下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

走行距離10万キロオーバーの中古車!相場は?買うのはどう?

走行距離10万キロオーバーの中古車!【※相場は?買うのはどう?】

 

中古車の値段を大きく左右する要素である「走行距離」。

 

走行距離が5万キロ以上なのか、あるいは10万キロ以上なのかなどによって、中古車の価格帯は大きく変わってきます。

 

走行距離は車の寿命につながるものなので、こうした差があるのも納得ですね。

 

さて、そんな中古車に対しては以下の様な疑問が出てくることもあります。

 

「10万キロオーバーの中古車は、買っても大丈夫?」
「10万キロオーバーの中古車の相場はどれくらい?」
「走行距離10万キロの中古車は、やっぱり故障しやすい?」

 

そこで今回は、こうした走行距離の多い中古車を購入する場合にお役立ていただけるような情報をまとめていきます。

 

興味のある方は是非ご覧になってみてくださいね。


走行距離10万kmオーバーの中古車まとめ!

 

走行距離が10万kmを超えている中古車を買うのは、正直なところアリなのでしょうか?

 

買っても大丈夫?購入前に見ておくべきポイントは?

昔だと車の寿命は走行距離10万キロという考えが一般的でしたが、今はその倍くらいはメンテナンス次第で十分に乗ることができるとされています。

 

ですからすでに走行距離が10万キロを超えている中古車でも、上手に選べば問題ありません。

 

そういった中古車を狙っているときには、以下の様なポイントに注目してみましょう。

 

過走行車でないか

 

年間走行距離が1万キロを超えているものは過走行車となるため、評価が低くなります。

 

過走行車だからといって年間走行距離が少ない車よりも必ずしも状態が悪いとは限らないのですが、過走行車だと各パーツの傷みが通常よりも進んでいることが多いので、初年度登録から5年しか経っていないのにすでに走行距離が10万キロオーバーというような過走行車は避けたほうが無難です。

 

エンジンオイルのメンテナンスは適切に行われてきたか

 

エンジンオイルやオイルフィルターの点検や交換が適切に行われてきたかどうかは、走行距離10万キロオーバーの中古車選びではとくに重要になります。

 

長い間エンジンオイル等の交換が行っていないとなると、エンジン内部の状態に問題がある可能性が高くなってしまいます。

 

タイミングベルトは交換済みか

 

タイミングベルトの推奨交換時期は走行距離10万キロですので、10万キロオーバーの中古車を選ぶときにはそれがすでに交換済みの中古車を中心に見ていきましょう。

 

ただベルト交換がまだ行われていなくても、交渉次第では無料でベルト交換をしてくれる場合もあります。

 

高性能を求めるのなら高年式車を

 

走行距離10万キロオーバーの中古車だと低年式車も多くなります。

 

そして価格は、クラシックカーなどをのぞき低年式であればあるほど安くなります。

 

ただ走行距離が多くても性能面では妥協したくないというのであれば、なるべく高年式車を選ぶようにしましょう。

 

エアコンのニオイをチェック

 

中古車の中には、エアコンから嫌なニオイがするものもあります。

 

そうしたニオイは、エアフィルターの交換等では完全に取りきることはできません。

 

ですから最初からそういう車を選ばないようにするためにも、販売店ではエアコンを作動させてもらいましょう。それでニオイの確認ができます。

 

定期点検記録簿を確認する

 

定期点検記録簿を見ると、その中古車にどういった整備が行われてきたかがわかります。

 

ですが中には、定期点検記録簿がないこともあります。

 

そういった中古車では過去の整備内容を知ることができませんので、いくら価格が安くても購入は見送ることをおすすめします。

 

走行距離10万キロオーバーの中古車の相場!

軽自動車

 

カーセンサーにて走行距離10万キロを下限とし、上限なしで軽自動車の中古車情報を検索した結果、2017年12月4日現在6,542台の中古車がヒットしました。

 

その情報を見ていますと、支払総額が20〜30万円台で収まる中古車もたくさん見られます。

 

ざっと見た感じの支払総額の相場は、20〜80万円前後でしょうか。

 

一方で走行距離などの条件なしで検索した場合の軽自動車の中古車相場は、車種によっては1円〜198万円などと非常に幅広いことも少なくなく、中古車平均価格は120〜130万円程度になることもあります。

 

普通車

 

普通車も軽自動車と同様、条件なしの場合の中古車相場は1万円〜400万円などというように非常に幅広くなっていることがあります。

 

したがって、普通車の場合も走行距離10万キロオーバーですと価格相場はグッと下がると考えられます。

 

実際に上記と同様に普通車や小型車というキーワードでカーセンサーで検索してみましたところ、レクサスでも支払総額が90万円以下という車を見つけることができました。

 

また中には、軽自動車と同様に支払総額が20〜30万円台に収まる中古車もありました。

 

ざっと見た感じの支払総額の相場は、軽自動車と同様に20〜80万円前後になってきそうです。

 

走行距離10万キロ超えでも買って良いのは普通車?それとも軽自動車?

「普通車の比べ軽自動車は寿命が短い」

 

こういう話を耳にすることもあります。実際のところはどうなのでしょうか?

 

軽自動車の場合は、その規格に合わせるためにボディの重量を低くする必要があります。

 

そうなると、どうしても普通車よりはボディが歪みやすくなってしまいます。

 

また排気量の制限の関係で軽自動車はエンジンの回転数が早くなりますので、それがエンジンの故障を早める原因になる可能性もあります。

 

もちろん、エンジンオイル交換などのメンテナンスがしっかりと行われていれば耐用年数を伸ばすことも可能ですが、こういったことがあるので「軽自動車は普通車よりも寿命が短い」というのは、ある面では正しいといえます。

 

ただ10万キロオーバーの中古車を選ぶうえでは、軽自動車でも普通車でも、それまでのメンテナンス等を細かくチェックすることは共通して大切になってきます。

 

10万キロオーバーの中古車は故障しやすい?何キロまで乗れる?

10万キロオーバーの中古車だからといって、故障しやすいとは限りません。

 

その根拠のひとつに「海外での車の乗り方」があります。

 

経済的にあまり車を買い替えられない発展途上国はもちろん、欧米の先進国でも「数十万キロ乗るのが当たり前」という事実があるからです。

 

海外では「修理しながら車を長く使う」という考え方も浸透していますから、当然のように一台の車の走行距離も多くなるのでしょうね。

 

ちなみにあまり知られていませんが、日本でもタクシーなどの走行距離はとても多いです。

 

タクシーに乗る機会が多ければ、50万キロ超えなどの車にも出会えるかもしれません。

 

ただ、走行距離などに関わらず中古車は新車よりも故障リスクが高いですので、ご購入の際には保証ありのものを選ぶと安心です。

 

保証をつけていれば、買ったばかりなのに高い修理費用を支払うという痛い目に遭うこともないですからね。

 

さて今回は、走行距離10万キロオーバーの中古車について掘り下げた内容をお届けしてきました。

 

何か参考にしていただける情報があれば幸いです。