下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

中古車購入時に迷う、走行距離について!

中古車購入時に迷う、走行距離について!

 

中古車を購入する際に、ある程度の予算を考えて検討していると、年式と走行距離、どちらかを妥協しないと予算内に収まらない場合があります。

 

出来る事なら、新しい車で、走行距離も少ないのを選びたい所ですが、中々予算内には収まりません。

 

そう考えた時に迷うのが中古車の走行距離についてではないでしょうか?

 

もしかするとあなたも、車の買い替えを検討して行く中で、走行距離について疑問に思う事があり当記事をご覧頂いているのかもしれませんね。

 

・・・と言う訳で今回の記事では、

「中古車を購入する時の走行距離の目安は?年式とどちらを重視した方が良い?」
「10万kmを越えた中古車はやめた方がいい?5万kmや8万kmはダメ?」
「走行距離が少ない中古車って大丈夫?故障とかも少ないのかな・・・」
「中古車購入する時のポイントってある?選び方ってあるの?」
「そもそもみんなはどれくらいの走行距離を目安にしているのかな?」

これらについて詳しく説明して行きます。

 

同じような記事を見ていると、高年式、低年式、低燃費、低走行、多走行など、専門用語が乱立していて、読んで行くうちに混乱してしまいます・・・。

 

そこで同じような記事にならないように、当ページではもう少し分かりやすい言葉でかみくだいて説明して行きたいと思います。

 

また、最後には当サイトが独自に実施したアンケート結果もご紹介しています。

 

これから中古車を購入しようと思っている方、そしてみんなが購入した中古車の走行距離が気になる方は是非最後までお付き合い下さい。

 

このページの目次
  1. 中古車購入時の走行距離の目安!年式とどっちを重視すべき?
  2. 中古車で走行距離が少ないのは何故?その理由と買っても大丈夫か?
  3. 走行距離10万キロ超えの中古車は買っても大丈夫?
  4. 中古車の選び方のポイント!走行距離だけで決めるのは危険!?
  5. 【中古車購入者93人に調査!】みんなが購入した中古車の走行距離は何キロぐらい?

中古車購入時の走行距離の目安!年式とどっちを重視すべき?

中古車購入時の走行距離の目安!年式とどっちを重視すべき?

 

「年式が古く走行距離が少ない」と「年式が新しいのに走行距離は多い」だったらあなたはどちらを重視しますか?

 

中古車の購入には数十万、あるいは数百万円かかるのでここは慎重に考えておきたいところです。

 

中古車の価値を決めるのは年式と走行距離だけじゃない!

中古車の価値を決めるのは年式と走行距離だけじゃない!

 

年式と走行距離が大切なポイントとなるのは当然のことだと思いますが、だからといってこの2点だけが全てという訳ではありません。

 

そこで走行距離について詳しく説明する前に中古車価格を決めるその他のポイントからご紹介したいと思います。

 

オプションの付加状況

 

オプションの付加状況は車の価値を大きく左右させます。

 

カーナビ、ドライブレコーダー、ETC、またディーラーの正規オプションなど高価なものがついていればその分車の価値も上がる可能性大です。

 

逆に同じグレードでもオプションが少ない、もしくは安いオプションになっている中古車価格は低くなることがあります。

 

グレード

 

車種によってカスタム仕様を含め複数のグレードを用意していることがあります。

 

よく聞く”車のグレード”ですが、ほとんどの場合一つの車種で内装、装備、外装などが異なったいくつかの階級が存在し、これら全てを含めてグレードと呼びます。

 

同じ車種でも内装が革張りだと値段が高くなったり、サンルーフがついていると値段が高くなったりします。

 

たとえ同じ年数、同じ走行距離だったとしてもグレードが違えば多少なりとも価格は変化します。

 

実際に大手中古車販売店カーセンサーで販売されている日産セレナを見てみると、

グレード

≪出典:カーセンサー
※グレードは上記以外にもあります。

 

このように数多くのグレードがあり、当然ですがそれぞれのグレードやその他の条件により価格は異なります。

 

ですから中古車購入時は走行距離と同時にグレードもしっかり確認しておきましょう。

 

過走行車

 

過走行とは、一般的に年間1〜1.5万km、月にすると800〜1,250qほど走る車を指す言葉で、過度の走行は同時に各パーツの摩耗を招きます。

 

したがって希少価値の高い車、高価なオプションが付いている車等と同じく過走行は中古車の価値を大きく左右させてしまうこともあります。

 

キズや修復歴の有無

 

キズや修復歴は中古車の金額を変える大きな要素です。もちろん、キズの度合いも要注意!

 

大きな事故による修復歴などはあまり良いイメージにはなりませんし、いずれ大きな故障が出るのではと不振に思われることもあります。

 

たばこの臭いなど

 

近年、たばこに対する認識が変わったことにより、以前のオーナーが喫煙者なのか、それとも全く吸わない人なのかも重要なポイントとなりました。

 

車を売る側としては、喫煙はかなりのマイナス要因になると言われています。そして、そのマイナス要因は少なからず販売価格にも影響を与えるようです。

 

中古車購入時に優先すべきポイントは年式と走行距離どっち?

中古車を選ぶ際に「年式」と「走行距離」のどちらを優先すべきなのかと悩む人も多いようですが、どちらかだけを重視してしまうような選び方はあまり良くないと思います。

 

例えば2年落ちで5万kmオーバーの車の場合は、1年の走行距離は単純に25,000km、1ヵ月にすると約2,000kmの過走行車です。

 

一般的には1ヵ月に800〜1,000kmと言われているので、この数値だと購入後早い段階に部品交換が発生するかもしれません。

 

逆に走行距離が少ない車はどうでしょうか?年式が古いのに走行距離が短いということはあまり車を使用していないと予想されます。

 

使用していなければ、放置されていた可能性もありますし、バッテリーの弱りやその他の備品劣化も心配です。

 

結局、最終的には事故歴などがなく「年数に合った走行距離」の中古車が一番無難かもしれません。

 

中古車購入時の走行距離の目安は何キロまで?

中古車購入時の走行距離の目安は何キロまで?

 

前項でもご説明した通り基本的に車の年間走行距離の平均は1万km程だと言われています。

 

これ以上極端に少ない場合も、多い場合もあまり中古車の状態としては良くないと考えられています。

 

まずは走行距離の目安として、この年間1万km程を目安に見て行くと良いのではないでしょうか。

 

ただ、単純に中古車の走行距離と言っても、5万km以内で検討している人もいれば、10万km以内で検討している人もいますし、どうしても欲しい中古車であれば走行距離を無視して購入するケースもあります。

 

値段が安くなる目安の走行距離は?

 

ちなみに、中古車の相場として価格が下がりやすいのは、5万キロ、10万キロだと言われています。

 

この走行距離を目安に、中古車の相場が大きく変わると言われていて、4万kmと5.5万kmの車、8万kmと10.5万kmの中古車では、大きな価格差が出ている可能性があります。

 

この辺の走行距離に狙いを定めてみて行くと、”掘り出し物中古車”を上手に発見する事が出来るかもしれません。

 

走行距離が多くても”買い”な中古車は?

 

前述の通り、1年間に1万5千km程度走っている車は過走行(平均より多く走っている)と判断されて、年式は新しいのに安く販売されている場合もあります。

 

こういった走行距離が多い車でも、整備記録簿などを確認し、しっかりとメンテナンスが行われているので有れば、お買い得な中古車の目安になります。

 

※ディーラーや中古車販売店より数万円高く売れる事も沢山♪


中古車で走行距離が少ないのは何故?その理由と買っても大丈夫か?

中古車で走行距離が少ないのは何故?その理由と買っても大丈夫か?

 

中古車情報を検索していると、10年落ちだけど3万kmしか走っていない車なども見つかります。

 

3万kmしか走っていない事を考えるとかなりお買い得に見えますが、こういった車の危険性やデメリットはどうでしょうか?普通に考えたら訳アリのような気がします・・・

 

走行距離が短い中古車、考えられる理由や原因は?

考えられる理由や原因としては、サイドカーとして所有しているケースや、通勤距離が短いもしくは電車通勤の人などです。

 

こういった場合、長距離を走るのは旅行や帰省などの時に限定されてしまいますし、1ヵ月を通して休日以外あまり乗らないことも珍しくはありません。

 

『しばらく乗らなかったからバッテリーがあがった!』という言葉を聞いたことありませんか?適切な管理を怠れば、車は徐々に劣化してしまいます。

 

走行距離が少ない中古車は故障も少ないとみて大丈夫?

1年1万km〜1万5千km以上走っている車は過走行車、1年に5千kmも走っていない車を過少走行車と言います。

 

あまり乗られていない為、そこまで傷んでいないように感じてしまいますが、ゴム部分の劣化や細かい部分のサビなどは気をつけないといけません。

 

つまり走っていなかったという事は、車自体にガタがきている事は考えにくいですが、年中野ざらしの駐車場にほとんど乗らない状態で置かれていたのであれば、雨や風の影響などでゴムの劣化やサビが考えられます。

 

特に融雪剤(塩化カルシウム)などが良く使われる寒冷地からの中古車は要注意かもしれません。

 

走行距離が少ない車は買っても大丈夫?

こういった中古車も値段的にはお買い得な場合が多いですが、先ほども申し上げた通り、過小走行による劣化も心配です。

 

ただ、これらは、素人では判断がつきにくい為、もし走行距離が少なくてお買い得な車が見つかった場合は、しっかりと購入店のスタッフに詳細を確認し、ゴムの劣化やさびなどについても聞いてみる事をオススメします。

 

※買い替えなら買い取り専門業者に売るのが絶対に得♪


走行距離10万キロ超えの中古車は買っても大丈夫?

走行距離10万キロ超えの中古車は買っても大丈夫?

 

『この中古車安いから買いだな』と思って見ると、走行距離が10万キロ超えなんてことありますよね。

 

価格的にはクリアできても10万キロ超えるとなんとなく心配になってします。

 

10万kmを越えている中古車の購入は有り?

10万kmを超えている中古車に関しては、価値がかなり下がっており、信じられないぐらい安価で販売されているものもあります。

 

こういった中古車の購入はどうでしょうか?例えば、10万キロを超えた車の価値が下がる一つの理由として、『故障が増える、交換する部品が増える』など、修理、維持費が高額になる事が挙げられます。

 

しかし、一つ前でも説明した通り、走行距離が多くてもしっかりとメンテナンスされている車であれば、購入しても良いかと思います。

 

特に10万キロを超えてからは、≪タイミングベルト≫の交換時期に当たり、この交換には数万円かかるので、タイミングベルトが既に交換されている状態で、なお且つメンテナンスも細かくされているなら、かなりお買い得な中古車の可能性もあります。

 

※タイミングベルトについて
タイミングベルトに関しての説明は難しいので割愛させて頂きます。また、必ずしも上記の条件に当てはまっている中古車がお買い得とは言えませんので、あくまでご参考までに・・・。

 

走行距離5万km前後の中古車購入時に注意すべき点は?

5万キロという走行距離は一般的には買うべきかどうか迷うポイントだと言われています。

 

中古車販売店のGoo-netで掲載されているプリウス50系(平成28年式)に限定して4〜5万kmと5〜6万kmで検索すると、

車種名 走行距離4〜5万km 走行距離5〜6万km

プリウス 50系
プリウス 50系

183万円 199万円
199万円 2.02.8万円
208万円 194.8万円
179万円 169.8万円
227.8万円 178万円

≪出典:トヨタ
※検索時の上位5台のみ記載してみます。
※年式やオプション状況は加味していません。

 

このようにパッと見ただけでも価格の違いは一目瞭然です。

 

ちなみに双方の平均を算出すると、4〜5万kmが約200万円、5〜6万kmが約189万円で価格差は11万円と結構な差が出ています。

 

ですから、5万キロ前後という距離は購入する側にとって大きなポイントであり注意すべき点です。

 

また、購入して将来的に売却する時のことも考えてください。例えば購入してから3万km走行で売却するとします。

 

もし、4〜6万kmの中古車を購入すれば売却時は7〜9万kmとなり、査定額はかなり低くなります。

 

こういったことも考えると、5万キロ前後の中古車は乗りつぶす人に向いていると言えるかもしれません。

 

8万km前後の中古車は10万kmまでしか乗れない?買うべきではない?

かなり走行している8万km前後の中古車の場合は、『ほとんど乗れないでしょ?』と思う人も多いようですが、乗り方や購入時の状態次第では10万km以上乗ることも十分可能です。

 

もちろん、同じ年式で8万キロと5万キロがあれば、ほとんどの人が5万キロを選ぶと思います。

 

また、仮に故障などがなかったとしても、長年乗っていざ売る時の査定はもともと走行距離が多いので期待できません。

 

出来るだけ安く、そして乗りつぶすつもりであれば購入を検討しても良いでしょう。

 

※最大5000社に一括査定!個人情報は1社のみしか知られない♪


中古車の選び方のポイント!走行距離だけで決めるのは危険!?

中古車の選び方のポイント!走行距離だけで決めるのは危険!?

 

中古車を選ぶ際、ほとんどの人が走行距離をメインにしていると思いますが、何キロ走っているのかだけで判断するのは危険ではないでしょうか?

 

そもそも中古車のオドメーターは本当に信用できるのか?改ざんや走行距離不明の実態について詳しくまとめてみました。

 

中古車の走行距離は改ざんされている事もある?

10万kmを超えている中古車に関しては、価値がかなり下がっており、信じられないぐらい安価で販売されているものもあります。

 

「メーターの巻き戻し」と言われる走行距離の改ざんは、走行距離による価格低下を抑えるための行為として業者などが中心に行われていましたが、現在は車検証に走行距離を明記するなどの対策により不正は減ったと言われています。

 

しかし、全く不正が行われていないと断言できませんから、不正を見抜く知識はある程度備えておきましょう。

 

走行距離の改ざんを見抜く方法は?

 

現在、自動車検査証には総走行距離と旧走行距離計表示値を記載するようになりました。

 

この記載距離よりメーターの距離が少なければ改ざんされている可能性があります。

 

また、ダッシュボード内や自動車のドアなどに各種交換した証明(交換時期のステッカーなど)が残されていることがあります。

 

こういった記録のメーター値に目を通しておくのも中古車の不正な改ざんを見抜く方法の一つです。

 

走行距離が不明の中古車は危険!不明の原因と見分ける方法は?

走行距離は各パーツの交換時期などを示す重要な役割を担っているので、走行距離不明は将来的に大きな故障の原因を作ってしまう危険性があります。

 

それなのに何故か中古車販売店では『走行距離不明』という車をたまに見かけますよね。

 

なぜ『走行距離不明』のままで売っているのかというと、

オドメーターを交換している
オドメーターの示す走行距離がおかしい

 

上記のように実際、中古車販売店が購入した時に『この車の走行距離はおかしい』と思った時、そして『オドメーターが故障して交換した際走行距離が分からなくなった』というケースだと走行距離不明は発生してしまいます。

 

こういった中古車は確かに安いかもしれません。しかし、想定している走行距離と本当の走行距離の差が大きかった時は思ったより早く部品交換することになりますし、故障や事故なども心配です。

 

更に『走行距離不明』の車の場合、再度売却する時は相当不利です。

 

走行距離なんて全く関係ないよという人もいると思いますが、あまりオススメできる状態とは言えません。

 

そもそも中古車の走行距離の限界や寿命ってあるの?

まず走行距離による車の限界や寿命に関して言うと、『全く動かなくなり乗れなくなる』と言う基準で考えた場合は、定期的なメンテナンスや状態次第で20万kmでも乗る事ができます。

 

実際、海外で走っている日本車を見ると、20万km越えの車なんてざらにあり、中には30万km越えても乗っている人もいるようです。

 

ただ、日本国内に限って言うと、ほとんどの人の基準はだいたい10万kmと考えている人も多く、10万kmを超えて乗っている人でも15万kmに行くまでには乗り替える人も多いようです。

 

人によって考え方は違ってきますが、中古車購入時の走行距離は15万kmぐらいを限界や目安と考えておいた方が良いかもしれません。(※予算内に収まるなら、8万km以内がオススメ)

 

走行距離から見る中古車選びのポイント!

走行距離から見る中古車選びのポイント!

 

走行距離について詳しくご説明してきましたが、メーターの数値だけを見る危険性はご理解頂けたでしょうか?

 

こういった知識を得てから中古車選びを始めれば、良い車を見つけられるチャンスは広がると思います。

 

そこで次は、走行距離から見る中古車選びのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

新しい車狙いは5万km以内

 

車はどうしても経年劣化するもの、多少高くても見た目や各パーツが比較的新しい車を狙いたいなら5万km以内の中古車がオススメです。

 

また、5万km以内であれば長く乗れるといったメリットもあります。

 

例えば、10万kmで買い替えを考えた場合、年間1万キロであれば5年以上、15万kmまでなら10年前後乗ることができます。

 

お得でなるべく長く乗りたい人は5〜10万km

 

『育児にお金がかかるから』、『安く買って長く乗りたい』といった人には、販売価格が下がってくる5〜10万kmの中古車がベスト!

 

前項でご説明した通り大切に乗り大きな故障などがなければ15万kmくらいまでは乗ることができます。

 

ただし、8〜10万kmだとかなり安く購入できますが近々タイミングベルト等の交換が必要になってくることは忘れてはいけません。

 

激安で中古車を購入したい人は10〜15万km

 

『とにかく安く中古車を買いたい』、『初めての車だから2〜3年走れば十分』という人は10〜15万km、できれば12万kmくらいがベストかもしれません。

 

もちろん価格は5万km以内や5〜10万kmに比べれば同じ中古車でもかなり激安になっています。

 

もし、すでに狙っている車種があるなら出来る限り価格を下げて憧れの車に乗るというのも良いかもしれませんね。

 

※今話題!無料で出品可能なオークション査定♪※相場はネットからすぐに分かります。


【中古車購入者93人に調査!】みんなが購入した中古車の走行距離は何キロぐらい?

【中古車購入者93人に調査!】みんなが購入した中古車の走行距離は何キロぐらい?

 

さて、ここまで中古車購入時の走行距離について詳しくまとめてきましたが、なかには『実際に購入した人たちの走行距離が知りたい!』という口コミ的なものを重視する人もいると思います。

 

そこで当サイトでは中古車購入者93人を対象にどれくらいの走行距離で購入したのかを調査してみました。

 

93人が購入した中古車の走行距離と平均価格は?

2018年11月に93人を対象に調査した結果を一覧にまとめてみました。

 

調査結果からみると、やはり5万キロ以内の中古車を購入している人が多く、平均購入価格も5万キロ以上に比べると一桁違っています。

 

中古車購入時の走行距離 平均購入価格 購入者数
〜10,000kmまで 161万円 17人
10,001〜20,000kmまで 183万円 13人
20,001〜30,000kmまで 140万円 15人
30,001〜40,000kmまで 97万円 11人
40,001〜50,000kmまで 82万円 7人
50,001〜60,000kmまで 50万円 6人
60,001〜70,000kmまで 53万円 4人
70,001〜80,000kmまで 40万円 3人
80,001〜90,000kmまで 88万円 5人
90,001〜100,000kmまで 30万円 3人
100,000km以上 26万円 9人

※小数点以下は切り上げしています。

 

また、意外なことに10万キロ以上は9人、激安中古車狙いで走行距離を気にしない人も結構多いようです。

 

表には記載できませんでしたが、一番走行距離が少ないのは160kmで一番多いのが21万km、意外とみなさん幅広い範囲で購入していました。

 

更に全体の平均走行距離を計算したところ、

中古車購入時の走行距離平均 47,471km

 

やっぱりという結果になりました。走行距離的にも価格的にもこの辺が大きな分かれ目となっています。

 

10万キロで買い替えとしても4〜5万キロであれば5年くらいは十分乗れるので初めて車を購入する人やちょっと大きめのファミリーカーを狙っている人には適した距離かもしれません。

 

実際、5万キロ以内だとタント、ワゴンR、Nboxといった軽自動車を購入した人が24人、シエンタ、オデッセイ、プリウス、セレナなどのファミリーカーを含む普通車は39人でした。

 

93人に聞いた!中古車はディーラーと中古車屋のどっちで買う?

93人に聞いた!中古車はディーラーと中古車屋のどっちで買う?

 

さて、あなたは中古車をどこで買おうと考えていますか?走行距離や価格も迷いますが、ディーラーと中古車販売店のどちらで購入するかも考えておかないといけません。

 

そこで今回アンケート調査に協力してくれた方に中古車をどこで買ったのかを聞いてみました。

 

中古車の走行距離 ディーラー 中古車販売店等
0〜50,000km 29人 34人
50,001km〜 5人 25人

 

結果はご覧の通り!全体的に見ると中古車販売店で購入している人は93人中59人です。

 

またディーラーを通して5万キロ以上の中古車を購入した人はごくわずか、一般的にはディーラーの中古車は高いというイメージがあるので、『乗り潰し派』で激安車などを狙う人は敢えて中古車販売店を選んでいるのかもしれません。

 

走行距離以外に注意したいポイントは?

 

走行距離や年式はとても重要なポイントですが、それ以外にも気をつけておきたいポイントはあります。

 

例えば、

ワンオーナーでメンテナンスがしっかりとされていた車を選ぶ
購入時に、何年何万kmぐらい乗るか?を考えて選ぶ
次に下取りに出す事を考えて年式の新しい車を選ぶ
走行距離が多くても、整備点検記録がしっかりとされている車を選ぶ

こういったポイントは多くの人が気をつけているポイントです。

 

また、前項でご紹介した修復歴や事故歴!走行距離より大切なポイントといっても過言ではありません。

 

街で展示されている中古車ならすぐ現車確認できますが、もしネットなどから探す場合は以下の様な『修復歴なし』にチェックを入れてから検索するのも対策の一つです。

 

修復歴なし

≪出典:カーセンサー

 

また、放置車や水没車の可能性もあります。ただこういった項目はネットの画面や広告だけでは確認は難しいと思います。

 

万が一、このような中古車に当たった場合は、想定外の修理や故障を引き起こすかもしれないので、出来る限り知識を身につけ現車確認を怠らないようにしましょう。

 

※すぐに愛車の相場が分かる!数十万円得した人も沢山♪

 

中古車購入時の走行距離の目安としては、人それぞれ捉え方も違う為、一概に何kmまでが良い!とはハッキリと説明する事が出来ません。

 

『中古車の購入は当たり外れが多い』ともよく言われますので、走行距離だけでなく、ここまで説明した内容を踏まえて、メンテナンスや前オーナーの事、何年乗るか?なども総合的に考えて検討してみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧頂きありがとうございました。