車購入時の頭金の目安はいくら?

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

車購入時の頭金の目安は2〜3割!頭金による返済額と利息の違い

車購入時の頭金の目安は2〜3割!頭金による返済額と利息の違い

 

マイホームに次ぐ大きな買い物である車。

 

このため、車を購入する際にはほとんどの方がローンを利用します。

 

そんなローンを組む際には頭金を支払うことが多いですが、この頭金については以下の様な疑問が出てくることもあります。

 

「車の頭金って、どれくらい入れればいいの?」
「中古車を買うときも、頭金はあったほうがいい?」
「新車の購入でローンを考えているんだけどフルローンより頭金入れる方が良い?」
「頭金に関してどれくらい入れて何年ローンぐらいが妥当なのかわからない・・・」

 

そこで今回は、こういった疑問の解消にぴったりな情報をまとめていきます。

 

車の頭金の相場や支払いなどについて気になっているという方は是非チェックしてみてくださいね。

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

年収別の車選び!【※年収相応の車の購入価格や予算の目安は?】

年収別の車選び!【※年収相応の車の購入価格や予算の目安は?】

【※車購入者300人に調査!】車の購入を検討する際は、年収に応じた予算の目安を設定すべきです。当記事では年収別の車の選び方について実際にアンケートを取って分かりやすくまとめました。年収200万円から1000万円まで、実際に購入した車などを紹介しています。

 


車購入時の頭金の目安ってどれぐらい?

車購入時の頭金の目安ってどれぐらい?

 

車を購入する際に支払う頭金。「車購入時の頭金の目安はいくら?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、頭金の相場や目安についてまとめていきたいと思います。

 

頭金の相場は車体価格の2〜3割が目安!

基本的に新車を購入する際にはローンを組みます。ローンを組むと言う事はほとんどの場合、頭金を最初に支払うかと思います。

 

ではこの頭金、だいたいどれぐらい最初に入れるのかというと一般的には車体価格の2〜3割(20〜30%)と言われています。

 

例えば150万円の新車を購入する場合は、およそ30〜45万円程頭金を入れて、残りの120〜105万円程でローンを組む事になります。

 

ただ、絶対に2〜3割の頭金を用意しなければならない訳ではなく、例えば新車購入費用が127万円などの場合は、端数の27万円のみを頭金に入れて、残りの100万円と言うキリの良い数字でローンを組む人もいます。

 

ちなみに購入価格の2〜3割にあたる金額の計算方法は、

車両本体価格×0.2(0.2〜0.3)=頭金

です。

 

購入する車と金額が大体決まってきたら一度計算しておくと良いかもしれませんね。

 

このように車の頭金は車両本体価格によって左右されますが、一般的な車の購入価格は「150〜500万円程度」が相場となります。

 

したがって、頭金の平均的金額は「30〜100万円程度」と言えるかもしれません。

 

頭金による返済額と利息の違い!

頭金を入れれば返済額が減るので毎月の支払いは楽だと思います。ですが、頭金の金額次第で利息は増減するので要注意です。

 

以下の表は車両価格200万円と500万円の車を頭金ごとに比較したものです。

 

返済期間は60回、金利(年率)は3%で統一しています。

 

車両価格200万円(返済回数60回・金利3%)
項目名1 項目名2 項目名3 項目名4
200,000 1,800,000 32,344 140,640
400,000 1,600,000 28,751 125,060
600,000 1,400,000 25,156 109,360
800,000 1,200,000 21,562 93,720

※実際の金額とは異なる場合があります

 

車両価格500万円(返済回数60回・金利3%)  
項目名1 項目名2 項目名3 項目名4
500,000 4,500,000 80,859 351,540
1,000,000 4,000,000 71,875 312,500
1,500,000 3,500,000 62,890 273,400
2,000,000 3,000,000 53,906 234,360

※実際の金額とは異なる場合があります

 

頭金を多く入れれば入れるほど、その金額(頭金)には利息が付かないので返済額と支払利息も減ります。

 

恐ろしいことに車両価格500万円の場合、頭金50万円と200万円では支払利息に約12万円もの差が生じています。

 

さすがにこれだけ違えばほとんどの人が「金利分がもったいない」と思うのではないでしょうか?

 

金融機関の頭金の下限額の設定に注意!

頭金を入れれば月々の支払いも安くなりますし、無駄な金利の一部も省くことができるので「ちょっとでもいいから頭金を準備しよう」と考えている人は多いのではないでしょうか?

 

基本的に頭金は購入者が自由に設定できます。しかし、金融機関がその金額を頭金として認めてくれるのかは別問題、金融機関には頭金の下限額が設定されていることもあるので注意が必要です。

 

下限額の目安となるのは購入価格(総額)の10%程度と言われており、その金額を下回ると頭金として認めてもらえないケースも少なくありません。

 

そこで、それぞれの価格帯の下限額を見てみましょう。

 

購入総額 頭金下限額
100万円 10万円
200万円 20万円
300万円 30万円
400万円 40万円
500万円 50万円

 

このように購入金額が大きくなればなるほど下限額も上昇します。

 

金額の高い車を買う際は最低限いくらぐらいの頭金を準備すべきか?を多少なりとも把握しておくことが大切です。

 

頭金下限額はあくまで「頭金として認められない金額」です。「融資を受けられない金額」ではないので間違えないようにしてください。

 

車の頭金は中古車と新車で変わる?

新車より価格の安い中古車であっても、格安といえるレベルでなければ購入時にはまとまったお金が必要になります。

 

このため、中古車購入時にもローンを利用するケースは多いです。中古車の場合でも、頭金を支払うことは可能です。

 

ただ50万円程度の金額のローンを返済期間1年で組む場合、頭金を入れたとしても利息を含めた支払総額が数千円程度しか変わらないということもあります。

 

その場合でも、頭金を入れたほうが月々の返済額は少なくなるので、その金額を抑えたいのであれば頭金を入れることをオススメします。

 

なお一般的には、中古車であっても頭金の相場の目安は新車のそれと変わりません。

 

ですから車両本体価格の2〜3割程度を頭金として入れることになります。


車購入時のローンで気をつけたい利率の事

車購入時のローンで気をつけたい利率の事

 

利率とは、借入したお金に対する利息の割合を表した言葉で、金利とほぼ同じ意味で使われています。

 

この利率が高いと当然ながら支払う金利は多くなります。

 

たとえ1%といっても200万円であれば2万円、2%なら4万円、気をつけないとかなり痛い出費です。

 

自動車ローン(オートローン)は利率が高いの?

さて、自動車ローン(オートローン)の利率は高いのか、それとも低いのかについては結論を出すのが非常に難しい問題です。

 

そこで、まずはいくつかの商品の利率と比較してみたいと思います。

 

商品名 利率(年率)
住宅ローン 1〜1.8%
自動車ローン(銀行など) 1.5〜4%
ディーラー系ローン 4〜8%

※各利率は時期により変動します
※利率は必ずしも上記範囲に入っているとは限りません

 

住宅ローンに比べると高い利率ですよね。ですが新車などでお馴染みのディーラーローンに比べると低い設定になっています。

 

ディーラーローンは基本的に利率が高い設定ですが、言われるがままにローンを組んでしまう人も少なくありません。

 

しかもディーラーローンは車種によって利率が変わることもあるので意外と厄介です。

 

ディーラーローンとは?

 

各自動車ディーラーで勧められるローン商品です。銀行などのマイカーローンと違い、ローンを組むと車の所有権がディーラーや信販会社などになります。一方でメリットもあります。

 

例えば、

審査が早い
比較的審査に通過しやすい
土日祝日でも可能
返済期間が最長で6〜7年

などです。

 

ただし、ディーラー系ローンは銀行オートローンに比べると金利が高いことがほとんどです。

 

返済期間をあまりにも長く設定すると同じ頭金を準備しても利率で支払額が大きくなってしまいます。

 

利率が安いオススメのマイカーローンまとめ!

利率が安いオススメのマイカーローンまとめ!

 

前項で申し上げたように、自然に勧められるディーラーローンよりマイカーローンの方が比較的金利が低い傾向にあります。

 

実際に何社かのマイカーローン商品の金利を見てみると、

ローン商品名 提供業者名 金利(利率) 借入限度額
ジャパンダ・ネットマイカーローン 損保ジャパン日本興亜 1.9〜2.85% 20〜1000万円
MR.自動車ローン 住信SBIネット銀行 1.775〜3.975% 10〜1000万円
関西みらいマイカーローン 関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行) 1.90〜4.20% 50〜1200万円
横浜銀行マイカーローン 横浜銀行 1.7〜2.7% 10〜1000万円
ニューオートローンDX 福岡銀行 2.7〜3.3% 10〜1500万円
マイカーローン りそな銀行 1.900〜4.475% 10〜500万円

※利率(金利)は令和元年10月11日時点のものです
※住宅ローン借入等の条件により利率は異なります

 

どこも利率は4%以内に収まっており、借入限度額も1000万円くらいが相場です。借入限度額が1000万円くらいあれば高級車の購入も夢ではありません。

 

また、ディーラー系ローンが4〜8%くらいなのでローン商品によってはオートローンの方が利率は低くなります。

 

ちなみに、オートローンの最低金利(利率)が適用されるのは住宅ローンを利用している人です。

 

もし今現在、住宅ローンを利用しているのであればその銀行のマイカーローンが一番お得だと思います。

 

そこで、次項ではオススメできる銀行系マイカーローンや信販会社の商品を3つご紹介していきます。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローン(損保ジャパン日本興亜)

 

金利シミュレーションならココが一押し!ジャパンダ・ネットマイカーローン

≪出典:損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

 

損害保険ジャパン日本興亜株式会社が提供しているマイカーローン商品です。ネットから申し込み可能で、事前にローンシミュレーションもすることができます。

 

事前にシミュレーションすれば、毎月の返済可能額と車購入時の頭金の目安も見えてくるでしょう。

 

借入限度額は最大1,000万円、借入期間は499万円までなら最大7年、1,000万円なら最大10年で契約できます。

 

利率は1.9〜2.85%と非常に低金利!金利は固定金利を採用していますから長期借入しても金利変動による返済額の増加はありません。

 

大手のマイカーローンなので、ローンが初めてという人にはオススメの商品です。

 

※無料でシミュレーションができる!金利が安いマイカーローンはコチラ♪

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の詳細はコチラ!

 

Mr.自動車ローン(住信SBIネット銀行)

 

Mr.自動車ローン(住信SBIネット銀行

≪出典:Mr.自動車ローン

 

大手ネット銀行「住信SBIネット銀行」が提供している自動車ローン商品です。こちらも利率は1.775〜3.975%と低金利になっています。

 

Mr.自動車ローンは、車が決まる前でもネットから「仮審査」を申し込むことができます。

 

口座を開設する必要はありますが、ネットで手続きが完了するので忙しい人には便利なサービスです。

 

また、繰上返済も可能です。何回繰上返済しても手数料は取られないので早め早めにローンを減らせるといったメリットもあります。

 

頭金を入れる場合は大体何年ローンが普通?

結論から申し上げれば、頭金を入れる場合、一般的には2〜3年くらいのローンを組む人が多いようです。

 

もし2年なら24回払い、3年なら36回払いになりますが、問題なのは日常生活に支障が出ずに支払っていけるかという点です。

 

支払回数と支払金額を減らすなら頭金を増やさなければいけませんし、頭金を減らしたいなら自動的に毎月の支払いが増えたり支払期間が延びるという結果を招いてしまいます。

 

参考までにフルローンを組むのなら一般的に5年〜6年(60〜72回)、月々の金額は安く済みますが、その反面金利を多く支払うことになります。

 

無理なローン契約は生活費を圧迫するだけでなく、突発的な出来事(事故や故障、車以外の事など)に対応できない事態を招く恐れもあります。

 

自動車ローンのローン年数は、日常生活に多少の余裕が持てる範囲に設定するのがベストです。


頭金なしでローンは組める?

頭金なしでローンは組める?

 

「車購入時の頭金の目安はいくら?」をテーマにお話ししてきましたが、車を買いたいけど「どうしても頭金が用意できない・・・」、「今は大きな出費を控えたい」と悩んでいる人もいると思います。

 

でも、車が必要な以上は何とかして購入しないといけません。

 

問題なのは「頭金なし」でローンを組めるのかどうかという点、そして頭金なしが及ぼす影響についてです。

 

頭金なしのフルローンは可能?

金融機関、ディーラー系ローン、どちらでも頭金なしのフルローンで自動車を購入することができます。

 

ただし、頭金なしのフルローンで車を購入することができるとはいえ、返済期限には限度があるので注意が必要です。

 

たとえば前述の自動車ローンの場合、全てでありませんが最長10年です。10年あれば、憧れていた高級車をローンを組み購入できる可能性が出てきます。

 

しかし、10年の間、車に関するトラブルがなければ良いのですがこればかりは誰にも分りません。

 

こういったこともあり「ローンはなるべく早く終わらせたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

また、100%の確率でフルローンが組めるとは限りません。

 

ローンなら当然、審査はありますし、ローン期間が長ければ長いほど、たとえ利率が低くても支払う金利が多くなるというデメリットも出てきます。

 

頭金なしはローン審査に通過しずらい

頭金なしはローン審査に通過しずらい

 

ローン契約を結ぶ時には必ず審査が伴います。審査では様々な項目から可否を判断すると言われています。

 

その中の一つと言われているのが頭金の有無です。頭金を入れないというのは「貯金が全くない」、「生活に余裕がない」と判断される可能性があります。

 

ローンは返すことが前提で契約するものです。もしかして返してくれないかも?と不安を感じる人には渋るのは当然なので、ローン審査に通過しずらいと言われています。

 

頭金の有無以外も審査に影響する

 

頭金をたくさん揃えても審査に通過できないこともあります。公表はされていませんが、審査には数多くの判断基準が設けられています。

 

例えば、

過去の返済状況
クレジットカードのキャッシング枠(現在の借入状況など)
年収
勤続年数
勤務形態(社員やパートか?など)

などは審査に影響を与えると言われています。

 

そして嘘の申告は厳禁です。ローン会社は審査でJICCなどの信用情報機関を通じあなたのことを調べますので嘘は絶対に申告しないようにしてください。

 

頭金の有無による返済額と利息の違い!

頭金がないと返済額や利息に大きく影響を与えてしまいます。

 

たかが数パーセントかもしれませんが、金額と返済期間次第ではビックリするような違いが生まれます。

 

文章だとイメージしずらいと思いますので、当ページ内コンテンツの「頭金による返済額と利息の違い!」の中で使用した一覧に頭金なしを加えてみました。

 

まずは車両価格200万円のケースから見ていきたいと思います。

 

車両価格200万円(返済回数60回・金利3%)
項目名1 項目名2 項目名3 項目名4

頭金なし

2,000,000

35,937

156,220
200,000 1,800,000 32,344 140,640
400,000 1,600,000 28,751 125,060
600,000 1,400,000 25,156 109,360
800,000 1,200,000 21,562 93,720

※実際の金額とは異なる場合があります

 

頭金なしと頭金200,000円では差が約16,000円、頭金800,000円と比べると約60,000円も利息を多く支払わないといけません。

 

更に月々の支払いも増えてしまうので安易に頭金なしを選ぶと毎月の生活が厳しくなることもありそうです。

 

次は高級車クラスの500万円のケースです。500万円クラスになると現金一括で購入する人よりローンを組む人が多いと思います。

 

車両価格500万円(返済回数60回・金利3%)  
項目名1 項目名2 項目名3 項目名4

頭金なし

5,000,000

89,843

390,580
500,000 4,500,000 80,859 351,540
1,000,000 4,000,000 71,875 312,500
1,500,000 3,500,000 62,890 273,400
2,000,000 3,000,000 53,906 234,360

※実際の金額とは異なる場合があります

 

こちらの場合、車両価格が高い分、頭金なしの影響はかなり大きくなります。頭金2,000,000円と比べる支払利息の差はなんと約160,000円です。

 

カーナビくらいのオプションが付けられるくらいの金額なのでちょっと勿体ないですよね。

 

借入金額、支払期間、利率(金利)等の条件はまったく同じです。いかがですか?かなりの差が生じていますよね。

 

また、このように頭金がないと、

支払い完了までの期間が長くなる
月々の支払額が増える
利息が増えてしまう

というデメリットも出てきてしまいます。

 

頭金なしは「今」の出費を抑える効果が期待できる一方で「今後」に大きく影響を与えることもあります。

 

もちろん、頭金なしという条件は、

審査が通常より厳しくなる
利率が高くなりやすい

にも繋がり、自動車ローン自体組めない可能性もあります。

 

普通に会社員としてある程度の年数に努めているなら審査は厳しくないと思います。

 

もし、ちょっとした努力で頭金を用意出来るようなら、多少なりとも頭金を支払っておいた方が良いかもしれませんね。

 

さて今回は、車を購入する際には解消しておきたい問題である「頭金」について、その相場や平均的な金額、そして頭金による返済額と利息の違いなど幅広い情報をお届けしてきました。

 

「車購入時の頭金の目安はいくら?」と心配している人も多いようですが、車を購入するにあたって頭金は必ずしも支払わなくてはいけないわけではありません。

 

ですが頭金を支払うことによるメリットは決して小さなものではないですから、頭金を支払えるだけの蓄えがあれば支払うことをオススメします。

 

もし現時点ではその蓄えがないというのであれば、それを貯めてから車を買うという選択肢もあります。

 

また現在すでに車をお持ちなら、それを売却して得たお金を頭金とすることも可能です。

 

車一括査定などを利用することで、少しでも高い査定価格をつけてくれる業者を見つけることができます。

 

車購入の際には、そういったサービスにもご注目くださいね。


車購入時の頭金の目安は2〜3割【※頭金による返済額と利息の違い】関連ページ

ローンが残っている車の下取りや売却の方法
車を下取りや買取りに出す際、ローンが残っている車でも売却出来るの?こちらに関してまとめています。ローンがある車を下取りに出す方法と条件、下取りを検討中でも一括査定に出すべき理由など、お得な情報をお伝えします。
簡単に愛車の相場を知る方法
車を売りたい!そう思った時にまず知りたいのは「自分の愛車は一体いくらぐらいで売れるのか?」と言う点です。そこで、おおよその査定相場や概算価格が簡単にわかる方法をご紹介させて頂きます。これから車の乗り替えや買い替え、売却や下取りを検討しているなら、是非一度チェックしてくださいね。
車買い替えの年数やサイクルは?
車の買い替えを検討している方は必見!お得に購入する為に役立つ情報を丁寧に分かりやすく説明していきます♪『損しない為の基本知識』や『知って得する情報』、『適切な買い替えの時期について』など、気になる疑問をスッキリ解決してくださいね★
買い替え時期は3年?5年?
車の買い替えや乗り換えを検討する時期について、購入してから3年や5年で乗り替える方が良いと言う意見も多いようです。乗りつぶす方が良いのか?この年数で買い替える方が良いのか?について考察していきます。是非、愛車の買い替えで悩んでいるならチェックしてみてくださいね。
買い替え時期と走行距離
車の買い替える時期と走行距離の関係についてまとめています。今乗っている車を乗り換える最適な時期がわからない!そんな人は是非走行距離や査定額との関係を理解し、ベストなタイミングで買い替えを検討してくださいね。
買い替えと乗り潰しの比較
【※車の買い替え時(乗り換え時)と乗り潰しに関して231人に調査!】車の買い替えを検討している人にとって、乗りつぶした方が良いのか、乗り替えた方が良いのか?と言うのは迷う所です。そこで実際にアンケートを実施し、みんなが買い替えたタイミングやきっかけ、買い替え派と乗り潰し派の意見をまとめてみました。
一括査定高価買取のコツ7選!
ネットで話題の、車一括査定高価買取のコツを厳選してご紹介!あなたの目的にあった無料一括買取査定サイトを利用する事で、驚きの査定額が貰える事もあります!車の買い替えや乗り換えを検討しているなら是非下取りに出す前にチェックしておいてくださいね♪
車一括査定口コミや評判は信頼出来る?
車一括買取査定サイトの口コミや評判は信頼出来るの?これから車の買い替え(乗り替え)を検討している人で、ネット上から車一括買取査定サイトを利用する人も多いかと思います。数ある一括査定サイト、どれにすれば良いか分からない・・・そんな悩みを持つ人の為に、正しい無料買取一括査定サイトの選び方をまとめました。
ベストな買い替えタイミングは?
車の乗り替え(買い替え)のタイミングとして最も適切な時期はいつがいいのでしょうか?車の購入を検討していると誰しも考える悩みかもしれません。月によって値引き交渉がしやすい時期などはあるのでしょうか?もし気になるようでしたら是非チェックしてみてくださいね!
車査定の買取相場を個人情報なしで知る方法
車の売却に関して無料の車買取一括査定サイトを利用する人も多いようですが、まだ本気で売るか検討中と言う人は、出来るだけ個人情報の入力をせずに愛車の査定相場を知りたい所です。そんな方へ向けて、個人情報入力不要の車一括査定サイトがあるか調査してまとめました。
車の買い替え、違うディーラーにする場合は?
車を買い替える際に、同メーカの車にする場合よりも他社メーカーの車にする際の方が若干注意する点があります。ローンの事や、下取りの事など、知っておいて損はしない情報をまとめています。今後車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら一度目を通しておくと役に立つかもしれません。
買い替え時期と税金の関係
車の買い替え時に重要な税金との関係についてまとめました。3月の時期に買うのが良いのか、4月の時期に買うのが良いのか?迷う人は多いようです。そこで実際に車種や購入する時期によって、税金との関係をまとめましたので、買い替え前の参考にしてくださいね。
リサイクル料についてのまとめ
車の買い替え(乗り替え)の際に気になる事の一つにリサイクル料の事があります。車購入時に最初に支払っているリサイクル料、その証明書としてもらえるリサイクル券について詳しくまとめてみました。今一つリサイクル券に関して分からないと言う人は是非一度チェックしてみてくださいね。
車買い替え時、ETCの付け替えはどうするの?
車を買い替え(乗り替え)る時、『今使っている車のETC車載器をそのまま使いたい』と言う人もいるかもしれません。車は変わってもそのままETCは付け替えて利用出来るのでしょうか?また、付け替え方法やセットアップの方法は?など疑問に思う事をまとめています。もし車の買い替えを検討中で、ETCの事について悩んでいる場合は是非チェックしてくださいね。
車買い替えの準備まとめ!
車の買い替えを検討している人にとっては、準備や手続きの流れ、購入して納車されるまでの流れは気になる所です。そこで、今乗っている車の売却も含めて、お得に購入する方法や準備についてまとめました。もしこれから車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら、是非チェックしてみてくださいね。
購入時の車のボディカラーは?
車の買い替えを考えている人にとって、次回購入する車の色については迷う所です。ボディカラーによってオークション相場なども変わるので車の購入、売却時には、色に関しても知っておいて損はありません。オススメ色や人気カラー、不人気色についてまとめましたので、ご参考下さいね。
買い替えたいけどお金がない?
車の急な故障や廃車などにより買い替えを検討しなければいけません。しかし『予定していなかった出費でお金がない!』そんな方もいるかと思います。では、実際にお金がない場合でもクルマは購入できるのか?また、ローンは頭金なしでも組めるのか?などについてまとめました。是非ご参考頂ければと思います。
希望ナンバー申請まとめ
車の買い替え時に同じナンバープレートにしたいと言う人もいますが実際は出来るのでしょうか?また、意外と知られていない希望ナンバー申請の方法やインターネットからの申し込み、手続き書類や費用についてまとめました。是非車の乗り替え予定で、ナンバーについて疑問に思う事があるようでしたら、是非ご参考頂ければと思います。
厄年や大殺界に車の購入(買い替え)はやめるべき?
車の買い替えを検討している方にとって、購入する年や日は出来るだけ吉日に行いたいと考えている人も多いようです。そこで、クルマの買い替えは厄年はしない方が良いのか?また車の購入の際は運気や風水を気にした方がいいのか?について調査し、その意見や個人的な見解をまとめました。是非、購入に迷って運気を気にされている方は参考にしてくださいね。
2018年おすすめ低価格車は?
車を買い替える際は低価格車に絞って探す事も多いかと思いますが、2018年おすすめの低価格車と言えばなんでしょうか?日産や三菱、トヨタなどの自動車メーカーごとのオススメを紹介していきます。今後車の買い替えや新車、中古車の購入を検討しているなら、一度参考までに見てみて下さいね♪
車のローン金利相場!
高い買い物である車の購入。やはり自動車ローンの金利は気になるものですよね。今回このページでは車のローンの金利相場について、現金払いとの違いや金利の安いローンなど詳しくまとめました。自動車ローンの利用を検討中の方は是非チェックしてみて下さい。
新車の売り時っていつが良い?
車好きで短い期間で車を買い替えたいという方は、効率的に新車を売却し少しでも高く売りたいものですよね。新車の売り時はいつがいいのか?売る時期やタイミング、また買い替えサイクルなどについて詳しくまとめました。気になる方は是非チェックしてみて下さい。
コンパクトカーから乗り換えるなら!
乗りやすい車として人気のコンパクトカーですが、コンパクトカーから他の車への乗り換えを検討されている方もおられると思います。そこで今回はコンパクトカーからの乗り換えにおススメの車種についてまとめました。乗り換えをお考えの方は是非参考にして下さいね。
車買い替え時の保険代理店の変更まとめ!
車を買い替える時に欠かす事の出来ない「保険の手続き」。今回は車買い替え時の保険代理店の変更や解約、代理店型とダイレクト型の自動車保険の比較など詳しくまとめました。車の買い替えや保険の見直しを検討されている方は是非チェックしてみて下さい。
車のマイナーチェンジ前は値引きしやすい?
車がフルモデルチェンジするまでの間に行われる「マイナーチェンジ」。マイナーチェンジ前はやはり値引きがしやすいものなのか?買い時はいつがいいのか?マイナーチェンジが行われる時期や理由、値引き交渉についてなど詳しくまとめてみました。