下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

単身赴任時は車は売却すべき?最もお得に手放す方法は?

単身赴任時は車は売却すべき?【※最もお得に手放す方法は?】

 

単身赴任によって、今まで乗っていた車が不要になることもあります。

 

配偶者には配偶者の車があったり配偶者は車を運転しなかったりすれば、単身赴任のために車の乗り手がしばらくの間いなくなってしまうということになるわけです。

 

そうなると、以下の様な点も気になってくるのではないでしょうか。

 

「単身赴任で車が不要になれば、売却してしまったほうがいいんだろうか?」
「今の車は気に入ってるから単身赴任後はまた乗りたいと思う。駐車場に置いたままでも平気?」
「車を売却する場合、利用しておくべきサービスはある?」

 

そこで今回は、単身赴任による車の売却についてさまざまな情報をまとめていきます。

 

「単身赴任の予定があるけど今の車をどうしようかな?」などとお考えの方は、是非チェックしてみてくださいね。


単身赴任時には車を売却する方が得?保管しておくべき?

単身赴任時には車を売却する方が得?保管しておくべき?

 

単身赴任先で今の車を使わないとなると、その車は売却したほうがいいのでしょうか?それとも保管しておくべきなのでしょうか?

 

期間限定の単身赴任の場合は駐車場に置いておく?

「そろそろ車を買い替えようかな」というタイミングでの単身赴任であれば迷うことなく売却となるわけですが、比較的最近買った車だったりお気に入りの車だったりすると単身赴任を理由に売却するのも何だか寂しいですよね。

 

実際問題、駐車場に保管したままだと維持費はどの程度かかるのでしょうか?

 

駐車場に保管する場合の維持費

 

駐車場代

(例)月額2万円×24ヶ月=48万円

 

自動車税

自家用乗用車 29,500円〜111,000円
自家用軽自動車 一律10,800円

 

自動車保険料

(例)35,000円

 

車検(初回車検を終えていれば単身赴任中1回は車検を受けます。)

(例)100,000円

 

これら以外に車の維持のために週に1回程度車を動かすのでガソリン代は若干かかりますが、自動車保険料などからすれば微々たるものです。

 

またご家庭によっては駐車場代が0円ということも当然あります。

 

車を駐車場に置いておくにしても単身赴任後に新たに車を買うにしてもそれなりのお金がかかりますし、どちらがお得かは一概には言えない部分があるので、車を売却するかどうかには「車への愛着」も大きく関わってきます。

 

そこら辺をよく考えたうえで判断されることをオススメします。

 

なお、長期間乗らない車は「一時抹消登録」をすることで自動車税の請求を止めることができます。

 

ただこの手続きを行った場合、一時帰宅で息抜きに愛車に乗るということはできなくなります。

 

解除申請を行い車検を受けてからでないと公道は走れません。

 

よほど広い敷地をお持ちでなければ、その間に「車を走らせて維持する」ということができなくなり、自動車税を支払わずに済んだものの結果的に車を廃車にせざるを得なくなったなんてこともあります。

 

そういった場合には「車の長期保管サービス」を利用することも可能ですが、それにもお金がかかります。

 

車のタイプによっては「自動車税を払ったままのほうが経済的」ということもあるので、車を動かせる方がいるなら安易な一時抹消登録はオススメできません。

 

期間が分からない場合は一旦手放す方が良い?

どれくらいの期間単身赴任となるか未定の場合は、車は売却したほうがいいかもしれません。

 

その間に車の価値もどんどん下がっていきますし、駐車場代や税金、自動車保険料を払い続けることになりますので、いくら車を買うための費用を用意せずに済んでも維持費が膨らんでいってしまうからです。

 

また主だった乗り手のいない車を維持するための労力もバカにならないので、ご家族からも売却を勧められる可能性は十分あります。

 

もし最初から期間未定ということがわかっていれば、なるべく早い段階で売却するのがオススメです。

 


単身赴任前に車を最もお得に手放す方法は?

単身赴任前に車を最もお得に手放す方法は?

 

高い駐車場代を支払っていればいるほど、売却に気持ちは傾きやすくなるかもしれません。

 

もし車の売却を決めたのなら、なるべく高い価格で買い取ってもらいたいと思うものですよね。

 

そのためには、どのような点を工夫すればいいのでしょうか?

 

単身赴任先で車を購入する前に売却しておくべき?

場合によっては、今使っている車を手放し、単身赴任先で新たに車を購入するということもあります。

 

そうした場合は、車の購入前に売却を済ませておくと経済的なメリットを得られます。

 

売却で得たお金を車の購入資金の一部として使えますから、売却額によっては車のランクアップも期待できます。

 

ただ、ローンの支払いがまだ終わっていない車だと売却額をローンの一括返済に充てたり、あるいは売却額では足りなかった分を現金で一括返済したりでそういったメリットは得られなくなってしまいます。

 

単身赴任前に車を売るなら車一括査定サービスを利用する方がいい?

車の査定価格は、買取会社によって変わります。

 

ですからより高い金額で買い取ってもらうためには、「査定価格の比較」を行うことが大切になってきます。

 

そこで利用を考えるのが「車一括査定サービス」です。

 

ただ車一括査定サービスに登録した人の中には、「複数の会社から電話がかかってきてその対応に疲れてしまった」というような感想を持つ人もいます。

 

また、中にはしつこい勧誘に遭ってしまったという人もいます。

 

そうしたデメリットが気になる場合にオススメなのが「ユーカーパック」というサービスです。

 

ユーカーパックには、以下の様な特徴があります。

 

  • 愛車の概算価格がすぐに判明。
  • 電話も査定も1社だけ。
  • 個人情報が伝わるのはユーカーパックだけ。
  • 査定後は、最大5000社が公開入札に参加。相場より高く売れるチャンスが!
  • 売却手数料0円
  • しつこい勧誘なし

 

一般的な車一括査定サービスとは異なるオークション形式のユーカーパックは、単身赴任で車売却をする際にも是非注目したいサービスといえます。

 

さて今回は、単身赴任と車売却についてさまざまな情報をお届けしてきました。何かお役立ていただける情報はありましたでしょうか?

 

車を売却するにしても保管しておくにしてもご家族との話し合いは必須ですので、今回の情報を踏まえたうえでまずは一度話し合いの場を設けてみてくださいね。