新車購入、ディーラーから見積書をもらう際のポイント!

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

新車購入、ディーラーから見積書だけ貰う方法!ポイントと注意点

新車購入、ディーラーから見積書だけ貰う方法!ポイントと注意点

 

車の購入は、人生でそう何度も経験する事のない大きな買い物です。

 

特に新車の購入となると、十分に納得した上でお得に購入したいと考えるものですよね。

 

そんな時重要になってくるのが見積り書を取る事です。見積り書があれば、諸費用も含め正確な新車の購入金額を知る事ができますし、また見積り書がなければ値引きの交渉なども出来ません。

 

ですが、ディーラーから見積り書をもらうにあたって、以下のような疑問をお持ちの方も多いようです。

 

ディーラーで見積書だけもらう事ってできる?
見積り書をもらうのは購入を決定してからの方がいい?
見積り書を見る時に確認すべきポイントはある?
見積り書をもらってから断るのはアリ?

 

そこで今回は、新車購入時にディーラーから見積もり書だけもらう方法やポイントについて詳しくご紹介させていただきます。

 

新車購入を検討されている方は、是非参考にしていただければと思います。

 


新車購入時に見積もりを取る方法!見積もり書だけ貰う事って出来る?

新車購入時に見積もりを取る方法!見積もり書だけ貰う事って出来る?

 

新車の購入を検討しているとは言え、「この車を購入する!」とまだ決定していない段階なら、先に見積り書だけもらって、他のメーカーや車種などとも比べながらじっくり検討したいという場合もあります。

 

そういった場合に、デイーラーに行って見積り書だけもらう事はできるのか?は気になるところですよね。

 

まずは、新車購入時にディーラーで見積もりだけもらう方法や、インターネットで見積もりを取得する方法についてご紹介します。

 

まずはネット上で見積もりシミュレーションを行う!

まずはネット上で見積もりシミュレーションを行う!

 

最近では、ほとんどの自動車メーカーのホームページで、事前にネット上で見積もりシミュレーションを行う事が可能です。

 

希望の車を選択しオプションなどを選択すると、簡単に見積り書がプリントアウト出来るようになっています。

 

購入する車がまだ決まっていない場合や、予算内で購入できる車かを判断するためにも、まずは見積もりシミュレーションを利用してみましょう。

 

自動車メーカー公式サイト 見積もりシミュレーション

 

各自動車メーカーの見積りシミュレーションは以下のページからご利用できます。

 

 

シミュレーションの方法はだいたいどのメーカーでも同じで、以下のような手順で行います。

  1. 車種選択する
  2. グレードを選択する
  3. オプションやカラーなどを選択する
  4. 見積り結果が表示される

 

販売店にわざわざ出向く事なく、興味のある車種の見積りを簡単に取得する事ができます。

 

このような見積もりシミュレーションを事前に行い、ディーラーに行く前にある程度購入したい車種をしぼって、見積もりを取得しておく事がオススメです。

 

ただ、見積りシミュレーションでの金額はあくまで目安でしかありません。

 

新車の正確な価格や値引き交渉は、実際にディーラーへ行って相談する方が確実です。

 

オンライン無料見積もりサイト

 

オンライン無料見積もりサイト

≪出典:オートックワン 新車見積もりサイト

 

こちらは、あらゆるメーカーの新車見積もりシミュレーションができるオートックワン(MOTA)の新車見積もりサイトです。

 

こちらの見積もりサイトには、全国4,000ものディーラーが加盟しており、住んでいる地域の近くのディーラーから見積もりを取り、WEB上でディーラーと商談する事も可能です。

 

新車見積もりを取る方法は、以下のような手順になります。

  1. メーカー・車種を選択する
  2. 郵便番号を入力して送信
  3. グレード指定・連絡先を入力
  4. 確認画面で入力事項を確認
  5. データを送信する

 

上記の方法で申し込みをすれば、以下のような流れで見積もりを取得する事ができるようになっています。

 

オートックワン見積もりサイト 見積もりの流れ

≪出典:オートックワン 新車見積もりサイト

 

ネットから簡単に新車一括見積もりが出来るこのサイトは、「何回も販売店に足を運んでいる時間がない」「直接交渉するのは苦手」という人には、便利でメリットも大きいサービスと言えるのではないでしょうか。

 

新車の値引交渉や質問もメールで行なう事が出来ますが、ただやはり大きな値引きは期待できません。

 

新車一括見積もりで得た情報を元に、実際にディーラーに行って値引き交渉するのが得策です。

 

見積もりだけ貰う事も可能!ディーラーに行って取得する方法!

見積もりだけ貰う事も可能!ディーラーに行って取得する方法!

 

ディーラーに行って新車の購入を考えている事を伝えれば、もちろん見積もり書だけをもらう事も可能です。

 

すぐに購入する気が無い場合でも、「新車の購入を考えているんだけど、他に気になる車もあって迷っている」「とりあえずどれくらいの費用になるのか知りたい」などと正直に伝えても問題ありません。

 

ただ、ディーラの営業マンは車を販売したいわけですから、色々な話をしながら、どれくらい購入する気があるのかというのを探ってきます。

 

営業マンからの車についての説明や話もまったく聞かず、見積もりだけを欲しがると「購入する気のない冷やかしの客だな」と思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

営業マンと話し込む必要はありませんが、ある程度の話は聞き、新車を購入する気持ちがある事だけ伝えれば、喜んで見積もりも出してくれるでしょう。


新車購入時、損しない為には見積もり書を最初にもらうべき?

新車購入時、損しない為には見積もり書を最初にもらうべき?

 

見積り書と聞くと、何となく交渉が進んで最終段階で行うような気がしますが、実際はそんな事は有りません。

 

見積り書は、ディーラーに出向いた1回目で最初にもらう事がオススメです。

 

なぜ見積り書は最初にもらう方が良いのか?その理由について、また交渉を有利に進めるための見積もりの活用方法についてご紹介します。

 

交渉を有利に進める見積もり活用術!

交渉を有利に進めるための見積もりの活用方法ですが、まずは前項でご紹介したネット上の見積もりシミュレーションを行い、とりあえず購入を検討しているすべての車の見積りを取得します。

 

知っている方からすると何でもない情報ですが、車に疎い人の場合は意外にこのネットの見積もりについて知らない人も少なくありません。

 

ネット上で目ぼしい車全ての見積もりを取っておく事で、新車の価格相場や、どれぐらい値引き出来るのか?と言うのもその後ネットで調べやすくなります。

 

また、実際に販売店に行った際にも他の車との違いなどを交えて商談する事が出来ます。

 

各メーカーごとにメリット・デメリットがありますが、営業マンは基本的にメリットしか伝えない事も多く、しっかりと複数の車の見積もりを持って突っ込んで話をすると、交渉を有利に進める事が出来てしまいます。

 

この方法は、値引きが苦手な人でも”いつの間にか値引きを引き出せる”可能性もありますので、最低限初めに行っておきたい見積書についてのポイントです!

 

最初に見積もりをもらうべき理由!

前述したように、見積もりはまずネットで見積もりを取得し、その後販売店に出向いた1回目で最初に見積書を貰うようにしましょう。

 

なぜ最初にもらうのがいいのか、その理由としては、まずはこっちの情報を開示せずに正確な見積もりを貰えるからです。

 

後々の交渉の事を考えても

予算を知られない方がいい
今乗っている車を下取りに出すかを知られない方が良い
いつまでに購入すると言う期限は知られない方が良い

ので、最初から営業マンと話しこんでこっちの色々な情報を知られるより、1回目はサッと行って、見積書だけを貰い一旦自宅に帰ります。

 

そこで実際の相場と比べて、値引き出来そうな部分をネットで調べて情報を得る事で、2回目にディーラーに行った際に有利に交渉を進める事が出来ます。

 

一度見積もりを貰ってからでももちろん値引き交渉は出来ますし、再度値引き後の見積もりを貰う事は可能です。

 

ですので、営業マンの話しを聞くのは良いですが、最初はあまりこちらの情報を伝えず、見積もりをとりあえず最初に貰う事をオススメします。


見積もり書を見る際に注意したい事!チェックするポイントは?

見積もり書を見る際に注意したい事!チェックするポイントは?

 

実際に見積もり書をもらう事が出来たら、ここから値引き出来る額を調査したり、オプションについて検討して行く事になります。

 

見積もり書には多くの項目が記載されており、どこを注意してみればいいのか?特に初めて見積書を見る人は分からない事も多いかと思います。

 

上手に値引きの交渉をして、お得に新車の購入をするためにも、見積り書を見る際のポイントをしっかり理解しておきましょう。

 

見積もりより高くなる可能性も?支払総額に注意!

まず、見積書に書かれている≪お支払総額≫に関してですが、この総額が書かれた近くに≪※現金販売時≫と書かれている場合があります。

 

この場合は注意が必要で、新車を購入する場合はほとんどの人がローンを組むことになるかと思います。

 

この支払総額には基本的にローンを組んだ際の金利、手数料などが書かれていません。

 

結局購入してから払う総額が、この見積書よりも高くなると言うケースがほとんどなので事前に確認したい所です。

 

本当に必要?オプションの内容と金額をチェックしよう!

つづいて注意したい点としては、オプションに関しての項目です。

 

新車購入時のオプションに関しては、相場などが分かりにくく、そこまで必要のないものにかなり高い費用が書かれている可能性があるので注意したいところです。

 

基本的なパーツがセットになったオプションが、最初から見積り書に記載されている場合もあります。

 

例えば、フロアマットなどは特に純正でなくても良いのなら、数万円払って付ける必要もありません。

 

オプションはしっかりとそれぞれの価格についても確認し、本当に必要な物だけを付けてもらうようにしましょう。

 

手数料には何が含まれている?値引き出来る可能性もあり!

手数料についても、見積り書を見る際に注意したいポイントになります。

 

見積書の中には≪納車費用≫などの手数料に高額な金額が設定されている場合があります。

 

また、車を下取りに出す場合だと≪下取り車査定料≫なども含まれている事があります。

 

この≪納車費用≫≪下取り車査定料≫に関しては、納車費用は自分で取りに行けばカット出来ますし、下取り車査定料は基本的にカットしてもらいやすい手数料の一つです。

 

こういった、手数料関連については一応書かれてはいるものの、交渉次第でカットしてもらえたり、値引きしてもらえる可能性もあるので、しっかりと手数料の項目もチェックしたい所です。

 

下取車価格と新車購入の値引き額は要チェック!

下取車価格と新車購入の値引き額は要チェック!

 

下取り車がある場合に最も注意したいのが、下取り査定額と新車の値引き額です。

 

ディーラーの下取りでは、この下取り査定額と新車購入の値引き額があやふやにされてしまう事が多くあります。

 

値引きを多く見せるために下取り額を安くしたり、反対に値引きを少なくして下取り額を上げる場合もあります。

 

例えば

値引き20万円+下取り30万円=購入金額から50万円の値引き
値引き30万円+下取り20万円=購入金額から50万円の値引き

というように、、ディーラーにしてみれば利益は同じなのです。

 

お得に購入出来たと思わせるための、昔から使われているディーラー側の販売手法です。

 

また、≪下取り額20万円 新車値引き額30万円≫だとすると、下取り車の相場を知らない人は、下取り車も20万円で引き取ってくれたし、値引きをたくさんしてもらえてお得に購入できたと喜ぶかもしれません。

 

しかし実際には、下取り車を他社で買取してもらうと50万円の価値がある車だったという場合もあります。

 

そうすると、結局はディーラーでの新車の値引き額は0円だったという事になります。

 

このように、下取り額と新車の値引き額が一緒になっている場合は注意が必要です。

 

見積りをもらう際に、下取りなしの見積りを作成してもらうか、下取り額と値引き額それぞれの額をしっかり把握し確認しましょう。

 

下取り車がある場合は、ディーラーとの交渉の前に下取り車の買取相場を知っておく事も大切です。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

車の下取り前におすすめの買取業者【※高く売るならどこがいい?】

車の下取り前におすすめの買取業者【※高く売るならどこがいい?】

【はじめての車の売却】車を売る場合、「ディーラーへの下取り」「買取業者」のどこで売るのが良いのかは大きな悩みどころです。当記事では自分の車を高く売るオススメの業者を紹介しています。車の売却先を選ぶ参考になる様にご紹介させて頂きます。


新車購入時の見積もりに関するQ&A!

新車購入時の見積もりに関するQ&A!

 

最後に、新車購入時の見積もりに関してよくある質問についてまとめてみました。

 

新車の購入で見積もりをもらうのは初めてという方は、是非参考にして頂ければと思います。

 

見積もりを出してもらった後に断るのは失礼?

見積もりを出してもらった後に断るのは失礼?

≪出典:YAHOOA!知恵袋

 

このように、ディーラーで見積もりをだしてもらい具体的に話も進んでいる段階だと、断りにくいと感じてしまう人も多いようです。

 

ですが、車の購入は決して安い買い物ではなく、いくつかの見積もりを比べて車を選ぶというのは当然の事。

 

ある程度話しが進んでいたとしても、契約を交わしていない見積りの段階なら断る事は問題ありません。

 

車の購入は十分に比較検討し、納得した上で購入する事が大切です。

 

見積もりを取るのにかかる時間はどれくらい?

見積もりを取るのにかかる時間はどれくらい?

≪出典:YAHOOA!知恵袋

 

実際にディーラーで試乗や見積もりをした人の口コミなどをネット上で調べてみました。

 

新車の見積もりを出してもらうのにかかる時間は、営業マンからの車の説明などを含めてもだいたい30分程度で、試乗も行ったとしても1時間ほどで終わる場合が多いようです。

 

これくらいの時間なら、他の店舗も回って一日に数社の見積もりを取る事も出来そうですね。

 

欲しい車が決まっているのなら、ネットの見積りシミレーションなどを事前に行い、ある程度その車の知識を入れておくと、さらに時間は短縮出来るのではないでしょうか。

 

新車を購入する時は相見積もりを取った方がいい?

新車を購入する時は相見積もりを取った方がいい?

≪出典:OKWAVE

 

結論から言うと、新車購入時は相見積もりを取った方がいいです。

 

なぜなら、新車を購入する際に、検討している車種を比較して相見積もりを取る事によって得るメリットが多くあるからです。

 

相見積もりを取るメリット

価格の相場が分かる
値引き交渉がしやすくなる
各社メーカーの対応を比較する事が出来る

 

1社のみで契約してしまうと、そのディーラーの営業マンの言う事だけが全てになってしまい、ディーラーのいい値で販売されてしまう事にもなりかねません。

 

相見積もりをして最終的にどこで購入するかを決めた後、「他のディーラーに断りを入れるのは気が引ける」と思う方もいるようですが、心配しなくても大丈夫です。

 

ディーラー側も、何社かで競合されている事は心得ていますし、相見積もりを取って最終的に断られる事なんて普通にある事なので、それほど気にする事もありません。

 

また、ディーラーで新車の値引きが出来る金額というのはだいたい決まっていますので、無理な値引きをしてくれる事もありません。

 

ただ、値引き交渉もせず1社のみで決めてしまうと、足元をみられて損をしてしまう可能性があります。

 

なので、値引き出来るぎりぎりの金額を引き出すためにも、相見積もりを取るのが損をしないための有効な手段なのです。

 

新車購入時の見積もりに関しては、ネット上からも気軽に取る事が出来ますし、ディーラーでも欲しい車やオプションなどを伝え見積り書だけ貰う事も可能です。

 

ただ、せっかくもらった見積書もうまく活用できないともったいないので、是非上記で説明したようなポイントを抑えて、出来るだけお得に新車を購入してくださいね。

 

尚、下取り車がある場合は、見積書を貰う前に自分の愛車の下取り相場を知っておくと、交渉も非常に有利に行えるのでオススメです。

 

※車を下取りに出す予定がある方はこちらも是非参考に♪

車の下取りvs買取一括査定徹底比較!各メリットとどっちが良いか?

車の下取りvs買取一括査定徹底比較!各メリットとどっちが良いか?

車の下取りと買取一括査定、本当に高く売れるのはどっち?当記事ではそんな疑問がすぐに解決。車の下取りと買取一括査定を様々なポイントで徹底比較しました!メリットやデメリットを理解し、賢く車を買い替えましょう♪


新車購入、ディーラーから見積書だけ貰う方法とポイントまとめ!関連ページ

安いファミリーカーまとめ!
【※300人に調査!】みんなが買ってる人気の安いファミリーカーについて、実際に300人にアンケート調査を実施してまとめました。100万円までで人気の安いファミリーカーは?101〜200万円まででにんきのファミリーカーは?それぞれランキング形式で紹介しています。
手取り給料と車のローンの目安!
今回この記事では手取り給料と車のローンの目安、購入にかかる費用や維持費など車とお金に関する情報についてまとめました。車を無計画に購入してしまうと後で後悔する事になってしまいます。是非この記事を参考に車の購入を計画的に進めて下さいね。
値引き相場と交渉のコツ!
新車購入時の値引き交渉術と、どれぐらいまで値引き出来るか?の相場や限界についてまとめました!値引きが苦手な人でもうまく割引してもらう為の交渉術や、値引きに関しての話を持ち出すタイミングなどもまとめていますので、初めて新車を購入したり、近々車の買い替えを検討しているなら是非一度チェックしてくださいね!
車検と買い替えどっちが良い?
車検に出すか?それとも買い替えるか?どちらにするかは迷う所・・・。そんなあなたに向けて、それぞれのメリット、デメリット、乗り続けるか?買い替えるか?の分かりやすい判断基準などをまとめています。
新車をディーラー以外で買う方法!
新車の購入を検討しているけど、ディーラーの営業や店の雰囲気が苦手・・・。ディーラー以外で新車を買う事は出来るのか?今回はそんな疑問に関してまとめてみました。ディーラー以外で購入するメリット、デメリットや、安く買えるのか?不安なメーカー保証についても詳しくお伝えしていきます。
新車購入時の保険に関するポイント5選!
新車購入時に悩む車両保険や任意保険についてのポイントをご紹介しています。切り替えた方が良いのか?保険に加入するタイミングは?など、これから車を買い替えようと思っている人が気になる保険の事を詳しく分かりやすく厳選してお伝えしていきます!
新車を選ぶ時のコツ3選!
新車購入時の車選びのポイントやコツをご紹介しています。高額な買い物になる車の買い替え・・・新車ともなると慎重に行きたくなりますよね。そんな時、事前にご覧頂くとお役に立てるのではないかと思います。新車を選ぶ基準や絞り込み方、比較するのに最適なシュミレーションサイトなども紹介しているので、是非一度目を通して下さいね!
ディーラーでの新車値引き
新車購入時は最寄りのディーラーへ行って交渉する人も少なくありません。しかし、値引き交渉があまり旨くない人からすると、必ずと言って良い程しなければならないディーラーとの交渉は中々難しい所です。そこで、当記事では、ディーラーでの値引きのコツや値引き出来る相場などについてまとめました。これから新車を購入しようと考えているなら、一度目を通して下さいね!
新車購入新車買うならどこがお得?
新車購入時の店選びについてのポイントをまとめました。店によって値引きに差は出るのか?営業マンや販売店との相性は重視した方が良いのか?など、これから新車を購入しようと思っている方にとって役立つ情報をお伝えしていきます。
新車を買うメリットとデメリット
新車の購入を検討しているとふと『新車を買う方が良いのか?中古車を買う方が良いのか?』と迷う事があります。そんな時にしっかりと新車購入時のメリット、デメリットを把握していると、後々後悔する事もないので、是非購入前にしっかりとメリット、デメリットをチェックしておいてくださいね♪
2015年のエコカー減税まとめ
エコカー減税が2015年から延長される事になりましたが、その減税対象や内容はどれぐらい変わっているのでしょうか?また正式にはいつからいつまでがエコカー減税対象となるのでしょうか?この辺についてまとめました。もし、新車購入で迷っていて、エコカー減税について詳しく知りたいと言う事なら、是非参考にしてもらえればと思います。
ライバル車についてのまとめ
新車購入時には欠かせない値引き交渉ですが、ライバル車の知識を持っておくだけで交渉が有利に進みます。そんなライバル車についてのまとめと、比較する上で絶対に外せないオススメの比較サイトをご紹介しています。これから新車購入や車の買い替えを検討しているなら是非一度目を通して下さいね!
オプション値引きは可能か?
新車購入時をディーラーで考えている場合、見積書の中のオプションの値引きについて疑問に思う人も多いようです。そこで、実際にディーラーでのオプション値引きは可能なのか?また値引き交渉のコツなどはあるのか?について詳しくまとめました。ディーラーオプションに関する基本知識も紹介していますので、これから新車購入を検討しているなら是非目を通しておいて下さいね♪
車購入時の頭金はいつ払う?
新車購入時に悩む頭金に関してまとめてみました。頭金を入れる際の相場やいつ払うのか?など、初めての新車購入時には迷ってしまう所です。またフルローンで購入する事は出来るのか?そのメリットやデメリットについてもお伝えさせて頂きます。
新車購入とリサイクル料まとめ
新車購入時に必ず支払わなければいけないリサイクル料金に関してまとめました。リサイクル料金の細かい内訳と費用は?新車購入時に発生したリサイクル料金は戻ってくるの?など気になる疑問を分かりやすく回答しています。もし一つでも疑問に思うような事があれば、是非目を通してみてくださいね。
新車購入、安い時期はいつ?
新車購入時には値引き交渉は当たりまえ、そうは分かっていても、中々難しい値引き交渉、出来れば一番値引きしやすい時期に交渉したい所です。そこで当記事では、値引きしやすい時期とタイミングについてまとめてみました。今回は新車購入時の値引き時期について詳しく説明します。
新車購入とモデルチェンジ
新車購入時にはモデルチェンジ前を狙うと安くなると言う噂がありますが本当なのでしょうか?今回はこのモデルチェンジについての基本知識の説明と、値引き交渉のコツについてご紹介していきます。これから新車の購入を考えている人は是非一度読み進めて下さい。車の買い替えとモデルチェンジについてが詳しく理解できますよ♪
2018年おすすめのミニバンは?
たくさんの人数が乗れて、広い荷室が魅力的なミニバン、新車購入の際には検討する人も多いかと思います。そんなミニバンについて、当記事では、2016年注目のミニバンやオススメの車を紹介していきます。これからの新車の購入や買い替えを検討していて、ミニバンを考えているなら是非一度目を通して下さいね。
2018年注目のコンパクトカー
今回は2018年おすすめのコンパクトカーと言う事で、なぜそのコンパクトカーが人気なのか?またおすすめなのか?を価格帯や燃費などから比較してランキング形式で紹介させて頂きます。今後コンパクトカーの購入を検討している場合は是非ご参考頂ければと思います。
残価設定ローンまとめ!
新車購入時の支払い方法としては、ローンを組むことになる事がほとんどかと思いますが、その中でも最近話題の残価設定ローンについて今回はまとめてみました。一見安く新車が購入できる気がする残価設定ローンですが本当にお得なのでしょうか?もしあなたも新車購入を検討していて迷っているなら、是非ご参考下さいね!
新車購入時の流れまとめ!
初めての新車購入は嬉しく楽しい気持ちになるもの。でもローンを組む場合、手続きや審査などやはり大きな買い物だけに少し不安もありますよね。今回このページではローンの審査や自動車保険の契約など、新車購入時の流れについてまとめましたので是非ご覧下さい。
新車3年後の下取り価格と相場!
車好きな方の中には短い期間での買い替えを検討される方も多いのではないでしょうか?今回は新車3年後の下取り価格について、価値はどれくらいか?買い替えはありか?についてまとめてみました。車の買い替えをお考えの方は是非チェックしてみて下さい。
新卒が車を購入する場合の相場と予算!
就職が決まり毎月収入が入るようになると、車の購入を考える人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが費用。今回は新卒が車を購入する場合の予算相場や車の年間の維持費などについてまとめました。車を購入予定の新卒の方は是非チェックしてみて下さいね。