵ月以上10年以内

 

このように6ヵ月〜10年という長い適用期間を設けているところもありました。また、この6ヵ月〜10年というのはキャンペーンを行っていない他の銀行でも主流になっています。

 

車のローンは5年程度で考える人が多いと思うので、最長10年なら安心してマイカーローンを組めるのではないでしょうか?

 

※最大999万円借入可能!返済額のシミュレーションも無料できて人気♪


迷ったらとりあえず金利の返済シミュレーションを!

迷ったらとりあえず金利の返済シミュレーションを!

 

ここまで各自動車ローンの金利などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?私には結局どこが良いのだろう・・・と逆に迷ってしまった方もいるかもしれませんね。

 

そんな時は、借りる前にシミュレーションすることをオススメします。一度、シミュレーションすれば返済金額と金利の目安が簡単に確認することができます。

 

金利シミュレーションならココが一押し!ジャパンダ・ネットマイカーローン

金利シミュレーションならココが一押し!ジャパンダ・ネットマイカーローン

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンとは、損保ジャパン日本興亜が提供している自動車ローンです。金利は固定金利で1.90から2.85%とディーラーローンより安い設定で条件を満たせば優遇金利も受けられます。

 

申し込みはネットから可能ですが、いきなりは不安って人も結構多いはずです。

 

でもジャパンダ・ネットマイカーローンはこの点でも安心!公式サイト内には以下のようにマイカーローンシミュレーションを用意しています。

 

金利シミュレーションならココが一押し!ジャパンダ・ネットマイカーローン

 

まずは、あなたの考えているプランを入力し返済金額などを確認してください。

 

この時大切なのは、何通りかのプランでシミュレーションをすること!色々シミュレーションすれば、あなたに適した返済方法を見つけることができます。

 

ローンを組むことに抵抗や不安を感じる方は大勢いらしゃいます。そういった方は、ネットから簡単にできる損保ジャパン日本興亜のマイカーローンシミュレーションからスタートしてみてください。

 

※無料でシミュレーションができる!金利が安いマイカーローンはコチラ♪

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の詳細はコチラ!

 

マイカーローンの固定金利と変動金利については、名前だけ聞くと分かりにくいかと思いますが、それぞれのメリット、デメリットさえ分かっておけば、どちらを選んでもそれほど大差はないか思います。

 

自分で判断する事も大事ですが、ある程度の事を理解しておけば後は購入するディーラーや、マイカーローンを組む銀行などに聞いて、他大多数の人はどちらを選んでいるか?等を聞いて決めてもいいのではないでしょうか。

 

あまり細かい計算までしていても、数年後どうなっているか?と言うのは中々予想しにくい所です。

 

まずは簡単なローンシミュレーションや金利比較をして自分の納得する形で選択すれば問題ないかと思います。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

年収別の車選び!【※年収相応の車の購入価格や予算の目安は?】

年収別の車選び!【※年収相応の車の購入価格や予算の目安は?】

【※車購入者300人に調査!】車の購入を検討する際は、年収に応じた予算の目安を設定すべきです。当記事では年収別の車の選び方について実際にアンケートを取って分かりやすくまとめました。年収200万円から1000万円まで、実際に購入した車などを紹介しています。

 

車の維持費は月々いくら?【※大幅減税で高い維持費が安くなる?】

車の維持費は月々いくら?【※大幅減税で高い維持費が安くなる?】

車を初めて購入する人が気になる車の維持費。当記事では車の維持費の内訳や月々の費用について分かりやすくまとめました。軽自動車と普通車、ガソリン車とハイブリッド車、東京と地方、新車と中古車による維持費の違いも掲載!減税による維持費が安くなる耳より情報も!