下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

中古車のローンまとめ!審査の基準は?何回払い?金利は?

中古車のローンまとめ!【※審査の基準は?何回払い?金利は?】

 

中古車と一口に言ってもその価格はさまざまです。支払総額20万円以下の激安な中古車もあれば、新車とほとんど変わらないような中古車もあります。

 

それゆえ購入する車の価格によっては、中古であってもローンの利用を検討する場合があります。

 

そんな中古車ローンについては、以下の様な疑問が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

「中古車ローンの審査では、どういった部分をチェックされるんだろう?」
「中古車ローンは、何回払いが平均的?」
「中古車ローンの申し込みに年齢条件はある?」

 

今回は、こうした中古車ローンについての疑問を解消していただける情報をまとめていきます。

 

審査や返済回数、頭金などが気になっているという方は是非チェックしてみてくださいね。


車を中古で買う場合のローンに関するお役立ち情報!

 

それではさっそく、中古車ローンの審査や返済回数などについてチェックしていきましょう。

 

中古車ローンの審査で重要視されるポイントと基準

中古車でも新車でも、マイカーローンの審査において重要視されるポイントに違いはありません。

 

主に以下の様な点が、審査の結果に関わってきます。

 

年収

 

安定した収入を得ているかどうか。年収200万円以下だと審査通過は厳しくなる傾向にある。

 

年収と借入額のバランス

 

年収の35%が借入額の上限とされる。

 

勤続年数

 

勤続年数が短いと不安要素となる場合も。

 

年齢

 

30〜50代が有利とされる。

 

雇用形態

 

フリーターや派遣社員は不安要素となる場合も。

 

他社からの借入状況

 

住宅ローン以外に借入がある場合は要注意。

 

金融事故歴の有無

 

クレジットカードの返済遅延や任意整理といった金融事故は個人信用情報機関に登録される。

 

登録期間は事故の内容で変わるが、約5〜10年は記録が残ってしまう。その間は審査に申し込んでもまず通過しないと考えたほうが良い。

 

また、保証人を立てる場合はその保証人の金融事故歴もチェックされるので注意が必要です。

 

なお、審査の厳しさはどの中古車ローンに申し込むかで変わります。

 

低金利なローンほど審査が厳しいので、銀行のマイカーローンだと審査は厳しくなります。

 

もし銀行などのマイカーローンに落ちた場合は、中古車販売店の自社ローンを利用するといった方法があります。

 

自社ローンには独自の審査基準が設けられていることもあって、銀行のマイカーローンよりは審査に通りやすくなっています。

 

その代わりに金利は高めなので、最初から自社ローンに申し込むのはあまりおすすめできません。

 

中古車ローンは何歳から何歳まで組める?

中古車ローンを申し込む際には、年齢条件も確認しておきましょう。

 

年齢条件は各ローンによって異なる場合がありますが、以下の様なパターンの年齢制限があります。

 

1.申込時満20歳以上、完済時が満70歳の誕生日まで。
2.申込時満18歳以上、完済時年齢が満80歳

 

中古車のローンって何回払いが平均的?

マイカーローンの返済期間は、最短半年(6回)、最長10年(120回)と幅広いですが、平均的な支払い期間は3年(36回払い)前後となります。

 

ただ借入額や経済状況によっては、3年の返済期間では月々の支払い額が多くなり、家計を圧迫してしまうということもあります。

 

その場合は無理に平均に合わせようとせず、その状況に合わせた返済期間に調整しましょう。

 

銀行などのマイカーローン紹介ページ等では「返済額シミュレーション」がご利用いただけます。

 

シミュレーションページにて借入希望額や借入期間等を入力すると簡単に月々の返済額を試算することができます。

 

中古車ローンをお申込みの際には、こうしたシステムも是非ご活用ください。

 

中古車ローンの金利はどれくらい?目安や相場は?

上記でも少し触れましたが、中古車ローンの金利はどこのマイカーローンを利用するかで以下の様に変わります。

 

銀行のマイカーローン

 

2.0〜4.5%程度が目安

 

中古車販売店のローン

 

8〜10%程度が目安

 

銀行は各種ローンなどから利益を得ているため上記のような低金利が実現していますが、中古車販売店ですと利益を得る手段が限られているので、銀行並の低金利ではローンの提供は難しくなってしまいます。

 

そうしたことから、このような金利の差が出ているのです。

 

中古車ローンに頭金は必要?計算方法や相場は?

中古車ローンは、頭金なしでも組むことができます。ただ頭金を支払うことによって、以下の様なメリットを得られます。

 

  • 審査に有利になる場合がある。
  • 金利が下がる場合がある。
  • 頭金を支払ったぶんだけ借入額が抑えられるので、結果的に返済総額を抑えられる。
  • 月々の返済額を抑えられる。

 

こうしたメリットがありますので、頭金を支払える余裕があればそのときに支払っておいたほうが後々楽になりそうですね。

 

なお頭金は、借入額の10〜30%程度が相場となります。

 

また借入先によっては年収を超える額ではローンが組めない場合があります。その場合に、年収を超えたぶんを頭金として支払うという措置を取ることもあります。

 

中古車ローンってどこまで含まれる?重量税?取得税?手数料は可能?

車を買う際には、車両本体価格の他に諸費用がかかります。また車を維持していくためには、車検費用などもかかってきます。

 

中古車ローンの中には、そうした諸費用も含めて借入を行えるタイプもあります。

 

そういったタイプの中古車ローンですと、以下の様な幅広い用途でご利用いただけます。

 

  • 中古車の購入
  • オプション購入費
  • 税金
  • 保険
  • 修理
  • 車検
  • 免許取得
  • ガレージ建設費

など

 

税金や保険、車検のほか、免許取得やガレージ建設にかかる費用までカバーしてくれるとは、少し驚きですよね。

 

ただ上記のような幅広い用途があるからといって、借りすぎは禁物です。

 

車検などにも使えるけれど、あえてそれらを借入希望額に含めずに申し込みをするというのも、借りすぎを防ぐためには効果的な方法といえます。

 

さて今回は、車を中古で購入する場合にも利用したいマイカーローンについて幅広い情報をお届けしてきました。

 

なお今回は「中古車ローン」という言葉も多用してきましたが、銀行には中古車専用のローンがあるわけではありません。

 

上記のような幅広い用途が可能ということからもわかるように、銀行のマイカーローンは、新車の購入にも中古車の購入にもお使いいただくことができます。