下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車の売却時にいるものって何?続きに必要な書類まとめ!

「車の売却時にいるものって何?【※手続きに必要な書類まとめ!】」がイメージ出来る画像01

 

車の売却に関しては、普段からあまり気に留める事がない為、いざ車を売る事になると色々な点について不安を感じてしまいます。

 

特に多い悩みとしては・・・

「車を売りたいんだけど、売却時に必要な書類って何?」
「車売却時の流れや、必要なものって何がある?」
「車を下取りに出す場合と買取りに出す場合でいるものって違う?」

上記の様に疑問に思う人が多いようです。もしかするとあなたも車の売却を考えていて、上記の様に疑問に感じて当記事をご覧頂いているのかもしれません。

 

そこで今回は≪車売却時に必要なもの≫に関してまとめてみました。もし少しでも興味があるようでしたら、是非参考にしてくださいね。


車の売却時に必要な書類一覧&良くある疑問と回答

「車の売却時に必要な書類一覧!」がイメージ出来る画像01

 

では早速、車の売却時に必要な書類についてまとめてみましたので、ご確認頂ければと思います。

車を売るときには何がいるの?

査定に出すだけなら?

 

車を売る際の書類に関して迷っていると言う事は、恐らくまだ買取り査定にも下取り査定にも出していない段階だと思います。

 

・・・と言うのも既に査定に出しているのであれば、査定を行った業者から必要な書類に関しての説明があるからです。

 

ちなみに車買取一括査定などを利用して買取り査定を依頼するのであれば、最初に車の必要な情報を入力する為に”車検証”が必要となりますが、それ以外は基本的に必要ありません。

 

ですので、正直な所、いまから用意しなくても、実際に”どこの業者に売却するか?”が決まってから必要な物を揃えても遅くはありません。

 

契約時に必要な書類は?

 

それでも「事前に揃えておきたい」とか、「ある程度必要なものを知っておきたい」と言う人もいるかもしれませんので、念の為必要な書類を一覧でまとめてみました。

 

自動車検査証(車検証)・・・基本は車に積んでいる
自賠責保険証・・・基本は車か、自宅で保管している
印鑑証明書・・・市町村役場で取得出来ます。
実印・・・印鑑証明をしているもの
自動車納税証明書・・・毎年5月〜6月に支払った
委任状・・・買取り店側で用意してもらえます。
譲渡証明書・・・買取り店側で用意してもらえます。
リサイクル券・・・車検証と一緒に保管されている場合がほとんど

 

上記に加えて、引越ししている場合は”住民票”が必要となる場合もありますが、こういった書類に関しては、車を実際売却する事になれば、買い取り店側で流れや必要書類に関しても説明があります。

 

事前に用意しておくとスムーズに行く場合もありますが、もし揃える書類が抜けていたり、間違いがあったりすると2度手間になってしまうので、基本的には売却が決まってからの用意で良いかと思います。

 

ローンが残っている車の売却について

 

尚、車の売却を考えている人の中には「まだローンが残っている」と言う人もいるかもしれません。

 

この場合、基本的にはローンの支払いを完了し、その後車の所有者をローン会社から自分名義に変更する必要があります。

 

ちなみにローン会社は名義変更の件について教えてくれないケースも多く、数年前にローンを完済したのに、まだ車の所有者がローン会社になっていると言うケースも実は少なくありません。

 

ローンが残っていても売却出来るケース

 

上記で説明した通り、基本的にはローンが残っていたり、名義変更をしていないと売却する事は出来ません。

 

しかし、買い取り店側がローン返済サービスを行っている場合で、ローン残債よりも買取額の方が高い場合は、買取り店が買い取り額から支払ってくれるケースもあります。

 

例) ローン残債50万円の場合で買取り査定額150万円の場合・・・

150万円−50万円=100万円を受け取れる

※尚且つ、名義変更などの手続きも買取り店側がやってくれる場合もあります。

 

 

車売却時の契約書類には注意!

 

実際にいくつかのお店に買取り査定をしてもらい、その結果高く見積もりを出してくれたA社に買取りを決めたとします。

 

A社と車の売却に関して契約書にハンコを押した後、最初に見積もりを出してくれてA社より安かったB社が、後から査定額をかなり高めに提示してくれました。

 

この場合、「A社との契約を解除してやっぱりB社に売却しよう」と考える場合もあるかもしれませんが、このケースだと契約書にハンコを押している為、かなり手続きが面倒になる可能性があります。

 

そればかりか後ほど面倒なトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、出来ればすぐに契約書にはサインせずに、複数社の見積もり額がしっかりと確定してから契約書にサインする事をオススメします。

 

 

 

車の売却時に必要なものに関しては、いくつかの書類を揃えなければいけない為、基本的に契約が決まってから買取り店側に聞いた方が無難です。

 

ただ、ある程度必要な物を把握しておくと、売却する前に段取りを組む事が出来るので、出来ればもう一度記事内容を確認し把握しておく事をオススメします。