下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車を売る時に使いたい! とっておきの交渉術&高く売るコツ7選

車を売る時に使いたい!※とっておきの交渉術&高く売るコツ7選!

 

車を売るときには、誰でも「少しでも高く売りたい」と思うものですよね。

 

とくに次も車の購入が決まっているときなんかは、売却代金次第で車の購入計画も変わってくる可能性があるので、以下の様に賢く車を売るコツについて知りたいと思うのではないでしょうか。

 

「車を売るときに使える交渉術には何がある?」
「車を売る時期も、結果に影響する?」
「やっぱり一括査定とかは利用するべき?」

 

そこで今回は、車を売る際に使える交渉のポイントやコツを紹介していきます。

 

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。


車を高く売りたいなら要チェック!交渉のコツやポイント7選♪

 

それではさっそく、車をなるべく高く売るための交渉のポイントやコツをチェックしていきましょう。

 

コツ1:愛車の買取相場を知るためにも車一括査定サイトを

交渉を頑張って車を高く売るためには、まず愛車の買取相場を知ることが大切です。

 

そのためには、いくつかの業者に愛車の情報を送り大まかな査定をしてもらう必要があります。

 

その依頼を一括で行えるのが「車一括査定サイト」です。

 

ただ車一括査定サイトを利用すると、複数の業者から電話連絡がくることになります。

 

そうした対応が煩わしいと感じる場合は、車一括査定サイトを利用せず、「買取相場情報」だけをチェックするのがおすすめです。

 

例えば「ズバット車買取」では、車種ごとの平均査定相場をサイト上で公開しています。

 

あくまでも車種ごとの結果なので参考のひとつに過ぎませんが、簡単に愛車の買取相場を知れるので利用しやすいです。

 

コツ2:複数店舗をまわるのもアリだけど一店舗で決めるのもアリ

愛車の買取相場がわかったら、後は3店舗くらいから実際に査定してもらい、その中で比較して決めるというのが車を売るコツとしては王道かもしれません。

 

それでももちろんいいのですが、正直3店舗を回るのは大変な作業です。

 

それに店舗によっては、今すぐ売ってくれなさそうな気配を察知すると最高値を出してくれない場合もあります。

 

また、車の価値というのは時間の経過とともにどんどん下がっていくのが一般的なので、じっくり時間をかけて売却先選びをしていくうちに愛車の価値が下がるというリスクもあります。

 

以上のようなことから、車を売る際には一店舗でスパッと決めてしまうのも実はアリなのです。

 

コツ3:車内の荷物を出して買取店に売る気をアピール!

交渉でより良い買取額を引き出すためには、買取店に「今日売りますよ!」という気持ちをアピールするのが効果的です。

 

そのためには、あらかじめ車内の荷物をすべて出して車内を掃除したうえで査定してもらうようにしましょう。

 

車内を掃除するのはわずかながらプラス査定となりますし、査定士への印象も良くなりますので、簡単でもいいのでやっておくことをオススメします。

 

コツ4:最初の言い値で納得してはダメ!

買取店としては、なるべく安く買い取りたいと思うものです。

 

ですから余程のことがなければ、最初の言い値に納得して買取を依頼すると損をしてしまうことになります。

 

その言い値に対しては、「もう少し高くなりませんか?」などと低姿勢で交渉していきましょう。

 

ただその一言では弱い場合もあるので、もし交渉が難航したら「もし金額に納得できれば、今日決めていきたいので」とずばり言ってみましょう。

 

こうした発言によって他社との交渉も匂わせられ、買取店側に発破をかけることができます。

 

買取店側は、査定にきたお客さんの車を買い取れずに帰してしまうというのもできれば避けたいですし、また車買取は交渉ありきということもあるので、買取店の許容範囲内ならば買取額アップにも期待が持てますよ。

 

なお、このときに車一括査定の利用等で正確な買取相場がわかっていれば、「○○万円なら即決なんですが」などと具体的な金額を提示して交渉するのもアリです。

 

コツ5:愛車の良いところは積極的にアピールすべし!

車を大切に扱ってきたのであれば、それをアピールしない手はありません。

 

整備手帳の整備履歴を見せたり洗車の頻度を伝えたり、禁煙車であればそれを知らせることによって、査定士に大切に扱われてきた車であることをアピールできます。

 

そういった車は、中古車として売り出すまでの手入れが少なく済みますので、買取店としては買取金額で応えようという気になりやすいのです。

 

また、エアロパーツやホイールなどにこだわりがあれば、それらも是非伝えておきましょう。

 

コツ6:車を売る時期は「なるべく早く」が基本!

車を売る時期としては、「1〜3月」「9〜10月」がおすすめです。

 

こうした時期には中古車の需要が高まったり、決算期や中間決算を迎える時期だったりするので、多少高くても車を買い取りたいという動きが強まるからです。

 

車を手放す時期がちょうどそういった時期に被れば迷うことはありませんが、そうでないのならなるべく早く車を売却するようにしましょう。

 

上記でも少し触れましたが、車の価値は時間の経過とともに下降線を描いていくものです。

 

また、年をまたいでしまうと年式がひとつ古くなり査定額に影響します。ですから年をまたぐ前に売るというのも大切なポイントです。

 

コツ7:ネット経由の客のほうが交渉では有利!?

上記では、「車一括査定は面倒なら利用しなくてもいい」というような情報をお伝えしましたが、もしその面倒を承知のうえでも高値を引き出したいというのであればやはり車一括査定は利用しておきたいですね。

 

それは、買取店側にとって「ネット経由の客」は「一筋縄ではいかない存在」だからです。

 

車一括査定サイトを通じて来店したお客さんは買取の仕組みについてある程度理解しているので、買取店としては買取相場について無知な一般客と同じ対応をするわけにはいかないのです。

 

こうしたメリットのために車一括査定を利用するというのも、より良い査定金額を引き出すためのテクニックといえそうです。

 

車一括査定を利用しても、査定先を一社に絞れば実車の査定を複数回受けるという手間は省けます。

 

そのためには業者からの電話で査定を断る旨を伝えなければならないのでそこはデメリットになりえますが、査定額にこだわるのであればやってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

さて今回は、車を売る場合のコツや交渉のポイントについて掘り下げた内容をお届けしてきました。

 

その中で何かお役立ていただける情報があれば幸いです。