下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

スライドドア車の7つのメリット&5つのデメリットまとめ!

スライドドア車の7つのメリット&5つのデメリットまとめ!

 

ファミリー向けの車や軽自動車などで利用されているスライドドア。

 

これまで一般的なドア(ヒンジドア)の車しか乗ったことがない方の中には、そういったスライドドアが採用された車に興味を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんなスライドドアに対しては、以下の様な疑問が出てくることもあります。

 

「スライドドアの具体的なメリットってなんだろう?」
「スライドドアは便利そうだけど安全性が気になる。実際はどう?」
「スライドドアのデメリットを挙げるとすれば?」

 

そこで今回は、こうした疑問の解消へと導くスライドドアのメリット・デメリットを紹介していきます。是非、チェックしてみてくださいね。


スライドドア車の安全性は大丈夫?知っておくべき5つのデメリット!

スライドドア車の安全性は大丈夫?知っておくべき5つのデメリット!

 

スライドドアには、どういったデメリットがあるのでしょうか?そのデメリットを、以下でさっそくチェックしていきましょう。

 

スライドドアのデメリットまとめ!

1.開閉に時間がかかる(電動スライドドア)

 

電動式のスライドドアは便利ですが、ヒンジドアなどに比べ開閉に時間がかかってしまいます。

 

状況によっては、それがイライラとした気持ちへとつながってしまいます。

 

2.重くて開閉が大変(手動スライドドア)

 

手動スライドドアは、開ける人の力によっては重たく感じてしまいます。

 

とくに坂道だと、さらに重さが増すため開けにくくなります。

 

また形式の古い手動スライドドアだと、勢い良く締めないと半ドアになりやすいというデメリットもあります。

 

3.車が重たくなることで燃費が悪化する

 

スライドドアはヒンジドアに比べ重量があるので、それを装着することで車が重たくなります。それが燃費の悪化につながります。

 

4.スライドドアを選ぶことで購入費用が高くなる

 

スライドドアが標準装備という車種もありますが、オプションとしてスライドドアを追加する場合は当然追加費用が発生します。

 

5.故障時に修理費用が高くつく

 

電動スライドドアですと、故障した場合の修理費用が一般的なドアに比べて高くついてしまう傾向にあります。

 

修理費用は故障原因等で異なりますが、8万円程度の費用がかかってしまうこともあるようです。8万円というと、なかなか痛い出費ですよね。

 

安全性はどうなの?

 

気になる安全性は、ヒンジドアよりもスライドドアのほうが高いといわれています。

 

ヒンジドアは勢い良く開け閉めしますので、もしものときのダメージが大きくなります。

 

一方でスライドドアであれば開閉速度がゆっくりですので、子どもが手などを挟みそうになったときでも対処しやすくなります。

 

手動スライドドアでも最近のものであれば勢い良く閉める必要がないため、こちらの場合もヒンジドアよりは安全面で期待が持てます。

 

いずれにしてもドアの開閉時には注意が必要ですが、こうした面からもファミリー層を中心にスライドドアが支持されていることがわかります。


使い勝手抜群!スライドドア自動車の7つのメリットまとめ!

使い勝手抜群!スライドドア自動車の7つのメリットまとめ!

 

では続いて、スライドドアのメリットを紹介していきます。

 

スライドドアのメリットまとめ!

1.狭いスペースでも開閉可能

 

ヒンジドアでは、狭いスペースで開閉しようと思うと細心の注意を払わなくてはなりませんが、スライドドアであればそういった状況でもらくらくと開閉することができます。

 

2.チャイルドシートを乗せやすい

 

ヒンジドアの車にチャイルドシートを乗せるときは大きくドアを開く必要がありますので、狭いスペースでは非常に乗せにくさを感じます。

 

一方、スライドドアであればそもそも開口部が広いですので、ヒンジドアに比べるとチャイルドシートを乗せたり降ろしたりするのが簡単です。

 

3.運転席からドアの開閉が可能

 

スライドドアでは、運転席からの操作でもドアの開閉が可能です。

 

また、キーを使って開閉操作をすることもできます。

 

4.子どもを抱っこしたまの開閉も可能

 

子どもを抱っこしながらだったりたくさんの荷物を抱えたりしているときでも、ワンタッチで操作できるスライドドアであればらくらくと開閉することができます。

 

5.隣の車にドアをぶつけるリスクが少ない

 

一般的なヒンジドアだと、ついうっかりして隣に駐車している車にぶつけてしまうことがあります。

 

ですが横方向に開閉するスライドドアであれば、そういったリスクはほぼゼロといってもいいかもしれません。

 

強風時にはヒンジドアがあおられてしまうこともあり、そのようなときにはとくに注意が必要ですが、スライドドアですとそのようなことにはなりません。

 

6.足先を車の下にかざすだけで

 

車種によっては、足先を車の下にかざすだけでドアを開けることができます。

 

上記のようなワンタッチオープンだけでも便利そうですが、そういったドアの開け方はそれをはるかに上回る利便性といえます。

 

7.ピラーレスが生み出す開放感

 

ヒンジドアの場合はピラーという窓柱が車内にありますが、スライドドアの場合はピラーをなくすことができます。

 

両側スライドドアですと車の両側がピラーレスとなりますので、ドアを全開にしたときにはかなりの開放感があります。

 

ドライブ先でのんびりというようなシーンでは、その開放感はひとつのメリットになってくるのではないでしょうか。

 

このような利便性を誇るスライドドアは、子育て世代はもちろん、介護をしているご家庭などからも選ばれています。

 

もしスライドドアに興味を持たれたら、車の乗り換えの際にディーラーなどでスライドドアをよく見てみてください。

 

車に乗るときには、日に何度もドアの開け閉めをすることもありますよね。

 

ですから「どういったタイプのドアを選ぶのか」というのも、車選びでは実は重要なポイントのひとつになります。

 

上記のようにスライドドアにもメリットとデメリットの両方がありますので、それらをよく理解したうえで選ぶことが大切です。

 

ちなみにですが、スライドドアは後付けも可能です。

 

比較的最近になって車を購入した場合は、そのような方法でスライドドアを利用するという方法もあります。

 

以上になりますが、今回お届けした情報があなたのカーライフにとって少しでもお役立ていただけるものであれば幸いです。