下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車の乗り替えや買い替えにベストなタイミングは3年?それとも5年?

「車の乗り替えや買い替え、3年か5年どっちがベストな時期?」がイメージ出来る画像03

 

車の買取査定や下取り査定が”ガクッと下がる年数”としてよく言われるのが、購入してから3年や5年などと言われています。そう考えた時、車の乗り替えや買い替えのタイミングとしては3年になる前や、5年を迎える前が良いような気がするかもしれません。

 

特に下記のような状態だと特に迷ってしまうかもしれませんね。

購入して3年も経っていないのに10万km近く走っている
1年で1万km走るのが平均なのに、1年で2万km以上走っている
市場価格が高い人気車に乗っていて、今売れば下取り額が高い

 

乗りつぶすのが一番無駄なお金を使わなくても済むけど、3年や5年も乗っていると飽きてくるのも無理ありません。そんな時、ベストな車の買い替えタイミングとしては、3年や5年を迎える前が良いのでしょうか?上記のような特殊な条件の場合なども踏まえて調査した結果をまとめてみました。

 

車検と買い替えはどっちが良い?【※車検費用や年数での判断基準!】

車検と買い替えはどっちが良い?【※車検費用や年数での判断基準!】

車検に出すか?それとも買い替えるか?どちらにするかは迷う所・・・。そんなあなたに向けて、それぞれのメリット、デメリット、乗り続けるか?買い替えるか?の分かりやすい判断基準などをまとめています。


車を3年で乗り替える人が多い?その事実と理由について

「車を3年で乗り替える人が多い?その事実と理由について!」がイメージ出来る画像01

 

車の買い替え時期として3年と言う年数を聞いた事がある人も多いはずです。それもそのはず、巷のカー専門雑誌などで「車買い替え3年サイクル!」などの特集が組まれている事がよくあるからです。では実際に車を3年で乗り替えるのはどうなのでしょうか?

車を3年で乗り替えるメリットとデメリット

車3年買い替えのメリット

 

車検を一度も受けずに済む

車を3年で買い替える最大のメリットとしては、やはり車検を払う前に売却出来ると言う事でしょう。これは中古車には当てはまりません新車購入の際には、通常2年車検の所が初回購入時のみ3年目に最初の車検を迎える事になります。これが、カー雑誌などでも3年サイクルを推奨される理由の一つで、最初の車検を迎える前の2年目で売ってしまえば車検代を一度も払わずに済みます。

 

新しい車をどんどん試す事が出来る

またもう一つの大きなメリットとしては、新車を乗り替えて行く事でどんどん新しい車に乗る事が出来て、飽きの来にくいカーライフを送る事が出来ます。特に飽き症の人や、新しい車にどんどん目移りしてしまうと言う人でお金に多少の余裕があるなら3年を迎える前に乗り替えて行くのも良いかもしれません。

 

買い取り査定や下取り査定である程度高額が期待できる

基本的に車の価値が下がる大きな要因として、購入してから3年や5年だと言われています。ですので、3年経っていない車を売却するとなるとある程度の高額査定は期待できます。特にオークション市場で人気の車種の場合は特に高い金額がつく事もあります。

 

車3年買い替えのデメリット

 

ただの贅沢だと言われる

購入した車を3年経たずに売ってしまうのは、家族や周りから贅沢だと「言われかねません。もちろんお金を支払うのは本人なので、本人が満足であれば問題ありませんが、基本的には批判される事も多くなるかもしれません。

 

手続きなどが面倒になる

3年で乗り替える場合はほとんどのケースでローンが残っているかと思います。その場合、ローンを組み直したり、ローンを上乗せしたり、下取り査定額と相殺したりなど、色々と手続きが面倒な事も多くあります。それが3年ごとに来るので、面倒くさがりの人には3年サイクルはむかないかもしれません。

 

お金がかかる

新車購入の場合は最初の車検を通さずに売却する事となる為、経費はかからないように思えますが、実際には毎回購入の度に諸経費が引かれていますので、目に見えない費用がかさんでしまいます。また、いくら3年以内に手放しても、購入時より価格が上がる事はまずありえませんので、その分お金もかかってしまいます。

 

上記のようにメリットもデメリットもありますが、あまり3年以内での車の売却はオススメ出来ません。ただ、車が好きでお金に余裕があるならやってみても良いかもしれませんね。


車を5年で買い替えるメリットとデメリットについて

「車を5年で買い替えるメリットとデメリットについて」がイメージ出来る画像01

 

車買い替え3年については少し早すぎる気もしますが、5年ともなると何となく適切な気もしてきます。では車を5年で乗り替えるメリットとデメリットも見て行きましょう。

車を5年で乗り替えるメリットとデメリット

車5年買い替えのメリット

 

新車購入時は特別保証の対象期間内

車を購入する際に基本的に3年以内、6万km未満までのメーカー保証がほとんどの場合付いています。これは、車を構成する部品におきた不具合を期間内なら無料で修理してくれるというものなのですが、ほとんどのメーカーで5年以内、10万km保証の条件が適用される≪特別保証≫と言うのが整備されています。

 

これは、通常のメーカー保証と同じ条件で5年に延長されるものなのですが、常に5年以内に新車を乗り替える事で、この特別保証を受け続ける事が出来ます。中古車などはやはり不具合も多く、修理に多額な費用がかかる場合もありますが、新車を5年で乗り替える事でこのようなメリットを受ける事も出来ます。

 

2度目の車検を通す前に売却出来る

こちらも新車購入時に当てはまる事ですが、新車購入後最初の車検が購入から3年後、その後2年ごとに車検を受けなければならないので、2回目の車検である購入5年目までに売却すると、2回目の車検費用がかかりません。これもメリットの一つなので、この5年と言うタイミングで乗り替える人も少なくありません。

 

買い取り相場の下落幅を少なく出来る

これは可能性の話しになりますが、車は購入してから3年、5年と言う時期を境に下取り価格がや買い取り価格が大きく下がると言われています。ですので、この下落幅が大きくなる5年を迎える前に売却する事で、若干高い査定額が期待出来ます。(※あくまで可能性の話しです。)

 

車5年買い替えのデメリット

 

思わぬ相場下落が考えられる

一般的に市場で人気のない車でも3年落ちならまだ新車同然の扱いを受けるので需要がありますが、5年落ちの場合、思った以上に査定額が下落している可能性もあります。5年と言うのは車を売却する上ではかなり査定額が大きく変わるポイントなので、思った以上に査定額が低いと感じた場合は買い取り一括査定に出して複数社に見てもらわないと通常の価値で評価されない可能性もあります。

 

過走行車の場合もかなり査定額が悪くなる可能性もある

通常自動車は1年で1万km走るのが平均的だと言われていますが、1年で1万5千km〜2万km走っている車は一般的には”走りすぎている”と判断されます。そうなると5年で10万km近く走っている事となりますので、査定額にもかなり悪く影響してくる可能性があります。

 

上記のようにメリットもデメリットもありますが、5年以内の車の売却は平均買い替え年数の7〜8年に比べると手放すのが早いものの下取りや買い取り時の査定額の事も考えた場合、適切な買い替え(乗り替え)のタイミングと言えるかもしれません。


車の買い替え(乗り替え)は3年か5年どっちが良い?まとめ

「車の買い替え(乗り替え)は3年か5年どっちが良い?まとめ」がイメージ出来る画像01

 

車を乗り替えるタイミングとして前述の通り3年では少し早すぎる気がしますが、5年目に突入する前に売るのは車検の事や下取り査定額の事を考えてもおよそ適切な買い替え時期と言えるかもしれません。

 

もちろん5年以内で買い替えると、その都度購入時にかかる手続き費用などの諸経費はかかりますが、もし少しでもお金に余裕があり、自動車への投資の優先順位が高いのであれば、管理人個人としても5年以内で乗り替えて行きたいと言うのが正直な気持ちです。

 

人それぞれ家族構成や仕事の都合、お金を使う優先順位によっても買い替えのタイミングは異なります。ただ、下取りや買い取りの査定額に関しては右肩下がりで落ちて行き、6年目の車となるとかなり価値は下がると言われています。この点も踏まえて再度検討してみてはいかがでしょうか^^

 

※こちらの記事も買い替えの時期やタイミングについて書いているのでご参考下さいね♪

⇒参考記事:「車の乗り替えサイクルについて!【※買い替え時期や平均は?】

⇒参考記事:「車の乗り替えや買い替え、3年か5年どっちがベストな時期?

⇒参考記事:「車の乗り替え(買い替え)のタイミングは?【※値引きとの関係など】