車の試乗が初めてで不安!初心者でも大丈夫?必要なものは?

車の試乗が初めてで不安!初心者でも大丈夫?必要なものは?

 

初めて車を買うときは、色々とわからないことが出てきます。「車の試乗」もそのひとつです。

 

楽しみな反面、初心者ですと以下の様な疑問が解消されないと少しソワソワしてしまうものですよね。

 

「運転初心者でも試乗ってできるの?」
「車の試乗には、何か必要なものはある?」
「もし車の試乗でぶつけてしまったらどうなる?」
「車の試乗はどれくらいの時間がかかるの?」

 

そこで今回は、車の試乗初心者の方必見の情報をまとめていきます。

 

初めての車の試乗を考えている方は是非チェックしてみてくださいね。

 


運転初心者でも試乗は可能?初めての試乗で知っておきたいポイント!

運転初心者でも試乗は可能?初めての試乗で知っておきたいポイント!


気軽に行えるイメージもある車の試乗ですが、何事も初めての時はわからないことが多いものです。

そこでこちらでは、試乗初心者が知っておきたいポイントを紹介していきます。

免許取り立ての初心者マークでも試乗は出来る?

運転初心者でも試乗は可能?初めての試乗で知っておきたいポイント!


免許取り立ての初心者の方でも試乗は可能です。(※未成年の場合は親権者の同意が必要な場合もあります。)

免許取得から間もないからといって試乗を断られることはまずありませんので、試乗を考えていれば是非試乗してみてください。

ただ、免許を取ってからまったく運転していなかったりペーパードライバーだったりすれば話は変わってきます。

その状態でいきなり運転するのは自分も大変ですし、他人にも迷惑をかけるおそれがあります。

そういった場合、可能であれば試乗する前に運転の練習をされることをオススメします。

ドキドキハラハラな状態では車の良し悪しがわからず試乗の意味も薄れてしまいますからね。

そもそも試乗だけでも来店していいの?買わないのもあり?

そもそも試乗だけでも来店していいの?買わないのもあり?


試乗した車は必ず買わなくてはいけない訳ではないので、結果的に試乗だけの来店になったとしてももちろん構いません

ただ最初から冷やかし目的で来店するのはあまりオススメしません。

忙しい時間帯であればお店側にも迷惑ですし、また冷やかし客にもセールストークは行なわれますので、それへの対応に不慣れだとお客側もストレスが溜まってしまいます。

試乗の時に必要な物は?料金はかかる?

試乗の時に必要な物は?料金はかかる?


車の試乗に必要なものは以下の3点です。

  • 運転免許証
  • メガネ(必要な方)
  • 運転に適した靴(必要な方)
これだけです。

車に試乗するからといって特別なものは必要ありません。

メガネや靴を必要としなければ運転免許証だけでOKです。

靴に関しては、試乗の際にかかとのないサンダルやヒール靴といった運転に適していない靴以外を履いていけばいいので、持ち物というほどのものは特にありません。

試乗に必要な所要時間ってどれぐらい?

試乗に必要な所要時間ってどれぐらい?


試乗している時間自体は10〜20分程度ですが、そこに事前説明や見積書作成などが加わってきますので、1回の来店時間は1時間30分程度が目安となります。

試乗する当日に他の予定があったり1日で2店舗まわりたいと考えていたりする場合は、スケジューリングにも少し注意が必要です。

なお試乗コースは客側が指定できる場合とそうでない場合があります

普段よく走る道路で試乗したいなどの希望があれば、コースの指定が可能かどうか尋ねてみましょう。

車を試乗中にぶつけたり事故を起こすとどうなる?

車を試乗中にぶつけたり事故を起こすとどうなる?


車の試乗中に事故を起こす可能性も当然あります。

その場合の行政責任・刑事責任・民事責任は、過失割合に応じて運転者が負うことになります。

そうやって事故が起きた場合は、試乗車の任意保険が適用されます。

気になる修理費については、保険をかけてあることもあり請求されないケースが多いです。

ただ無謀運転などが原因だと、試乗車とはいえ修理費を全額請求される可能性もあります。

なお、中古車の場合は自賠責保険のみに加入している状態で試乗することが多いため、試乗の際にはより細心の注意が必要となります。

初心者だから運転が怖い!運転してもらって試乗する事も可能?

初心者だから運転が怖い!運転してもらって試乗する事も可能?


運転初心者やあまり運転経験がない場合、試乗したいけどどうしても不安という方もおられるでしょう。

試乗車の事故が怖かったり運転に自信がなかったりする場合、「お店の人に運転してもらうことはできないの?」と思うこともあります。

実際に、自分で運転せずにお店の人に運転してもらうことは可能です。

また、運転しやすい道路だけ自分で運転するといったことも頼めますので、「隣にお店の人がいると緊張してミスをしそう」という場合も是非車の試乗をご検討ください。

車の試乗は自分一人だけでもできる?

車の試乗は自分一人だけでもできる?


車に試乗する際には助手席に店員が同乗するのが基本です。

夫婦やカップルなど2人で試乗にきた場合、店員が後部座席にまわることもありますが、基本的にお客だけで試乗ということはありません。

ただ、長年付き合いのあるディーラーでの試乗という場合は店側との信頼関係があるため、お客一人だけでの試乗も可能です。

その信頼関係が重要なので、初めて訪れた販売店でいきなり一人での試乗が実現するケースはほぼありません。

乗り逃げという、通常では起こり得ないであろうリスクもでてきてしまいますからね。

このように一見さんですと試乗の自由度は低めなのですが、販売店との信頼関係がある程度できればその自由度は高まっていきます。

実際に車の試乗において、
  • 「平日の暇な時間帯に60分ほど試乗できた」
  • 「走りたいコースを提案したら快諾され、同じ車に3回試乗した」
  • 「最後にもう1回試乗したいと言ったら、30分くらい自由に乗れた」
といった事例も報告されています。

こうした対応は、当然販売店や担当者によって大きく変わってくる可能性もあります。

ただ、この手の業界は商談成立の見込みがあると判断されれば融通が利きやすくなるものなので、「こんな頼み聞いてくれないだろうな」と思うお願いでも、まずは担当者に話してみてはいかがでしょうか。

車の購入においては試乗で得る感覚というのも重要になってくるので、試乗の仕方にも是非こだわってみて下さいね。

中古車でも試乗することって出来るの?

中古車でも試乗することって出来るの?


中古車の試乗に関しては、販売店や選ぶ車種によって受け付けていない場合もあります。

以下のようなケースでは試乗ができない可能性があります。

  • 車検が切れていて公道を走らせる事が出来ない
  • 整備がまだ不十分
  • 自動車保険の加入がまだ

上記のような理由から断られる事もありますが、公道を走らせる事が出来ない車でも、敷地内に試乗用のスペースを備えている販売店などでは試乗が可能です。

中古車も出来る限り試乗してから購入する方がいいですから、中古車の購入を検討しているなら、まずは販売店に試乗できるかを確認してみましょう

試乗したい車がある場合事前の手続きは必要?

試乗したい車がある場合事前の手続きは必要?


特に予約等の手続きは必要なく、直接ディーラーに行って試乗する事も可能です。

ただ、来店時に試乗したい車が試乗中だったり、希望の車種やグレードが他店舗にあったりということもありますので、事前に店舗に連絡を入れておくとスムーズです。

メーカーやディーラーによっては「ネット試乗予約」を受け付けていますので、電話が面倒であればそちらからご予約ください。

試乗するならWEBサイトからの試乗予約が便利!

試乗するならWEBサイトからの試乗予約が便利!

 

現在は、各メーカーほとんどのディーラーでWEBサイトからの試乗予約を行っています。

 

ネットで乗りたい車種や希望日時を選択し、自宅近くの店舗で試乗予約が出来るのでオススメです。

 

主な自動車メーカーの試乗予約ページをご紹介しますので、試乗を希望される方は是非ご利用下さい♪

 

各メーカーの試乗予約ページをご紹介

各メーカーの試乗予約ページをご紹介

 

各メーカー(※国産車メーカー中心)の試乗予約ぺージは以下の通りです。

 

※スバルは試乗車の検索のみとなっており、試乗予約は直接店舗への問い合わせが必要です。

 

トヨタの試乗予約

 

トヨタの試乗予約

≪出典:トヨタ公式サイト

 

 

ホンダの試乗予約

 

ホンダの試乗予約

≪出典:ホンダ公式サイト

 

 

日産の試乗予約

 

ホンダの試乗予約

≪出典:日産公式サイト

 

 

マツダの試乗予約

 

マツダの試乗予約

≪出典:マツダ公式サイト

 

 

ダイハツの試乗予約

 

ダイハツの試乗予約

≪出典:ダイハツ公式サイト

 

 

スズキの試乗予約

 

スズキの試乗予約

≪出典:スズキ公式サイト

 

 

三菱の試乗予約

 

三菱の試乗予約

≪出典:三菱公式サイト

 

 

レクサスの試乗予約

 

レクサスの試乗予約

≪出典:レクサス公式サイト

 

 

スバルの試乗車検索

 

スバルの試乗車検索

≪出典:スバル公式サイト

 


車の試乗でチェックしておきたい8つのポイント!

車の試乗でチェックしておきたい8つのポイント!

 

試乗予約も完了し、いざ試乗するとなったら、車の乗り心地や運転のしやすさなどしっかりとチェックしておきたいところです。

 

試乗する時間も限られていますので、以下を参考に試乗する際のチェックポイントを事前に確認しておきましょう。

 

運転席の座り心地

まずは運転席の座り心地、運転しやすいドライビングポジションが取れるかをしっかりチェックしましょう。

 

  • ハンドルやシートの調整がスムーズにできるか
  • ハンドルは握りやすいか
  • 運転席のシートは硬すぎたり柔らかすぎたりしないか
  • 疲れない体勢で運転ができるか

 

自分にとって適切なドライビングポジションが取れなければ運転に悪影響を及ぼす事になりますし、座り心地の良さで運転の疲労感も違います

 

前方・後方の視界

視界が十分に確保されているかどうかは運転する上で最も重要です。

 

見た目では視界が広そうと感じる車でも、実際に運転席に座ってみると、ピラーや車体の形などで意外と見にくいと感じる場合もあります。

 

前方や左右の見え方だけでなく、ミラーの死角や後方の見え方など、視界の高さや広さが十分かどうかをしっかり確認しておきましょう。

 

アクセルやブレーキの感覚

車種によって構造や操作性も異なり、また人それぞれで運転の仕方も違ってくるため、アクセルやブレーキの感覚は実際に操作してみないと分からない事もあります。

 

  • アクセルやブレーキは踏みやすいか
  • アクセルを踏んだ時の加速具合はどうか
  • ブレーキの効き具合はどうか

 

発進や停止がスムーズにできるかどうかは運転中の事故やトラブルにもつながるため、しっかりと確認しながら運転しましょう。

 

車体感覚

車体感覚は慣れてくると自然と身に付く部分もありますが、自分の操作に対して違和感なく車が動くかどうか、つまり運転しやすいかどうかは大切なポイントです。

 

  • ハンドルの操作性はどうか(重くないか、動かしにくくないか)
  • 右左折、カーブなどはスムーズに曲がれるか
  • バックや車庫入れはしやすいか

 

車体感覚がつかみやすく、運転しやすい車であるかどうかをチェックしましょう。

 

車庫入れに関しては、試乗の際に事前に頼んでおけば、自宅の駐車場などの車庫入れもさせてくれる場合もありますので、相談してみてもいいかもしれません。

 

走行時の静粛性

最近では静粛性が高い車も多くなってきていますが、車種によっては走行時の音が不快に感じる場合もあります。

 

エンジン音や走行時の風切音、ロードノイズなどが許容範囲であるかどうか意識しながら運転しましょう。

 

運転者だけでなく、同乗者も快適にドライブを楽しめる車を選びたいものです。

 

装備や機能

各メーカや車種によって装備や機能もさまざまです。

 

自分にとって実用的で利便性の高い装備や機能かどうか、実際に運転しながら確認してみましょう。

 

  • 運転モード切り替え、運転サポート機能
  • 安全装備
  • ナビやオーディオ、タッチパネルなどの使いやすさ

 

また、シートのリクライニング機能、トランクや収納スペース、エアコンなどの電装品もチェックしておきましょう。

 

後部座席の快適性

運転席の乗り心地も大切ですが、家族や友人など同乗者がいる場合が多いなら、後部座席の乗り心地もチェックしたいところです。

 

実際に後部座席に座ってみて、シートの質感やリクライニング機能、エアコンがちゃんと届くかなど、後部座席でも快適に過ごせるかどうかも確かめておきましょう。

 

乗り降りのしやすさ

小さな子供やお年寄りなどが同乗する事が多いなら、特に重要なってくるのが乗り降りのしやすさ。

 

運転席への乗り降りのしやすさも大切ですが、後部座席の間口の広さや高さ、ドアの開け閉めのしやすさなどもチェックしておきましょう。


車をお得に購入したいなら利用すべきオススメのサービス!

車をお得に購入したいなら利用すべきオススメのサービス!

 

試乗してみて実際に車の購入を検討されているなら、少しでも車をお得に購入するために、以下でご紹介するネットから無料で利用できるサービスをオススメします♪

 

下取りより車買取がお得!電話1本で完了♪今話題の買取りサービス【カーネクスト】

車の買い替えで今現在乗っている車があるなら、ディーラーの下取りではなく買取りがオススメ!

 

基本的にディーラーの下取り額が車買取業者による査定額を上回ることはないため、下取り車の買取相場を知らずに下取りに出すと、大きな損をしてしまう可能性があります。

 

ディーラーとの交渉の前に下取り車の買取相場を知っておく事で、値引き交渉を有利に進めることが出来ますし、買取査定額の方が下取り額を大きく上回るようなら、買取りに出す方がもちろんお得です!

 

車買取専門店カーネクスト


≪出典:カーネクスト

 

面倒に感じる車の査定も、こちらの車買取専門サイト『カーネクスト』なら簡単で便利!

 

わずか20秒ほどでスマホから査定依頼、手続きから契約までを電話1本のみで完了複数社からの営業電話や面倒な実車査定なども一切ありません!

 

また、幅広い販売ルートのある日本最大級の車買取専門サイト『カーネクスト』なら、高額査定にも期待が持てます♪

 

カーネクストの特徴

 

カーネクスト

≪出典:カーネクスト

 

たった20秒無料で利用可能
提携自動車関連事業者は1000社以上
年間取扱件数10万件以上、47都道府県に対応
引き取りから売却に関する面倒な手続きも全て無料で代行
自動車税の還付手続きも無料代行、還付金も受け取れる
どんな車でも0円以上の買取保証!
来店不要、電話1本で査定から契約まで可能

 

今乗っている車も思っている以上に高い査定額が付く可能性があるため、車の購入で損しない為にも、まずはカーネクストで買取相場を調べてしておくのがオススメ!

 

 

ペーパードライバーで今現在クルマを持っていないなら【ズバット中古車販売】がオススメ!

ペーパードライバーや運転初心者で車の購入を検討している方は、「すぐぶつけそうだし、新車を購入するのは気が引ける…」という場合もあるでしょう。

 

「運転は不安だけど車はどうしても必要」そんな方には中古車の購入もオススメです!

 

中古車なら多少ぶつけでもダメージは少なくて済みますし、新車に比べて気兼ねなく乗れるのではないでしょうか。

 

こちらでご紹介する『ズバット車販売』なら、簡単にあなたの条件に合わせた希望の車を見つけてもらう事ができます♪

 

ズバット車販売

≪出典:ズバット車販売

 

『ズバット車販売』は、大手中古車販売店のガリバーが運営する中古車無料お探しサービスで、ネットから無料で簡単に登録が可能です。

 

利用方法も簡単で欲しい車の条件と個人情報を入力しておくだけ!

 

ネット上では掲載されていない『非公開車両』の中からも紹介してもらえるため、自分の希望する車も見つかりやすい♪

 

ズバット車販売の特徴

 

ズバット車販売 サービスの流れ

ズバット車販売 非公開車両

≪出典:ズバット車販売

 

たった35秒で簡単!登録無料
毎日約500台入荷
累計販売台数100万台
ネットでは掲載されない非公開車両からの紹介も可能
希望の車が見つかれば無料で仲介
保証や返品などのサービスも充実

 

欲しい車の条件を細かく指定する事が出来るので、自分が希望する金額で車を探してもらうことも可能です。

 

自分好みの中古車をお得に購入したいなら、ズバット中古車販売の利用がオススメです!

 

ガリバーが運営する中古車無料お探しサービス「ズバット車販売」

 

さて今回は、車の試乗の初心者にとって特にお役立ていただけるような内容をまとめてきました。

 

上記のように、車の試乗が初めての方や運転初心者の方でも試乗は気軽に行うことができます。

 

車の購入予定があれば、まずはお近くの店舗で気になる車の試乗をしてみましょう。

 

そして購入したい車が見つかったら、今回ご紹介したオススメのサービスを利用して、是非お得に車を購入して下さいね。