ETC 付け替え

下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

車の買い替え、ETCの付け替えやセットアップについてのまとめ!

車の買い替え、ETCの付け替えやセットアップについてのまとめ!

 

昔は高速道路と言えば現金で支払うのが当たり前でしたが、国土交通省の助成金などの影響もあり、全国的にETCの利用が急速に広まりました。

 

一般財団法人ITSサービス高度化機構が平成29年5月に行った調査によれば、全セットアップ件数の累計は約9,000万件を突破!

 

いかにETCが当たり前の世の中になったのかが分かると思います。

 

余談が長くなってしまいましたが、そんなETC車載機について、車の買い替え時、付け替えやセットアップについて悩んでいる人も多いようです。

 

特に多い悩みとして・・・

「ETC車載器って自分で付け替える事って出来るの?」
「車買い替え時、そのままETCを利用したいんだけど手続きは必要?」
「車載器を付け替えたら再セットアップって必要?費用や値段はどれくらい?」
「ETC車載器の再セットアップは自分でできる?しないとどうなる?」

と言うように疑問を持つ人も多く、もしかするとあなたも上記のような悩みがあり、当記事をご覧頂いているのかもしれませんね。

 

そこで、今回は”車買い替え時のETC車載器の付け替えについて”詳しくまとめています。

 

それぞれの項目ごとにわかりやすく説明していますので、上記一つでも疑問に思う事があれば、是非一度目を通しておいて下さいね。

 

きっと車買い替え時や乗り替え時にはお役に立てるのではないかと思います。

 


車買い替えにETCの付け替え可能?

車買い替えにETCの付け替え可能?

 

節約志向の人、奮発して高いナビを購入した人などは車買い替え時に『ナビを次の車に載せ替えたい!』と思うのではないでしょうか?

 

その気持ち、痛いほど分かります。結論から申し上げれば、車買い替え時にETCを付け替えることは可能です。

 

しかし、残念ながら全て付け替え可能ではないので、特に機械類や手続きに疎い人は付け替え可能な条件を確認しておきましょう。

 

ETCを付け替えできない条件

ETCを付け替えできない条件

 

ETC車載器はどんな車にも載せ替えられると思っていませんか?

 

確かに車種制限などをあまり聞いたことはありませんし、今乗っている車にETC車載器が付いてるなら『勿体ないから外してまた使いたい』と考えるのが普通です。

 

しかし、そんな気持ちとは裏腹に使用できないケースや不用になってしまうケースも少なからず存在します。

 

新しい車に対応できていない製品の場合

 

ETCとは料金所ゲートと車内の車載器が無線通信することで自動的に料金を支払うシステムです。

 

したがって、通信を遮断するような障害があった場合には上手に通信できないこともあります。

 

例えば、ベンツやBMW、そして国産高級車の一部では特殊ガラスを使っています。

 

この特殊ガラス(熱線反射ガラス)はETCの電波を反射してしまう構造になっており、ETCを付けたとしても使うことができません。

 

ただし、こういった特殊ガラスは現在も残っていますが、ETCが普及したことによりガラス面の一部を電波が反射しないようになっているのでETCが普及する前の車などを購入しない限りはほとんど心配ないでしょう。

 

新しい車に元からETCが付いている場合

 

乗り換えた車にETC車載器が付いていたら、当然ですがお持ちのETC車載器を取り付けることはできません。

 

もし、付け替えるとすれば取り外しと取り付けの料金を請求される可能性も高く、新しく付けたETC車載器の再セットアップも必要になってきます。

 

よっぽど古い車載器か壊れているものでなければ付け替える必要はないような気がします。

 

もちろん、新しい車に付いているETC車載器もそのまま使えるという訳ではありません。先ほどと同じように再セットアップが必要です。

 

自動車メーカー販売のETC車載器の場合

 

最近の車の中には初めからETC車載器が付いているものがあります。これは、ビルトインタイプと呼ばれる車載器で、各自動車メーカーから販売されています。

 

下記画像は、当サイトスタッフの車内です。下の方にETCの文字と共に車載器本体が見えると思います。

 

自動車メーカー販売のETC車載器の場合

 

新車購入時にオプションとして付けるタイプのもので、画像のように車体と一体化している分、見た目が良くスマートに感じますが、他社に乗り換えた際には形状などの問題でキレイに付け替えできないこともあります。

 

ただし、メーカーオプションで付いているからといって必ずしも高機能ETC車載器とは限りません

 

実際、このスタッフは新車購入時にオプションで車載器を付けましたが、グレードは一番低いナビと連動しないものを選択しました。

 

ETCを付け替える手順

ETCを付け替える手順

 

まず、今現在乗っている車に付いている車載器を取り外すことから始めます。業者でも自分でも取り外すことはできますが、詳しい説明をする前に下の図を見て下さい。

 

ETCを付け替える手順

 

簡単にご説明すれば上記のように車載器の取り外しから始めます。車載器を取り外したら次に行うのは『セットアップ』です。

 

セットアップとはETCを利用する車両情報を暗号化して車載器に書き込む作業のことで、以下の登録店章(画像@)を持つ登録店に行き、セットアップ申込書(※画像A)、車検証、運転免許証を揃えて提出すればセットアップ作業を始めてくれます。

 

画像@(セットアップ登録店章)

画像@(セットアップ登録店章)

 

画像A(セットアップ申込書)

画像A(セットアップ申込書)

≪出典:ETC総合情報ポータブルサイト

 

セットアップには多少の時間を要します。登録店にもよりますが、オンラインセットアップを採用しているところなら数時間程度、オフラインセットアップなら1週間程度でセットアップ完了、そして車載器を車内に取り付ければ準備完了です。

 

このままでもETCを使えますが、今の車で登録しているETCマイレージサービスの車両情報を変更する必要があります。

 

この作業を怠ると、どれだけ乗ってもマイレージが貯まりませんし、今までのマイレージも水の泡!くれぐれも忘れないようにしてください。

 

ETCを付け替える手順

≪出典:ETCマイレージサービス

 

このマイレージ変更が完了すれば取り外しから取り付けは全て終わります。

 

先ほども言いましたが、マイレージは毎回ポイントが付加されるお得なシステムですから、絶対に忘れないようにしてくださいね。

 

ETC載せ替え時はカードも作り変える?

 

ETC車載器を付け替えても、ETCカードは作り変える必要はありません。

 

分かりやすくご説明すると、夫がETCが付いていない妻の車を借りてドライブに出たとしましょう。

 

妻が乗っていない状態で高速道路を走ると料金はどうなるでしょうか?

 

当然ですが、仕方なく自分で料金を払うことになります。

 

ETCも同じ原理で誰の車載器なのか?車は誰の名義なのか?ではなく、カードの持ち主に請求がくるシステムになっています。

 

ちなみにレンタカーの中にもETC車載器が付いている車があります。

 

もちろん、こういったレンタカーの車載器にカードを挿入した場合もカードの名義人に請求がきます。

 

ETC2.0とは?

 

全国高速道路に設置されている通信アンテナと車載器、そしてカーナビが双方向通信することで高速かつ高度なサービスを実現させた新しいETC車載器です。

 

入手できる道路交通情報は最大1,000km、静止画の配信や音声による情報提供など様々な情報をドライバーに提供してくれます。

 

現在ETCは、FM多重放送、光ビーコン、電波ビーコン、ITSスポット(ETC2.0)の4種類ありますが、2022年3月31日で電波ビーコンは終了しETC2.0に一本化する予定になっています。


ETCの付け替えにかかる工賃

ETCの付け替えにかかる工賃

 

今使っているETCを付け替えれば購入費用を浮かすことができます。しかし、付け替えを依頼されたお店も商売!付け替え無料という訳にはいきません。

 

そこでETC付け替えにかかる工賃はいったいいくらなのか?を調べてみました。

 

ETCの付け替えにかかる費用

ETCの取り替えは、ディーラー、中古車販売店、車修理工場、カー用品店など様々なところで行っていますが、付け替え料金はどこも一緒ではありません。

 

参考までに大手カー用品店のオートバックスではETC取り付け工賃は『4,000円〜』、ということは、取り付ける位置や商品によって高くなる可能性もあります。

 

また、取り付け工賃の中にセットアップ費用は含まれていないのでセットアップには別料金が発生します。この点は十分注意しておきたいところです。

 

ETCの付け替えにかかる費用

≪出典:オートバックス

 

ただし、この値段についてはあくまで取り付けの料金です。

 

今付いている物を自分で外せば4,000円程度で済むかもしれませんが、外すのと付けるのを両方を別店舗でお願いした場合には倍くらいの費用になる可能性が出てきます。

 

また、ディーラーに付け替えをお願いすると工賃が5,000〜10,000円と高くなる傾向になります。

 

もちろん、ディーラーなので仕上がりは抜群ですが、出来るだけ安く済ませたいという人はカー用品店などの方が良いかもしれませんね。

 

ETCの付け替えと新規購入はどっちがお得?

最近の車載器は、ETCの普及や最新のETC2.0(新セキュリティ規格)の登場により、安いものから高いものまで色々販売されています。

 

実際、価格は安いタイプが5,000円くらい、高いものだと30,000円弱というタイプも販売されています。

 

下の画像はパナソニックから発売されているETC車載器で、値段は5,000円と比較的安価な設定になっています。

 

ETCの付け替えと新規購入はどっちがお得?

≪出典:パナソニック

 

商品名 CY−ET926D
メーカー名 パナソニック
価格 5,000円前後
特徴 新セキュリティには対応していませんが、価格が安いので比較的購入する人の多いタイプです。基本的なETC機能さえあればOKという人にはオススメです。

 

そして、次にご紹介するのも同じパナソニックのETC車載器、価格は15,000円とかなり高額です。

 

お気づきかと思いますが、この機種は最新のETC2.0というタイプ!高機能タイプとはいえ、ちょっと高いですよね。

 

ETCの付け替えと新規購入はどっちがお得?

≪出典:パナソニック

 

商品名 CY−ET2010D ETC2.0
メーカー名 パナソニック
価格 15,000円前後
特徴

ナビ連動型,新セキュリティ対応の高機能ETC車載器です。この車載器を付けるとETC2.0限定割引が受けられます。
ナビ連動型の機種ですが、ナビが付いていなくても使用することは可能です。

 

結局、付け替えと新規購入はどちらがお得なのか?というと、どんなに安いETC車載器を購入しても以下のように車載器購入費用が発生しない付け替えの方が圧倒的にお得です。

 

車載器購入費用 付け替え費用
付け替えの場合 0円 4,000〜
車載器を購入した場合 5,000〜30,000円 5,000〜10,000円

 

付け替えのみであれば4,000円程度、しかし車載器を購入すると車載器と付け替え費用で最低でも10,000円程度になってしまいます。

 

もちろん、くまなく探せばもっと安い車載器と付け替え費用があると思いますが、どちらにせよ付け替えのみの値段には敵わないでしょう。

 

あとは付け替えの費用をどれだけ安く出来るか?色々なお店をまわるのも良いかもしれませんが、一番安く済ませる方法は『ETC付け替えを自分ですること』です。もちろん、可能であればの話ですが・・・


ETCの付け替えは自分でできる?

ETCの付け替えは自分でできる?

 

もし自分で、簡単にETCの付け替えが出来るならこんなに安上がりな方法はありません。

 

特に配線などの電気系統に強い人や自動車関連の仕事をしている人の場合は、DIYで行うことをまず考えるはずです。

 

そこで、ETCの付け替えは自分で出来るのか?について詳しくまとめてみました。

 

ETCの取り外しと取り付けは?

基本的にETC車載器は自分で取り外して再度取り付けることができます。

 

ただし、少々専門知識が必要なところがありますし、無理に作業すれば車載器本体が破損するかもしれません。

 

もし、自分の腕に自信がない人は多少お金がかかってしまってもお店に頼んだ方が無難です。

 

また、今お乗りの車を高く売却しようと考えている人も要注意です。

 

ETC車載器がなくても売却金額に大きな差は出ないと思いますが、パネルやダッシュボードなどに傷がつくと買取査定に影響する可能性も出てきます。

 

ETC車載器を付け替えて購入費用を節約しても、傷つけたことで売却額が下がっては意味がありません。

 

ご自分でETCの取り外しと取り付けを行う際は、なるべく丁寧な作業を心掛けるようにしてください。

 

ETCの再セットアップは?

ETC車載器については、取り外しと取り付けの両方を自分で作業することができます。

 

しかし、再セットアップだけは自分で行うことができません。

 

そもそも再セットアップとは、

不正防止
通行料金の算出

の為の暗号化処理で、ナンバープレートなどの車両情報を車載器に書き込んでいく大切な作業です。

 

その為、再セットアップは高度な技術を持つ指定されたところのみ作業可能、面倒だからと言って自分で作業したり車に詳しい知人に作業を依頼することはNGです。

 

ETCの再セットアップをしないとどうなる?

ETCの再セットアップをしないとどうなる?

 

ETCの形や種類はいくつかありますが、シガーソケットに差し込むタイプのものもあるので、『差し込み口を新しい車に付け替えるだけで大丈夫なのでは?』と思う人も多いかもしれません。

 

例えば普通乗用車から普通乗車への載せ替えであれば、ETCのバーも上がりますしそのまま利用できます。

 

しかし法的な罰則や違反はないものの、契約上は自分で付け替えるのではなく、最寄りのカー用品店や、車の購入店などで手数料を払って再セットアップしてもらってから使用することになっています。

 

軽自動車から普通車に乗り換えた場合

 

軽自動車から普通乗用車に乗り換えた場合は必ず再セットアップが必要となります。

 

この場合、再セットアップをせずにそのままETCを利用し、もしバーが開いてそのまま利用していると、罰金どころか捕まってしまう可能性もあります。

 

普通乗用車で高速に乗っているのに、軽自動車の料金でETCを通っているんですから捕まっても仕方ありませんよね。

 

基本的には車体の長さなどでETCの判別を行っている為、軽自動車で登録しているETC車載器を普通乗用車にとりつけてもバーは開かないはずです。

 

ですので、答えとしてはどんな車に乗り換えたとしても、ETC車載器によっては自分で付け替える事も出来るが、契約的には再セットアップを依頼しないといけないと言う事になっています。

 

中古車の半数以上が再セットアップをしていない?!

 

前述の通り、基本的には再セットアップをしてもらう必要がありますが、罰則がない事や、そのまま使用できる事もあり、ETC本体の付け替えだけを車買い替え時の購入店でしてもらい、再セットアップをせずに利用している中古車も多いのが現状のようです。

 

今の所は、ETCの再セットアップをせずに高速道路を走行したからと言って、免許の点数を減点されたり、罰金を支払わなければならないと言う事もありません。

 

また車種が同じであればそのまま利用できますので、実際に利用している人も多いようです。

 

ただし、この先ずっと再セットアップに関する法律や罰則がないとは限りません。

 

何も気にすることなく安心してETCを使用したのであれば、多少手間でも再セットアップした方が良いと思います。


ETCの再セットアップはどこでできるの?

ETCの再セットアップはどこでできるの?

 

前述の通り、基本的には車買い替え時はETCの再セットアップが必要となります。

 

車を下取りに出す場合にはディーラーに頼むと安くして貰える可能性がありますが、今乗っている車を買取に出して、その後中古車屋でクルマを購入する場合は、ETCを別途他のお店で再セットアップしてもらう必要があります。

 

ETCの再セットアップが出来るお店

ETCの再セットアップが出来るお店なんて見たことも聞いたこともない!という人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、よく探してみるとあなたのお近くにも必ず再セットアップに対応しているお店はあるはず!

 

基本的にETC車載器の付け替えは下記のステッカーが貼ってある所ならどこでもしてくれます。

 

ETCの再セットアップが出来るお店

≪出典:ETC総合情報ポータブルサイト

 

ただ、「そんなステッカー見たことないよ!?」って方もいるかもしれません。

 

そんな方に便利なのが、ETC総合情報ポータブルサイトの中にあるセットアップ店検索ページです。

 

こちらを探すと、近所に結構見つかりますので、是非再セットアップ店をお探しの場合は利用してみてくださいね。

 

実際に『東京都足立区』で検索してみると、

オートバックス
イエローハット

などの大手カー用品店、それから各自動車ディーラーや修理工場などが多数出てきました。

 

意外と対応しているところは多いのですが、ETC2.0を扱っていないお店もあるのでまずはあなたの車載器の種類を確認してからお店に行くようにしましょう。

 

ETCの再セットアップ費用や時間

ETCの再セットアップ費用や時間

 

再セットアップする為には、前項でご紹介したディーラーをはじめカー用品店などのセットアップ登録店に申し込まないといけません。

 

その際、必要となる費用は一般的には2,500〜3,000円程度とバラバラ、全国一律ではありません。

 

ですから、もし付け替えとセットアップ全てをお店にお願いした場合には、

付け替え費用+再セットアップ費用

となり、5,000〜15,000円くらいの金額になる可能性があります。

 

実際、ネットのYahoo!知恵袋でセットアップ費用について検索しても、同じような費用がかかったという投稿がたくさん見受けられました。

 

質問者の投稿

先ほどホンダディーラーでetcの取り付け、セットアップを頼んだら料金が15,000円ほどと言われました。高すぎる気がして・・・
みなさんは取り付け、セットアップをしてもらっていくらくらいでやってもらいましたか?分離型etcでなおかつ持ち込みだからこんなに高いんですかね?

 

回答者の投稿@

セットアップ料金は大体2,500〜3,000円が相場です。その他にディーラーで作業を頼めば内装を外して電源をキチンとACCにつなぎ見栄えも良く仕上げてくれるでしょう。もちろんも持ち込みに依る工賃割増もあるでしょう。
が、その辺のカーショップとの出来上がりには満足出来るだけの差があると思います。

 

回答者の投稿A

それでは本体も買えちゃいますね。ディーラーは高いですから持ち込みでもカーショップ・整備工場で1万円くらいです。

≪出典:Yahoo!知恵袋

 

『付け替え費用+再セットアップ費用』は、ちょっと良いETC車載器が購入できるくらいの金額ですね。

 

でも、新しいものを購入したとしても別途セットアップ費用が必要になってくると思いますので、結果的には付け替えの方が安いと思います。

 

再セットアップにかかる時間は?

 

セットアップ方法は、オンラインセットアップとオフラインセットアップの2種類から選ぶことができますが、かかる時間が大きく異なるので注意が必要です。

 

セットアップ方法 対応機種 完了までの期間
オンラインセットアップ ETC・ETC2.0 車載器を取り付けるする数時間程度で完了、ETCカードを持っていれば申込日から使用することが可能です。
オフラインセットアップ ETCのみ対応

FAXや郵送で申し込むので完了するまでに1週間程度必要になってきます。
またオフラインではETC2.0のセットアップはできません。

 

オフラインの場合、と登録店(セットアップ対応店)がITS−TEAに書類などを送らないといけません。

 

その為、どうしてもオンラインに比べると時間がかかってしまいます。

 

もし、すぐにETCを使いたいというのであれば間違いなくオンラインセットアップの方が最速です。

 

今回は『車買い替え時、ETCの付け替えはどうするの?』と題して、車載器の付け替えやセットアップを詳しくまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

車買い替え時のETCの付け替えに関しては、取り付けからセットアップまで1万円程かかってしまう場合もあります。

 

一応は法的には罰則などはないのでそのまま利用している人も多いのが現状ですが、契約上は再セットアップが義務付けられています。

 

もし、付け替えや再セットアップ費用が勿体ないと思うなら、下取りや買取額を高くすることでETC車載器にかかる費用を補うという手も残されているので一度検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

※ETCの付け替え費用を値引きしてもらうには?こちらに記事が参考になるかも・・・
⇒参考記事:「車の下取り交渉術!【※素人でも高額査定をゲットする12のコツ!】

 

※こちらも併せて読むと車をお得に買い替えられるかもしれません♪
⇒参考記事:「車の下取り、買取一括査定の比較【※見積もり取るならどこが良い?】
⇒参考記事:「中古車購入時、値引き交渉は出来る?【※値下げ交渉のコツを紹介!】


車買い替え時、ETCの付け替えはどうするの?【そのまま使える?】関連ページ

ローンが残っている車の下取りや売却の方法
車を下取りや買取りに出す際、ローンが残っている車でも売却出来るの?こちらに関してまとめています。ローンがある車を下取りに出す方法と条件、下取りを検討中でも一括査定に出すべき理由など、お得な情報をお伝えします。
簡単に愛車の相場を知る方法
車を売りたい!そう思った時にまず知りたいのは「自分の愛車は一体いくらぐらいで売れるのか?」と言う点です。そこで、おおよその査定相場や概算価格が簡単にわかる方法をご紹介させて頂きます。これから車の乗り替えや買い替え、売却や下取りを検討しているなら、是非一度チェックしてくださいね。
車買い替えの年数やサイクルは?
車の買い替えを検討している方は必見!お得に購入する為に役立つ情報を丁寧に分かりやすく説明していきます♪『損しない為の基本知識』や『知って得する情報』、『適切な買い替えの時期について』など、気になる疑問をスッキリ解決してくださいね★
買い替え時期は3年?5年?
車の買い替えや乗り換えを検討する時期について、購入してから3年や5年で乗り替える方が良いと言う意見も多いようです。乗りつぶす方が良いのか?この年数で買い替える方が良いのか?について考察していきます。是非、愛車の買い替えで悩んでいるならチェックしてみてくださいね。
買い替え時期と走行距離
車の買い替える時期と走行距離の関係についてまとめています。今乗っている車を乗り換える最適な時期がわからない!そんな人は是非走行距離や査定額との関係を理解し、ベストなタイミングで買い替えを検討してくださいね。
買い替えと乗り潰しの比較
【※車の買い替え時(乗り換え時)と乗り潰しに関して231人に調査!】車の買い替えを検討している人にとって、乗りつぶした方が良いのか、乗り替えた方が良いのか?と言うのは迷う所です。そこで実際にアンケートを実施し、みんなが買い替えたタイミングやきっかけ、買い替え派と乗り潰し派の意見をまとめてみました。
一括査定高価買取のコツ7選!
ネットで話題の、車一括査定高価買取のコツを厳選してご紹介!あなたの目的にあった無料一括買取査定サイトを利用する事で、驚きの査定額が貰える事もあります!車の買い替えや乗り換えを検討しているなら是非下取りに出す前にチェックしておいてくださいね♪
車一括査定口コミや評判は信頼出来る?
車一括買取査定サイトの口コミや評判は信頼出来るの?これから車の買い替え(乗り替え)を検討している人で、ネット上から車一括買取査定サイトを利用する人も多いかと思います。数ある一括査定サイト、どれにすれば良いか分からない・・・そんな悩みを持つ人の為に、正しい無料買取一括査定サイトの選び方をまとめました。
ベストな買い替えタイミングは?
車の乗り替え(買い替え)のタイミングとして最も適切な時期はいつがいいのでしょうか?車の購入を検討していると誰しも考える悩みかもしれません。月によって値引き交渉がしやすい時期などはあるのでしょうか?もし気になるようでしたら是非チェックしてみてくださいね!
車査定の買取相場を個人情報なしで知る方法
車の売却に関して無料の車買取一括査定サイトを利用する人も多いようですが、まだ本気で売るか検討中と言う人は、出来るだけ個人情報の入力をせずに愛車の査定相場を知りたい所です。そんな方へ向けて、個人情報入力不要の車一括査定サイトがあるか調査してまとめました。
車の買い替え、違うディーラーにする場合は?
車を買い替える際に、同メーカの車にする場合よりも他社メーカーの車にする際の方が若干注意する点があります。ローンの事や、下取りの事など、知っておいて損はしない情報をまとめています。今後車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら一度目を通しておくと役に立つかもしれません。
買い替え時期と税金の関係
車の買い替え時に重要な税金との関係についてまとめました。3月の時期に買うのが良いのか、4月の時期に買うのが良いのか?迷う人は多いようです。そこで実際に車種や購入する時期によって、税金との関係をまとめましたので、買い替え前の参考にしてくださいね。
リサイクル料についてのまとめ
車の買い替え(乗り替え)の際に気になる事の一つにリサイクル料の事があります。車購入時に最初に支払っているリサイクル料、その証明書としてもらえるリサイクル券について詳しくまとめてみました。今一つリサイクル券に関して分からないと言う人は是非一度チェックしてみてくださいね。
車買い替えの準備まとめ!
車の買い替えを検討している人にとっては、準備や手続きの流れ、購入して納車されるまでの流れは気になる所です。そこで、今乗っている車の売却も含めて、お得に購入する方法や準備についてまとめました。もしこれから車の買い替え(乗り替え)を検討しているなら、是非チェックしてみてくださいね。
購入時の車のボディカラーは?
車の買い替えを考えている人にとって、次回購入する車の色については迷う所です。ボディカラーによってオークション相場なども変わるので車の購入、売却時には、色に関しても知っておいて損はありません。オススメ色や人気カラー、不人気色についてまとめましたので、ご参考下さいね。
買い替えたいけどお金がない?
車の急な故障や廃車などにより買い替えを検討しなければいけません。しかし『予定していなかった出費でお金がない!』そんな方もいるかと思います。では、実際にお金がない場合でもクルマは購入できるのか?また、ローンは頭金なしでも組めるのか?などについてまとめました。是非ご参考頂ければと思います。
希望ナンバー申請まとめ
車の買い替え時に同じナンバープレートにしたいと言う人もいますが実際は出来るのでしょうか?また、意外と知られていない希望ナンバー申請の方法やインターネットからの申し込み、手続き書類や費用についてまとめました。是非車の乗り替え予定で、ナンバーについて疑問に思う事があるようでしたら、是非ご参考頂ければと思います。
厄年や大殺界に車の購入(買い替え)はやめるべき?
車の買い替えを検討している方にとって、購入する年や日は出来るだけ吉日に行いたいと考えている人も多いようです。そこで、クルマの買い替えは厄年はしない方が良いのか?また車の購入の際は運気や風水を気にした方がいいのか?について調査し、その意見や個人的な見解をまとめました。是非、購入に迷って運気を気にされている方は参考にしてくださいね。
2018年おすすめ低価格車は?
車を買い替える際は低価格車に絞って探す事も多いかと思いますが、2018年おすすめの低価格車と言えばなんでしょうか?日産や三菱、トヨタなどの自動車メーカーごとのオススメを紹介していきます。今後車の買い替えや新車、中古車の購入を検討しているなら、一度参考までに見てみて下さいね♪
車の頭金の目安と相場!
車を購入するために多くの人はローンを利用します。そのローンを組む時に支払う頭金ですが、どれくらい支払えばいいのでしょうか?平均はどれくらいなのか?また支払うタイミングは?など、気になる車の頭金の目安と相場について詳しくまとめてみました。
車のローン金利相場!
高い買い物である車の購入。やはり自動車ローンの金利は気になるものですよね。今回このページでは車のローンの金利相場について、現金払いとの違いや金利の安いローンなど詳しくまとめました。自動車ローンの利用を検討中の方は是非チェックしてみて下さい。
新車の売り時っていつが良い?
車好きで短い期間で車を買い替えたいという方は、効率的に新車を売却し少しでも高く売りたいものですよね。新車の売り時はいつがいいのか?売る時期やタイミング、また買い替えサイクルなどについて詳しくまとめました。気になる方は是非チェックしてみて下さい。
コンパクトカーから乗り換えるなら!
乗りやすい車として人気のコンパクトカーですが、コンパクトカーから他の車への乗り換えを検討されている方もおられると思います。そこで今回はコンパクトカーからの乗り換えにおススメの車種についてまとめました。乗り換えをお考えの方は是非参考にして下さいね。
車買い替え時の保険代理店の変更まとめ!
車を買い替える時に欠かす事の出来ない「保険の手続き」。今回は車買い替え時の保険代理店の変更や解約、代理店型とダイレクト型の自動車保険の比較など詳しくまとめました。車の買い替えや保険の見直しを検討されている方は是非チェックしてみて下さい。
車のマイナーチェンジ前は値引きしやすい?
車がフルモデルチェンジするまでの間に行われる「マイナーチェンジ」。マイナーチェンジ前はやはり値引きがしやすいものなのか?買い時はいつがいいのか?マイナーチェンジが行われる時期や理由、値引き交渉についてなど詳しくまとめてみました。