下取りと買取りでは驚くほど査定額に差が出る事もあります!!

あなたの愛車の”本当の相場”が1分以内に分かります。
提携会社49社から、最大10社の査定額を比較!
全国どこからでも無料で申し込み可能な人気サービスはこちら!

>

>入力後すぐに概算買取価格が分かる!人気の無料一括サービスはこちら!<


 



車の下取り相場が分かる!下取りシミュレーションはこちら!車の下取りに関するお役立ち情報!高く売るコツやポイント

車を売却後、自動車税の請求が来る?売却時期と還付まとめ!

「車を売却後、自動車税の請求が来る?【※売却時期と還付まとめ!】」がイメージ出来る画像01

 

自動車税は1年に1回、4月1日時点で車を所有している人に対して請求書が送られ、所有者は1年分の自動車税をまとめて支払う事になります。

 

その為、車を売却する時期によっては、その後の自動車税がどうなるのか?と言うのは気になる所かもしれませんね。特に車売却後の自動車税に関して多い悩みや疑問としては・・・

 

「車を売却したのに自動車税の請求が来たんだけど何故?」
「車を売却予定なのですが、自動車税は還付されるのでしょうか?」
「車を売却する際に自動車税を還付してもらうにはどうすればいいの?」

 

上記に関して悩んでいる人が多い様です。もしかするとあなたも、同じような悩みを持って、当記事にご訪問頂いているのかもしれませんね。

 

そこで今回は≪車売却後の自動車税≫についてを詳しくまとめました。自動車税に関しては、詳しく知っておく事でお得に売却出来る場合もあるので、是非最後までご覧頂き、参考にしてもらえればと思います。


車売却後の自動車税まとめ!

車売却後の自動車税まとめ!

 

車を売却する際に気になる自動車税の事ですが、特に”還付”と”請求”関連に関して気になる方が多い様に思えますので、こちらについてまとめました。

車売却時の自動車税の還付について

国から自動車税が還付されるケースは?

 

基本的に国から自動車税が還付されるケースに関しては、

廃車にする場合で、手続きを自分でする場合のみ

だと思っておいて下さい。

 

廃車にする場合でも自分でやらずに、業者にやってもらう場合は、様々な廃車に関する手続きと自動車税を相殺されている事がほとんどなので、

廃車にしても、業者に頼むと自動車税が戻ってこない

場合がほとんどです。

 

もし車を廃車ではなく売却する場合には、

還付される自動車税が買取査定額に含まれている

事がほとんどなので、この場合も自動車税が返ってきません。

 

ただ、買取りを頼んだ際に、見積もり額の中にしっかりと自動車税の還付金が含まれているかは確認しておく必要があります。

 

※上記で紹介した通り、廃車手続きを自分でしない限り国から自動車税は返ってきませんが、廃車専門の業者である『廃車ラボ』に頼むと返ってくる可能性もあるので、一度問い合わせてみても良いかもしれません。

 

売却時に還付されるケースは?

 

車を売却した際に自動車税が還付されるケースとしては、

自分で廃車した場合(国からの還付)
車を買取に出した場合(買取査定額に含まれる)

の2つのパターンがほとんどですが、自分で廃車にするのは、解体屋を探したり、自分で車を運んだり書類を集めたりと現実的には難しいと考えておいてください。

 

ですので、出来れば車買取一括査定サイトに出して、自動車税の還付も踏まえて高く買い取ってくれる業者を探すのが、最もお得な売却方法だと言えます。

 

軽自動車の場合は還付されない?

 

尚、軽自動車の自動車税は年額1万円にも満たない事と、月割りがないので、基本的にはいつに売却しても、どんな形で売却しても自動車税は還付されません。

 

重量税は還付されない?

 

自動車税は売却時に査定額に含まれて還付される事が多いですが、自動車重量税に関しては基本的に戻ってきません。

 

車売却時に注意したい自動車税の事

 

自動車税に関しては、基本的に買取査定額に含まれている事がほとんどですが、業者によっては含めずに見積もりを出してくる所があります。

 

また、その金額で納得した場合は、そのまま買取が成立し、還付される自動車税の事は、買取業者から知らされる事なく業者に利益として入るケースもあります。

 

普通に考えると、『そんな不親切な車屋さんや買取業者っているの?』と思うかもしれませんが、昔からの業界の悪しき習慣とも言われ、問い合わせればしっかりと答えてくれますが、言わなければ還付されずに見積もりにも含まれないケースもあるので、車を売却する際にはしっかりと見積もりの内訳を聞くようにしましょう。

 

車を売却した後に請求書が来るのは何故?

車を売却した後に、翌年の1年分の請求書が送られてくるケースがあります。届いた瞬間は『何故売ったはずの車の自動車税が来るの?』と疑問に思うかもしれません。

 

このケースのほとんどは、車を売却した後、所有者の変更手続きに時間がかかってしまい、3月から4月の月をまたいでしまうケースです。

 

基本的に自動車税は4月1日時点の車の全所有者に送られる事になっていますが、2月から3月にかけて車を売却すると、手続きに時間がかかってしまい、4月1日時点で所有者が変更されていない事もあります。

 

この場合に、前所有者に自動車税の請求書が届く事になりますが、売った車の自動車税は基本的に払う必要はありません。

 

しかし、そのままにしておくと、遅延金なども発生してしまい、後で大変なことになる恐れもありますので、すぐに売却した業者に問い合わせて対応の指示を仰ぐようにしてください。

 

間違ってもそのままにしたり、何も考えずに支払わないようにしてくださいね。

 

車の売却の際は必ず内訳と自動車税の還付の確認を!

上記で説明した様に、車を売却した後に請求書が来るケースでも、不親切な業者はそういった事を告げずに売買が成立してしまう事もあります。

 

買取に出す際も下取りに出す際も、自動車税の還付の事は必ず確認するようにしてください。しっかりと確認しないと『この車の所有者はあまり車に詳しくないから、自動車税の事は言わなくてもいいか・・・』と思われてしまうかもしれません。

 

車の売却時に少しでもお得に売りたいと考えるなら、是非この事は覚えておいてくださいね。

 

 

 

車売却時の自動車税に関しては、戻ってくるケースもありますが、いずれにしても現金で戻ってくる事は”ほぼない”と思っておく方が良いかもしれません。

 

ただ、買取に出す際も下取りに出す際も、見積もりの内訳は上記で説明したように必ず確認するようにしてくださいね。

 

尚、もしボロボロの車で廃車を考えているなら、廃車ラボに一度出してみる事をオススメします。こちらなら自動車税が還付されるかもしれません。