車 買い替え 時期 走行距離

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

車の買い替え時期と走行距離の関係!乗り換え目安は何万キロ?

車の買い替え時期と走行距離の関係!乗り換え目安は何万キロ?

 

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

中古車の購入と走行距離の関係まとめ!【※10万km越えは買い?】

中古車の購入と走行距離の関係まとめ!【※10万km越えは買い?】

中古車の購入時に年式と走行距離は選ぶ上で重要なポイントとなります。年式は新しい方が高くなりますが、走行距離は少なくても、安い物もあり、選ぶ際には迷ってしまいます。そこで、今回は、中古車の走行距離の寿命や、どれくらいを目安に買えばいいか?についてをまとめました。

 

車を所有していると『そろそろ買い替え時期かな・・・』と思う時期ってありますよね。

 

車を買い替えるタイミングは人それぞれ色々ありますが、こんな時に気になるのが走行距離ではないでしょうか?

 

愛車の走行距離を見て『自分の車はどれぐらいの走行距離で乗り替えるのが良いのか?』等、買い替え時期と走行距離について悩んでいる人も多く、以下の様な疑問を持つ人も少なくありません。

 

『車の買い替え時期が分からない・・・何万キロくらいで乗り換えた方が良い?』
『車は何万キロを目安に買い替えるの?そもそも走行距離に限界はある?』
『車は10万キロ以上乗った方がよい?それとも買い替えがベスト?』
『なるべく長く乗り続けたいけど・・・経済的にはどうなんだろう・・・』

 

もしかするとあなたも同じような疑問を持ち、当ページにご訪問頂いたのではないでしょうか?

 

そこで、当ページでは『車の買い替え時期と走行距離の関係』をテーマに、乗り換えの目安や走行距離の限界について詳しくまとめてみました。

 

もちろん、10万キロに達した時の交換部品やメンテナンス費用、そして売却についてもご紹介していますので、もし一つでも疑問に思う事があれば是非チェックしてみてくださいね♪

 

車は最適な買い替え時期を逃すと、下取り額や買い取り額もグンと下がってしまいます。是非知識を深めて、お得に車を買い換えましょう!


車の買い替え目安は走行距離が何万キロ?

車の買い替え目安は走行距離が何万キロ?

 

お金が余っているのであれば、欲しい車が出た際にはすぐにでも購入したいと思うかもしれませんが、

節約志向の人
車に愛着があるので限界まで乗りたい人

という方はそう簡単に決断できません。

 

出来れば”ある程度の走行距離”を走った場合に買い替えるなど、一つの乗り換え目安を持っておきたいと思う方も多いようです。

 

10万kmで乗り換える人が多いのは日本人特有?

もしかするとあなたも聞いた事があるかもしれませんが、よく10万kmを超えると交換しなければいけない部品も多くなり、車検費用もかなりかかってくると言われています。

 

この事から10万kmを目安に乗り替える人が多いようです。

 

特に日本では10万kmを超えた車の場合にほとんどの人が、

10万kmも走っているし下取り額がつかないだろう・・・
走行距離が10万km越えている車なんて買い取りは不可能だろう・・

と考えています。

 

確かに少し前までは5〜6年で色々なところのコンデションが悪くなり10万キロ付近になると廃車を考えるような時代だったと思います。

 

そもそも『車=一生に一度の買い物』という感覚もありませんし、車が古くなれば次に買う車に対する影響(頭金など)ばかり考えがちです。

 

ちなみに、海外では修理して乗り続けるのが一般的!自分で修理しながら動かなくなるまで乗ることが多いと言われています。

 

こういった車に対する考え方の違いを見ると、10万kmを目安として乗り換えるのは日本人特有なのかもしれませんね。

 

高額査定を期待するなら5万km前で!

元々車を購入した際に下取りや買い取りに出す事を前提に丁寧に乗っていたのであれば、5万kmに到達する前に売ってしまう方がお得、中古車市場としても5万キロ走っている車と、4万km台の車ではかなり価格が変わります。

 

実際にズバット買取比較の買取相場検索でどれくらいの差が出るのかを調べたところ以下の様な結果になりました。

 

トヨタのヴィッツ(2016年式 40,001〜45,000q)

トヨタのヴィッツ(2016年式 40,001〜45,000q)

 

トヨタのヴィッツ(2016年式 50,001〜55,000q)

トヨタのヴィッツ(2016年式 50,001〜55,000q)

≪出典:ズバット買取比較

 

モデルにしたのは2016年式のヴィッツ(トヨタ)、同じ年式なのに差額は70,000円です。

 

このように、買取り額に関しても5万キロを超えた車よりも4万キロ台の車の方が高額査定が期待出来ます。

 

この事から、走行距離が5万キロに到達する前の買い替えもベストなタイミングの一つ、新しい車好きの人にとっては乗り換え目安です。

 

ただし、このタイミングの買い替えは『ローン終了直後』もしくは『ローン残高有』の可能性もあります。

 

新しい車を買えば、頭金と新しいローンを組むこともあるので、節約志向の人はもう少し乗り続けた方が金銭負担が減るかもしれません。

 

ゼロ円査定を避けるなら10万km前で!

5万キロの時と同じですが、10万キロの場合も9万キロ台の方がまだ買い手がつきやすいと思いますし、10万キロを超えればゼロ円査定になる可能性も出てきます。

 

もし、いくらかでもお金に換えたい!と思っているなら10万キロ前は乗り換え目安といえるでしょう。

 

また、10万キロを超えてくると、車検費用や修理費用がどんどん嵩んで来ます。

 

もし10万kmを超えても乗り続けるのであれば、中途半端ではなく乗りつぶすぐらいの気持ちで最後は廃車にする方が良いかもしれませんが・・・。


車の走行距離は何万キロが限界?10万キロは寿命?

車の走行距離は何万キロが限界?10万キロは寿命?

 

10年10万キロ、このような言葉を聞いたことありませんか?たとえ廃車まで乗り続けると決断しても車自体が限界だったら意味がありません。

 

ディーラーや中古車販売店、そして多くの車所有者も10万キロを限界と考えているように思えます。

 

確かに10万キロは『ずいぶん走ったな・・・』と思えるキロ数ですが『10万キロ=限界』という考え方は少し違うような気がします。

 

国産車の走行距離の限界は?

ご説明したように10万kmが限界と思っている人も多いようですが、実際には海外でも20〜30万km走っている事から考えても、国産車ならしっかりとメンテナンスを行えば30万kmぐらいまでなら乗れるかもしれません。

 

あくまで2019年現在で販売されている車を元に想定した走行距離ですが、オイル交換や点検、そして必要なメンテナンスなどを行っていれば、このぐらいの距離は乗れるように製造はされているようです。

 

尚、あくまでこの走行距離に関しては、実際にこの距離が限界と言う訳ではありませんのでご理解の上ご参考下さい。

 

20万kmとは言わなくても、15万kmぐらいであれば普通に乗っている人もいますが、15万km走った状態で1年間にそれほど故障などないようなら、かなり乗り方もキレイで、しっかりとメンテナンスを行っている事が想定されます。

 

もし今乗っている車を乗りつぶしたいと言うなら、しっかりとメンテナンスや点検を行う事が必須と言えます。

 

一般的に10万kmが寿命と言われる理由!

一般的に10万kmが寿命と言われる理由!

 

前述の通り、よく車は10万kmが寿命だと言われています。

 

しかし、考えてみれば食品の消費期限のように『この車は10万kmが寿命です』とはっきり定義している車など存在しないのに何故このように言われるのでしょうか?

 

部品交換などの維持費が増えるから

 

車に使われている重要な部品の一部には10万kmを限度としているものがあります。

 

こういった部品交換はオイル交換やエレメント交換と違い高額の為、車検と同時に行えば総額で20万円を超えてしまうことも珍しくはありません。

 

『故障してないなら部品交換しなくて良いのでは?』と思う人もいるかもしれませんが、車の安全性などを考えると避けては通れない道です。

 

10万キロ付近になるとこのような車検以外の出費が多くなる為、10万キロが限界といった考え方が浸透しているようです。

 

自動車税などの税金が増えるから

 

たとえ、車の調子が良かったとしても新車から13年超過すれば自動車税や自動車重量税などが重課されます。

 

ちなみに自動車税なら軽自動車が20%、普通車だと15%(一部の車種は除く)重課、自動車重量税の場合は普通車はなんと39%の重課です。

 

税金の種類 対象車種 重課の割合
自動車税 軽自動車 20%
普通車 15%
自動車重量税 軽自動車 20%
普通車 39%

※エコカー減税対象車など一部の車を除く

 

車の一般的な走行距離は、1年に1万km、10年で10万kmと言われています。

 

極端な過走行車でなければ10万キロに達するのは9〜11年目のはず!

 

あと数年後に控えた重課を避ける為の車買い替えも多いことから『10万km=寿命』と言われています。

 

車の査定額が落ちるから

 

車を売却する際、今現在の走行距離はとても重要な査定項目です。

 

実際、あなたも車を購入する時は『何キロ走っているのかな?』と走行距離を気にすると思います。

 

販売側から見ても、走行距離はよほどの人気車ではない限り、増えれば増えるほど販売時のマイナス要素になるのでわざわざリスクを背負うような買取は望みません。

 

したがって、前項でご紹介したように車の査定額が0円というのも珍しいことではありませんし、このように査定額が著しく落ちる時期を寿命と捉える傾向にあります。


10万キロ超えた車の交換部品とメンテナンス費用!

10万キロ超えた車の交換部品とメンテナンス費用!

 

どんなに調子の良い車だったとしても10万キロに達すれば多少の交換部品は出てきますし、交換などに伴うメンテナンス費用も増えてしまいます。

 

そこで、10万キロ超えた車はどんな交換部品があるのか?メンテナンス費用も含めまとめてみました。

 

10万キロ超えた車の交換部品!

オイル交換、エレメント交換、タイヤ交換、あなたの知っている車のメンテナンスは何種類くらいですか?

 

車の部品の中には10万キロを『交換時期』としている部品もあります。

 

例えば、タイミングベルト、オルタネーター、スパークプラグなどですが、今までの乗り方やメンテナンス次第では更に交換部品が増えてしまう可能性があります。

 

タイミングベルト

 

ほとんどの車で10万キロを交換目安にしている部品です。

 

エンジンを正常に動かすための部品である為、交換せず使い続けているとエンジン自体が壊れてしまいます。

 

また、タイミングベルトを交換する際はウォーターポンプなどの部品も同時に交換するのが一般的です。

 

オルタネーター(ダイナモ)

 

名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

オルタネーターとは簡単に言えば発電機のことでバッテリーを充電する役目も担っています。ほとんどの車は10万キロ前後を交換時期としています。

 

『ダイナモ』という名称をよく耳にすると思いますが、現在はほとんどオルタネーターが使用されています。

 

その他の部品

 

スパークプラグ、サーモスタータ、ブレーキパッド、ショックアブソーバー、ブッシュ、ATフルード、クラッチ、ブレーキホース、シャフトブーツ、ロアアームブーツ、ラジエータホースなど

※上記部品以外にも交換部品が発生する可能性はあります。
※ご紹介した部品全てを取り替えるとは限りません。

 

ズラリとご紹介しましたが、上記全て交換するとは限りませんし、他の部品交換が発生する可能性もあります。

 

ご紹介した部品の中に以前交換したものがあれば、10万キロ時の部品交換は多少減ると思いますが、今までオイル交換やエレメント交換程度だった時は近い将来次々と部品交換が発生するかもしれません。

 

10万キロ超えた車のメンテナンス費用!

前項の交換部品を見た方は『こんなに交換するの!』とビックリしたのではないでしょうか?

 

先ほども申し上げた通り、10万キロに達したからと言って全てを一度に交換する訳ではありませんが、部品代を含めた工賃は結構高いため、油断しているととんでもない修理費用になってしまいます。

 

そこで、ご紹介した部品の費用を一覧にしてみると、

部品名 費用(部品代+工賃)
タイミングベルト交換(ウォーターポンプも含む) 100,000円くらい
オルタネーター(ダイナモ) 50,000〜100,000円
スパークプラグ 5,000〜30,000円
サーモスタータ 5,000〜15,000円
ブレーキパッド 10,000〜50,000円
ショックアブソーバー 5,000〜15,000円
ブッシュ(全て交換の場合) 150,000〜300,000円
ATフルード 10,000〜30,000円
クラッチ 50,000〜200,000円
ブレーキホース 10,000〜30,000円
シャフトブーツ 10,000〜20,000円
ロアアームブーツ 10,000〜20,000円
ラジエータホース 10,000〜30,000円

※部品交換費用は依頼するところ(ディーラーや街の車屋さん)によって異なります。

 

各部品はこれくらいの修理費用になります。もし、車検と同時にタイミングベルトとオルタネーターの交換を入れたら20〜30万円くらいは覚悟する必要があるかもしれません。

 

車自体は20万キロでも30万キロでも走らせることはできます。

 

しかし、安全性を保った上で走らせていくのであれば、耐久年数に達した部品を交換する必要があるのです。


10万キロ超えの車でも売れる?少しでも高く売るには?

10万キロ超えの車でも売れる?少しでも高く売るには?

 

ここまでご説明した内容をまとめれば、10万キロ超えの車は決して寿命や限界とは言えません。まだまだ乗れる10万キロ超えの車はどこかに需要が隠されているのです。

 

10万キロ超えの車でも売れる理由!

10万キロ超えの車でも売れる理由!

 

10万キロだと0円査定で売れないと考えがちですが、じつはネットから無料一括買取査定サイトなどに申し込むと数万円、数十万円で買い取ってくれる業者も多数います。

 

下の画像は一括査定のズバット買取比較で公表されているコンパクトカーの平均売却金額です。

 

10万キロ超えの車でも売れる理由!

≪出典:ズバット買取比較

 

矢印が指しているところを見てると、10〜12.5万kmにも達しているのに平均売却額は10万円を超えています。

 

では、なぜ日本では限界と言われがちな10万kmを超えた車が売れてしまうのでしょうか?

 

理由1.人気車種で需要があるから

 

車に対する考え方は十人十色です。出来る限り新しい車に乗りたいと考え、早い段階で買い替える人もいれば、人気車を長く乗り続けたり、敢えて古い人気車を好んで乗る人もいます。

 

特に根強い人気を誇る一部の車は、中古車市場でも需要があり、走行距離に関係なく探している中古車販売店や個人も少なくありません。

 

理由2.海外で需要があるから

 

前項でご説明した通り、海外と日本では車の限界に関する考え方が大きく異なります。

 

たとえ、10万キロに達したとしても海外ではまだまだ現役、アメリカやヨーロッパなどでは20万キロ以上走っていても珍しいことではありません。

 

特に、頑丈で長持ちする日本車は海外でも需要があります。

 

ですから、買取業者や中古車販売店の中で海外輸出のパイプを持っているところは10万キロの車でも買取に応じてくれます。

 

理由3.車の部品やパーツに価値がある

 

車というのは、多くの部品やパーツで作られています。参考までにトヨタ自動車の公式サイトのこどもしつもんコーナーには、

理由3.車の部品やパーツに価値がある

≪出典:トヨタ自動車 こどもしつもんコーナーより

 

上記のように約3万個の部品で出来ていると回答しています。

 

仮に10万キロ走った車であっても、約3万個の部品全てが使えないのか?というと、そんなことはなく10万キロ走行した車でも使える部品やパーツがたくさん残されています。

 

つまり、一台の車として売れなかったとしても、部品もしくはパーツ単位に分解すれば、日本だけでなく海外にも需要が隠されているのです。

 

あなたも『バンパーが壊れたんだけどどこかに中古ないかな?』、『ホイールの中古ないかな?』といった話を友人などから聞いたことありませんか?

 

特に古い車に乗っている人などは、頻繁にオークションをチェックしているはずです。

 

下取りゼロ円でも買取なら高額になることも!

『どうせ買い替えるんだから!』と言う事で、購入したい車を販売しているディーラーなどで今の車を下取りしてもらう人もいます。

 

下取りが悪いとは言いませんが、ディーラーの下取りの場合、車の状態が悪かったり人気のない車種だと査定0円も珍しいことではありません。

 

もともと下取りはあまり高く引き取ってもらえませんが、ゼロ円で納得してしまうのは少々もったいないと思いますし、だからこそオススメしたいサービスがあります。

 

それは、以下の様な今ネットで盛んに取引されている買取です。

 

下取りゼロ円でも買取なら高額になることも!

≪出典:ビッグモーター

 

画像は車買取大手のビッグモーターですが、他にもカーチスカーセブンアップルなど様々な買取店があります。

 

こういった車買取専門店の中には、過走行車でも買取に応じてくれるところがあり、車のコンディションによっては高額査定に発展します。

 

でも、当ページで『高く買い取ってもらえる』とご説明したところで、実際提示された査定金額が妥当な売却額なのか?最高値なのか?を判断する材料はありません。

 

もし、妥当性や最高値かどうかを見極めるなら、何社かの買取店で査定してもらい比較するしかないないでしょう。

 

車を高く売るなら車買取一括査定!

車を高く売るなら車買取一括査定!

 

走行距離10万キロと1万キロの同じ車、査定に出せば比較するまでもなく10万キロの方が安く叩かれると思います。

 

しかし、1万円でも2万円でも高く売れた方が嬉しいと思いますし、高く売れる方法を知っておけば買い替えや乗り換えの決断もしやすくなります。

 

そこでおススメしたいのが車買取一括査定!もうそろそろ車の買い替え時期かな・・・と考えている人などは要チェックです。

 

買い替えや10万キロ超えに車買取一括査定がオススメな理由!

 

 

車買取一括査定をご紹介する前に何故オススメなのかをご説明したいと思います。一括査定とは、サイトを通じて複数の買取業者が一斉に買取査定するサービスです。

 

通常、街で複数の買取店に査定してもらう為には、各買取店へ自分が連絡し個別に査定していきます。

 

しかし、あっちのお店、こっちのお店と回っているといつの間にか『大切な休日が終わってしまった・・・』なんてことも珍しくはありません

 

ですが、ネットの買取一括査定を利用すればいちいち買取店に行く必要はありません。

 

公式サイトから無料査定をスタートし手順に沿って進めていくと買取一括査定を利用すればいちいち買取店に行く手間も省けますし、その場で各業者の出張査定見積もりを比較することができます。

 

特に10万キロっを超えた車なら『いくらで売れるのかな・・・』と心配になりますよね。

 

だからこそ、簡単に査定額を比較しながら最高値を探せる買取一括査定がオススメなのです。

 

愛車を高く売りたい人にオススメの買取一括査定は?

 

買取一括査定の中で特にオススメなのは、ユーカーパック査定かんたん車査定ガイド、そしてとページでもご紹介したズバット買取比較の3社です。

 

ユーカーパック査定

 

ユーカーパック査定の公式サイトはこちら!

 

ユーカーパックは、2012年に設立されたまだまだ新しい会社です。

 

しかし、会社が新しいだけではなく、提供している一括査定も業界初の斬新なサービスです。

 

一般的な一括査定の場合は、査定に参加した買取業者と直接交渉しなければいけません。査定参加業者が5社なら5社と、10社なら10社全てと交渉していきます。

 

しかし、ユーカーパックはどんなに参加する買取業者が多くても電話や交渉をするのはユーカーパック1社のみです。

 

ユーカーパック

 

つまり査定も1回のみ!近隣の提携しているガソリンスタンドで査定を受ければOKです。

 

このようにユーカーパックでは他社とは全く違うサービスを展開しています。

 

もし今現在、走行距離などが気になり買い替えを検討しているのなら、是非チェックしておいてください。

 

ユーカーパック査定の公式サイトはこちら!

 

かんたん車査定ガイド

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら!

 

次にご紹介するのはかんたん査定ガイドです。一括査定申し込み無料、最大10社の査定とオーソドックスな買取一括査サイトになっています。

 

査定にはビッグモーターカーチスカーセブンアップルなど多数の大手買取業者が参加、しかも公式サイトから事前に査定相場を調べられるので、まだ買取一括査定を利用したことがないという人でも安心して利用することができます。

 

提携査定会社一覧

ビッグモーター、カーチス、カーセブン、アップル、TAX、COWCOW、ガリバー、ソッキン王オートスピリットなど

 

ユーカーパックのように1社のみ査定ではありませんが、価格交渉や買取額の比較は容易にできます。

 

10万キロ前後になり『そろそろ乗り換えかな・・・』と考えているようであれば、かんたん査定ガイドは要チェックです。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら!

 

ズバット買取比較

 

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

最後は、当ページでもご紹介している累計利用者数150万人以上のズバット車買取比較です。

 

参加している提携買取業者は全国237社(令和元年5月現在)、この中から最大10社に買取査定を依頼することができます。

 

提携査定会社一覧

ビッグモーター、カーチス、カーセブン、ラビット、オートバックス、ガリバー、ユーポス、アップル、ネクステージ、ジャックなど

 

ズバット買取比較では、事故車、不動車などでも査定依頼が可能!10万キロ超えであっても査定を受けることができます。

 

また、公式サイト内には買取相場検索や車買取業者口コミも掲載しています。事前に買取相場や車買取業者を調べておけば交渉がしやすくなると思います。

 

ズバット買取比較の公式サイトはこちら!

 

※一緒によく読まれている「関連ページ」

中古車の購入と走行距離の関係まとめ!【※10万km越えは買い?】

中古車の購入と走行距離の関係まとめ!【※10万km越えは買い?】

中古車の購入時に年式と走行距離は選ぶ上で重要なポイントとなります。年式は新しい方が高くなりますが、走行距離は少なくても、安い物もあり、選ぶ際には迷ってしまいます。そこで、今回は、中古車の走行距離の寿命や、どれくらいを目安に買えばいいか?についてをまとめました。

 

今回は車の買い替え時期と走行距離の関係と題して、乗り換えの目安などをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

買い替え時期と走行距離はかなり密接に関係していますが、購入側の立場からすると逆に5万km越えた所の車なんかは狙い目になるかもしれません。

 

『何万キロに達したかな?』と走行距離を車を手放す一つの目安として考えるのも良いですが、買い替えを検討した際にすぐに手放さないと愛車の価値はどんどん下がって行きます。

 

上記で説明したように、5万kmや10万kmなど、乗り換え目安になるような走行距離にもうすぐ到達すると言う事なら前向きに買い替え(乗り替え)を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

※こちらの記事も買い替えの時期やタイミングについて書いているのでご参考下さいね♪
⇒参考記事:「車の乗り替えサイクルについて!【※買い替え時期や平均は?】
⇒参考記事:「車の乗り替えや買い替え、3年か5年どっちがベストな時期?
⇒参考記事:「車の乗り替え(買い替え)のタイミングは?【※値引きとの関係など】


車の買い替え時期と走行距離の関係【※乗り替え目安は何万キロ?】関連ページ

ローンが残ってても売れる?
車を売りたいと思った時にまだローンが残っている場合は売る事が出来ないのか?今までローン残債のある車を売却した事がない人にとっては不安に思う所です。車の乗り替え、買い替え時には残っているローンを支払ってからでないと出来ないのか?についてまとめました。
簡単に愛車の相場を知る方法
車を売りたい!そう思った時にまず知りたいのは「自分の愛車は一体いくらぐらいで売れるのか?」と言う点です。そこで、おおよその査定相場や概算価格が簡単にわかる方法をご紹介させて頂きます。これから車の乗り替えや買い替え、売却や下取りを検討しているなら、是非一度チェックしてくださいね。
車買い替えの年数やサイクルは?
車の買い替えを検討している方は必見!お得に購入する為に役立つ情報を丁寧に分かりやすく説明していきます♪『損しない為の基本知識』や『知って得する情報』、『適切な買い替えの時期について』など、気になる疑問をスッキリ解決してくださいね★
買い替え時期は3年?5年?
車の買い替えや乗り換えを検討する時期について、購入してから3年や5年で乗り替える方が良いと言う意見も多いようです。乗りつぶす方が良いのか?この年数で買い替える方が良いのか?について考察していきます。是非、愛車の買い替えで悩んでいるならチェックしてみてくださいね。
買い替えと乗り潰しの比較
【※車の買い替え時(乗り換え時)と乗り潰しに関して231人に調査!】車の買い替えを検討している人にとって、乗りつぶした方が良いのか、乗り替えた方が良いのか?と言うのは迷う所です。そこで実際にアンケートを実施し、みんなが買い替えたタイミングやきっかけ、買い替え派と乗り潰し派の意見をまとめてみました。
一括査定高価買取のコツ7選!
ネットで話題の、車一括査定高価買取のコツを厳選してご紹介!あなたの目的にあった無料一括買取査定サイトを利用する事で、驚きの査定額が貰える事もあります!車の買い替えや乗り換えを検討しているなら是非下取りに出す前にチェックしておいてくださいね♪
車一括査定口コミや評判は信頼出来る?
車一括買取査定サイトの口コミや評判は信頼出来るの?これから車の買い替え(乗り替え)を検討している人で、ネット上から車一括買取査定サイトを利用する人も多いかと思います。数ある一括査定サイト、どれにすれば良いか分からない・・・そんな悩みを持つ人の為に、正しい無料買取一括査定サイトの選び方をまとめました。
ベストな買い替えタイミングは?
車の乗り替え(買い替え)のタイミングとして最も適切な時期はいつがいいのでしょうか?車の購入を検討していると誰しも考える悩みかもしれません。月によって値引き交渉がしやすい時期などはあるのでしょうか?もし気になるようでしたら是非チェックしてみてくださいね!
車査定の買取相場を個人情報なしで知る方法
車の売却に関して無料の車買取一括査定サイトを利用する人も多いようですが、まだ本気で売るか検討中と言う人は、出来るだけ個人情報の入力をせずに愛車の査定相場を知りたい所です。そんな方へ向けて、個人情報入力不要の車一括査定サイトがあるか調査してまとめました。
他社メーカーの買い替えは?
車を買い替える際に、同メーカの車にする場合よりも他社メーカーの車にする際の方が若干注意する点があります。ローンの事や、下取りの事など、知っておいて損はしない情報をまとめています。今後車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら一度目を通しておくと役に立つかもしれません。
買い替え時期と税金の関係
車の買い替え時に重要な税金との関係についてまとめました。3月の時期に買うのが良いのか、4月の時期に買うのが良いのか?迷う人は多いようです。そこで実際に車種や購入する時期によって、税金との関係をまとめましたので、買い替え前の参考にしてくださいね。
リサイクル料についてのまとめ
車の買い替え(乗り替え)の際に気になる事の一つにリサイクル料の事があります。車購入時に最初に支払っているリサイクル料、その証明書としてもらえるリサイクル券について詳しくまとめてみました。今一つリサイクル券に関して分からないと言う人は是非一度チェックしてみてくださいね。
ETC付け替えはどうするの?
車を買い替え(乗り替え)る時、『今使っている車のETC車載器をそのまま使いたい』と言う人もいるかもしれません。車は変わってもそのままETCは利用出来るのでしょうか?また、付け替え方法やセットアップの方法は?など疑問に思う事をまとめています。もし車の買い替えを検討中で、ETCの事について悩んでいる場合は是非チェックしてくださいね。
車買い替えの準備まとめ!
車の買い替えを検討している人にとっては、準備や手続きの流れ、購入して納車されるまでの流れは気になる所です。そこで、今乗っている車の売却も含めて、お得に購入する方法や準備についてまとめました。もしこれから車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら、是非チェックしてみてくださいね。
購入時の車のボディカラーは?
車の買い替えを考えている人にとって、次回購入する車の色については迷う所です。ボディカラーによってオークション相場なども変わるので車の購入、売却時には、色に関しても知っておいて損はありません。オススメ色や人気カラー、不人気色についてまとめましたので、ご参考下さいね。
買い替えたいけどお金がない?
車の急な故障や廃車などにより買い替えを検討しなければいけません。しかし『予定していなかった出費でお金がない!』そんな方もいるかと思います。では、実際にお金がない場合でもクルマは購入できるのか?また、ローンは頭金なしでも組めるのか?などについてまとめました。是非ご参考頂ければと思います。
希望ナンバー申請まとめ
車の買い替え時に同じナンバープレートにしたいと言う人もいますが実際は出来るのでしょうか?また、意外と知られていない希望ナンバー申請の方法やインターネットからの申し込み、手続き書類や費用についてまとめました。是非車の乗り替え予定で、ナンバーについて疑問に思う事があるようでしたら、是非ご参考頂ければと思います。
厄年の買い替えはやめるべき?
車の買い替えを検討している方にとって、購入する年や日は出来るだけ吉日に行いたいと考えている人も多いようです。そこで、クルマの買い替えは厄年はしない方が良いのか?また車の購入の際は運気や風水を気にした方がいいのか?について調査し、その意見や個人的な見解をまとめました。是非、購入に迷って運気を気にされている方は参考にしてくださいね。
2018年おすすめ低価格車は?
車を買い替える際は低価格車に絞って探す事も多いかと思いますが、2018年おすすめの低価格車と言えばなんでしょうか?日産や三菱、トヨタなどの自動車メーカーごとのオススメを紹介していきます。今後車の買い替えや新車、中古車の購入を検討しているなら、一度参考までに見てみて下さいね♪
車の頭金の目安と相場!
車を購入するために多くの人はローンを利用します。そのローンを組む時に支払う頭金ですが、どれくらい支払えばいいのでしょうか?平均はどれくらいなのか?また支払うタイミングは?など、気になる車の頭金の目安と相場について詳しくまとめてみました。
車のローン金利相場!
高い買い物である車の購入。やはり自動車ローンの金利は気になるものですよね。今回このページでは車のローンの金利相場について、現金払いとの違いや金利の安いローンなど詳しくまとめました。自動車ローンの利用を検討中の方は是非チェックしてみて下さい。
新車の売り時っていつが良い?
車好きで短い期間で車を買い替えたいという方は、効率的に新車を売却し少しでも高く売りたいものですよね。新車の売り時はいつがいいのか?売る時期やタイミング、また買い替えサイクルなどについて詳しくまとめました。気になる方は是非チェックしてみて下さい。
コンパクトカーから乗り換えるなら!
乗りやすい車として人気のコンパクトカーですが、コンパクトカーから他の車への乗り換えを検討されている方もおられると思います。そこで今回はコンパクトカーからの乗り換えにおススメの車種についてまとめました。乗り換えをお考えの方は是非参考にして下さいね。
車買い替え時の保険代理店の変更まとめ!
車を買い替える時に欠かす事の出来ない「保険の手続き」。今回は車買い替え時の保険代理店の変更や解約、代理店型とダイレクト型の自動車保険の比較など詳しくまとめました。車の買い替えや保険の見直しを検討されている方は是非チェックしてみて下さい。
車のマイナーチェンジ前は値引きしやすい?
車がフルモデルチェンジするまでの間に行われる「マイナーチェンジ」。マイナーチェンジ前はやはり値引きがしやすいものなのか?買い時はいつがいいのか?マイナーチェンジが行われる時期や理由、値引き交渉についてなど詳しくまとめてみました。