下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

新車購入時のリサイクル料金まとめ!

「新車購入時のリサイクル料金まとめ!【※下取り時の扱いや内訳は?】」がイメージ出来る画像02

 

新車を購入する際に支払うリサイクル料金は、2005年1月以降に国が定めた『自動車リサイクル法』に基づき、必ず支払わなければなりません。ですが、あまり車関係に詳しくない人からすると、何となく腑に落ちないこの料金・・・

 

実際に新車購入時のリサイクル料金に関して、下記のような疑問を持っている人も多いようです。

「新車購入時のリサイクル料金の内訳ってどうなってるの?」
「新車購入時の、リサイクル預託金、リサイクル券って一体何?」
「新車で買った車を下取りしてもらう場合、リサイクル料は戻る?」
「廃車料とリサイクル料ってどう違うの?」

 

と言う訳で、今回の記事では≪新車購入時のリサイクル料金について≫まとめてみました。一つでも疑問に思う際には是非チェックしておいてくださいね。

 

尚、「リサイクル料金について全く分からない」と言う場合は、以前にもリサイクル料とリサイクル法に関して『車買い替え時のリサイクル料はどうなる?【リサイクル券の基礎知識】』でも詳しく紹介していますので、こちらからご確認頂くとよりわかりやすくなるかと思います。


リサイクル料金の基本情報と内訳

リサイクル料金の基本情報と内訳

 

まずはリサイクル料金についての相場や内訳について説明させて頂きます。リサイクル料は一般的に『リサイクル法関連費用』などと呼ばれ、新車購入時には見積書に記載されています。

リサイクル法関連費用の内訳

見積もりを確認するとしっかりとリサイクル料が書かれていますが、”何にどれぐらいの費用がかかるのか?”と言う点については書かれていません。ほとんどの場合、リサイクル料の相場としては、

自動車の種類 リサイクル料金の相場
軽自動車・小型車

7,000円〜15,000円

普通乗用車

10,000円〜20,000円

大型トラック

10,000円〜15,000円

バス

40,000円〜65,000円

と言う形で、基本的に、新車購入時、車検時、廃車時のいずれかに支払う事となります。尚、この価格の内訳としては以下のようになります。

リサイクル料金の内訳
シュレッダーダスト料金

廃車にした車を解体、粉砕した際に出るゴミを処分する料金。約6000円〜18000円の間で、詳しい金額は記載されていない。

エアバッグ類の料金

こちらはその名の通り、エアバックの回収や運搬、リサイクルする上で必要となる費用で、車によって装備されているエアバックの個数で金額が変わると言われています。こちらもそれぞれによって異なる為、詳しい料金は分かりません。

フロン類の料金

エアコン付きの車の場合に発生するフロン類の回収、運搬、処分に必要な費用です。現代ではエアコンがついていないクルマは皆無なので、こちらも支払う必要がありますが、エアバッグ、シュレッダー費用と同じく、詳細な金額は分かりません。

情報管理料金

使用済みの車の状況や情報を管理する為に必要な料金。以下に説明する≪資金管理料金≫と合わせて、新車登録時には510円、廃棄時には610円の費用がかかります。

資金管理料金

リサイクル料金を収納する際や、管理、運用を行う際に必要な料金で、前述の≪情報管理料金≫と合わせた料金がかかる。

上記のように、リサイクル料金が”何に使われているか?”と言う点に関しては、上記の通りですが、細かい金額の内訳は実際に廃車にする車によって異なるので、詳しくは分かりません。全てを合計した金額が、前項で説明した、リサイクル料の相場となります。

 

リサイクル券とリサイクル預託金について

以前にもこのリサイクル券とリサイクル預託金については詳しく説明していますので、ここでは簡単に説明させて頂きます。

リサイクル券

 

リサイクル料金を支払った際に貰える証明書の事で、ほとんどの場合車検証と一緒に保管されています。なくなった場合は≪自動車リサイクルシステムのホームページ≫から、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してリサイクル券の代わりにする事が可能です。

 

リサイクル預託金

 

リサイクル預託金とは、リサイクル料の事を指すのですが、厳密にはリサイクル料は廃車する際に必要な料金なので、前払いとして預ける事になります。なので、リサイクル預託金と言う言い方をします。


新車購入時のリサイクル料金について良くある質問

新車購入時のリサイクル料金について良くある質問

 

リサイクル関連費用と、リサイクル券について理解を深めて頂きましたので、ここから新車購入時によくあるリサイクル費用に関する疑問と回答を紹介させて頂きます。

新車購入時に支払ったリサイクル料は戻る?

前述の通り、基本的にリサイクル料金は廃車する際にかかるので、廃車にしないのであればかかりません。そう考えると、車を買い取りに出したり、下取りに出したりすると戻ってくるように思います。

 

この答えについてですが、基本的には戻ってくる費用で、販売店やディーラーによっては現金で口座に振り込んでくれる場合もあれば、下取り額や新車購入時の値引き額の中に含まれている場合があります。

 

一応は戻ってくる事には変わりないのですが、購入するお店によって扱い方が変わってきますので、新車購入時や車の買い替え時にはしっかりと確認しておく事をオススメします。

 

確認方法としては、売却や契約の際に「今乗っている車のリサイクル預託金ってどうなりますか?」と一言聞けばOKです。

 

廃車料とリサイクル料ってどう違うの?

車を廃車にする際に廃車料がかかりますが、基本的に廃車時にリサイクル料がかかるので、何故両方必要なのか?と疑問に思う人も少なくありません。この答えとしては、車を廃車にする際に、リサイクル出来る部分と出来ない部分があるからです。

 

リサイクル出来る部分はリサイクル料で支払う事が可能ですが、廃車するには車を運ぶ費用や解体費用、更にディーラーや販売店が解体屋まで運んで手続きをする費用がかかり、これらが廃車費用として請求されます。

 

 

 

新車購入時のリサイクル料金については、あまりディーラーや販売店からの詳しい説明がない為、理解しにくい所では有ります。

 

ですが、基本的にはリサイクル法として払う事が義務付けられている為、値引きする事も出来ないので、こちらだけでも覚えておきましょう。尚、新車購入時の値引きに関しては『ディーラーでの新車値引きのコツ5選!交渉が苦手な人は必見♪』で詳しく紹介していますので、併せて読んでみて下さいね♪